映画

ティム・バートンのコープス・ブライド

3 1
20051023-001.jpg


【マクノスケ】
今年は映画的に、なんてハッピーな年なんでしょうか!
ティム・バートンの映画が2本も見られるなんて本当に最高に豪勢な年です。
しかしティム・バートン監督。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や
「ジャイアント・ピーチ」は監督までしていませんでしたからね。
それが今回、監督もやるって事で期待していたんですが、
冒頭からカメラワーク凝りまくりで「やられたなー」という感じ。
おなじみのキャラクターデザインに、現世=グレートーン、あの世=カラーと、
これまたニクイ配色!それぞれのキャラがブラックユーモアたっぷりで、
大いに笑わせて貰いました。

特に犬のスクラップスの登場シーンは皮肉が効いていて面白かったですねー。
おやじキャラではあの世の長老のグートネクトさんが良い味出してました。
声の出演はティム・バートンファミリー(?)、「バットマン」シリーズで
執事のアルフレッド役を演じているマイケル・ガフさん!
でもたしかマイケル・ガフさんって「バットマン・ビギンズ」の前に亡くなったって
聞いたような気がしてたんですけど勘違いだったんですねー。
(←おい。おい。勝手に殺すな!)

他にも神父役のクリストファー・リーさまの美声に酔いしれ、意外に可愛い
コープス・ブライド役のヘレナ・ボナム・カーター(ティム・バートン妻!)に好感触!
そして、最後…
思わずボロっと涙がこぼれて しまった!!
いや~やられましたよ~。やっぱティム・バートンは良いですわー!
もちろん音楽のダニー・エルフマンもね!

【マクタロウ】
ミニチュア好き、ストップモーションアニメ好きの私は、とても楽しかった。
加えてティム・バートンがデザインしたキャラクター達の魅力、
お馴染みダニー・エルフマンの音楽で楽しさ倍増。

ストーリーは死体の花嫁(コープスブライド)エミリーとビクター、
ビクトリアの3角関係(?)を、どう決着を付けるのか楽しみにしていたのだが、
これはまあ、こうなるしかないというオチ。
それでもエミリーの健気さにちょいと感動させられちゃいました。
いつものティム・バートン作品らしく、本作も小ネタ満載。

笑わせて、笑わせて、最後にホロリとさせられるところも、
いかにもティム・バートンと言ったところか。
ストーリーがどうだとか言うより、キャラクターの愛らしさ(?)を楽しむ作品でしょうな。


ティム・バートンのコープスブライド(2005)
CORPSE BRIDE
TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
メディア 映画 Anime
上映時間 77分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2005/10/22
ジャンル ファンタジー/ロマンス/コメディ
ホネまで愛してくれますか?
監督:ティム・バートン
声の出演: ジョニー・デップ/ビクター
ヘレナ・ボナム=カーター/コープス・ブライド
エミリー・ワトソン/ビクトリア
トレイシー・ウルマン
ポール・ホワイトハウス
アルバート・フィニー
ジョアンナ・ラムレイ
リチャード・E・グラント
クリストファー・リー
マイケル・ガフ
ジェーン・ホロックス
ディープ・ロイ
ダニー・エルフマン



 ←ポチッと押してね!

Comments 3

There are no comments yet.

Maya

早く見たい~~~。
うちは先週やっとこ「チョコレート工場」の見学に行ってきました。
いやー、いろいろな意味でギリギリのところで、
絶妙なバランスで成り立ってる映画だね!
ティム・バートンにしかできない映画だよ。
やっぱ、凄いわ!
ところで、ヘレナ・ボナム・カーターって奥様だったのか!なーるほどー。
彼女、かわいいよね。
コープス・ブライドのお人形たちを見てると、
彼女の大きい目を思い出すのはそのせいかな??

ちーさん

久しぶりです♪
ところで
わたしも早く見たいです~。
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「ジャイアント・ピーチ」「チャーリーとチョコレート工場」は、子どももわたしも大好き。
あっさりしてポチッとした顔つきの少年もタイプです。(少年の髪型は同じみたいだけど定番のカットなのかな?)
ヘレナ・ボナム・カーターの声って可愛いですよね。猿の惑星の猿でも可愛かった!(なんか自然だった 笑)
うちは子どもと一緒だから吹き替え版を見ることになるの。残念。

マクノスケ

>Mayaちゃん
ウォンカさんのキャラがかなり危ないんだけど、それでもどこか純真なところもあって、ギャグもかましてくれるので、私的には大ウケでした。キャラがみんな壊れちゃっているのに、ラストのあの泣かせがまた良いんだー!それにくらべると「コープスブライド」は、ちょっと物足りない感じだけど、とにかく映像の美しさには目を見張る物があるので、ぜひ見て、また感想を聞かせてねー。
ヘレナ・ボナム・カーターは、正式には結婚しているわけではないけど、ふたりの間に出来た子供もいるし(チョコレート工場に出ているんだって!)公私ともに良きパートナーって感じみたいだよ。
>ちーちゃん
お久しぶりー!!
お昼と猫ちゃんの写真毎日楽しみに見てるよー。
「コープスブライド」とっても面白かったので、また見たら感想聞かせてね。少年の髪型や顔は、私もティム・バートンの好みじゃないかと思っているよ。
ヘレナ・ボナム・カーター…「ビッグ・フィッシュ」では、かなり怖いイメージがあるんだけど(これは役のせい)かなり個性派というか、そこがまた個性派のティム・バートンと合っているような気がするよ。
吹き替えは残念だけど、お話が面白いから、きっと楽しめると思うよー!

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 森の中で結婚式の誓いの言葉を練習していた青年ビクターが、枯れ木と間違えて死体の指に指輪を嵌めてしまったから、さぁ大変。結婚の夢半ばで死んだコープス・ブライド(死体の花嫁)が土の中から蘇ってしまう・・・。ティムらしいブラック・ユーモアもたっぷりだけど、やは

    2006.03.11 (Sat) 23:20 | キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~