パソコン・ネット

私の勘違い…ホワイトバンド!!

6 0
baner_150x150.gif

今日はマクタロウの調子が悪く、会社を休んで1日寝ておりました。どうやら鼻炎から来る風邪に似た症状が出たようなのです。前日の夜は、私がダウンしてしまい、夜唸っていたので、その介抱疲れもあったのかもしれません。

で、夜、たまたま以前「リウマチの日記」を書いていた「はてなダイアリー」を開いたところ「注目URL」のトップに「ホワイトバンド 趣旨説明不足で購入者から批判」という記事があって、リンク先を見てびっくり!!

(ヤフーニュースから転載)
世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすための活動資金となる」との触れ込みだったが、食料などを送るわけではなく、細かな使途も決まっていないため。事務局は「ホワイトバンドは『貧困をなくす政策をみんなで選択する』意思表示が狙い。分かりにくかったかもしれない」と説明し、店頭で、募金活動ではないことを強調する表示を始めた。


事務局長は「運動は『世界に貧しい国がある』と考えるきっかけを作るもの。政策提言や声を上げるために資金を使う。それが途上国への募金と同じような意味を持つことを理解してほしい」と説明しているそうで、てっきりホワイトバンド(先週「ドニー・イェン本」といっしょに本屋さんで購入したばかり)やTシャツの代金の一部が寄付金になるって思っていた私って単なる勘違いおばさんかーっ!!

なんだかだまされたような…って、バンドをつけるだけじゃ、貧困の救済には全くなってないんじゃないのかと思うと、あたしら広告塔だったのかーと思っていみたり…。これじゃあ、地震や台風の災害の募金に寄付した方がよっぽど良かったのかなあ。

<参考サイト>
ヤフーニュース:ホワイトバンド 趣旨説明不足で購入者から批判
ほっとけない世界のまずしさキャンペーン公式サイト

 ←ポチッと押してね!

Comments 6

There are no comments yet.

ちーさん

そうなのよね。
びっくりというより、売り上げの目的を募金と誤解するようなコマーシャルしているところが不愉快かな。
http://whiteband.sakura.ne.jp/"Target="new">「ほっとけない世界のまずしさ」を、ほっとけない whiteband?

こういったサイトがあるのをマクノスケさんなら知ってるのかなと思ってたよ~。

ちーさん

あれ。
「ほっとけない世界のまずしさ」を、ほっとけない whiteband? 
のリンクが表示されなかった(泣)。何故でしょうか?
興味は無いかもしれないけどこちらがURLです。
http://whiteband.sakura.ne.jp/

マクノスケ

>ちーさん
昨日、そのサイトも見たよー。
マクタロウに以前、「バンド代のわずかしか寄付に回らないみたいじゃん」と言われて、少しでも回ればいいと思っていたんだけど、(今のところ)1円も回らないって…なんだか悲しくなっちゃったよー。
啓蒙運動ならバンドを買うんじゃなくて、賛同者はみんなで白い布を手首に巻こう!とでも言ってくれれば良かったんじゃないか…と。
それとは別に、作物の種や用具を渡せるような寄付をつのるようにすれば良かったんじゃないかなあ。

Maya

私は一応、知ってたよー。直接の寄付じゃないってことは。
ホワイトバンドの売り上げの使い道も、ちゃんと円グラフになってHPで説明してあったような気がする…。
趣旨も書いてあったんじゃないかなぁ?
ただ、さすがにTシャツは利益率が高いから、それをどういう風に使うのかは説明して欲しいな~とは思ってた。もし、この売り上げで(製造元以外の)誰かが潤うとしたら、それはおかしいと思うから。
ま、いずれにしろ誤解を招きやすかったことは事実だよね。実際、どういうことに使われてるのか(使われるのか)、買った方に具体的にわかる説明がなかったからね。今後、お金がどう生かされたのか、ちゃんと報告はして欲しいと思うよね。

Maya

あと、追加すると…私は「広告塔」の役割をしてる、ってことも悪くないと思ってつけてたかなー。「世界のまずしさ」にみんなで気付きましょう、って意味で…。だからこそ有名人たちをたくさん起用したんだと思うしね~。

マクノスケ

>Mayaちゃん
そうねえ。あまり内容を詳しく知らないまま寄付だと思い込んでいた私がバカなんだよねー。
これは激しく反省…。
確かに、このキャンペーンの「世界のまずしさ」を多くの人に広めようっていうのは良いことだと思うし、それに有名人を使ったことで、その目的は達成されたとは思うんだけど、その中身が問題みたいなのよー。
私は寄付じゃなかったにしても「貧困の解決に対する活動」っていうのが、NGOがアフリカへ行って、たとえば井戸を掘ったり、食料を供給するような、現地の人達に有益な事になるなら良いかとも思ったんだけど、目的は「国の政策を変えよう」ということらしい。
直接的には「返済不可能な債務の無条件帳消し」などの事を言っている(公式サイト参照)みたいなんだけど、簡単に言うと、日本がアフリカに貸している借金を取り消しましょうという事なんだって。
単純に考えると、それでアフリカの負担が軽くなるなら、その分で、食料やらワクチンが買えて、まずしい人たちが救われるんじゃないか…と思うんだけど、現状として、アフリカで実権を握っている政府は、これを資金にして、アメリカやイギリス、中国から武器を仕入れ、更に民族間地域紛争を推し進めようするのではないかという指摘もあるんだそう。
つまりこの運動そのものが上記に挙げた国の軍事産業の意図が働いてる=うわべは貧困解決のための運動だけど、裏では、回り回って、結局は軍需推進につながってしまうのでは?…との声も上がっているんだって。
「債務の無条件帳消し」を政府に提言するのではなく、アフリカに武器を輸出するのをやめさせようという運動とかだったら良かったのかも。