映画

サハラ 死の砂漠を脱出せよ

0 0
20050611-002.jpg

【マクノスケ】
今週も頑張って2本観て来ました。
1本目はマシュー・マコノヒー(ホントはマコノヘーと発音するらしい)&ペネロペのラブラブカップル共演の「サハラ」。

あまり評判は良くないようですが、はっきり言って正当派アクションアドベンチャー映画好きにはたまらない1本でした。冒頭の南北戦争の装甲艦のシーンですでに熱くなっている私。なんだかデザインが素敵です。この装甲艦がなんでアフリカのマリまで行っちゃったのかよくわからないんですが、主人公ダーク・ピットと相棒アル(スティーブ・ザーン)の絶妙なコンビネーションに笑わせられながら、ボートのチェイス、砂漠のカーアクションなど派手なアクションを楽しみました。「007・ゴールデンアイ」もビックリの巨大施設の登場にしばし唖然としながら、脇を固めるウィリアム・H・メイシーさんやデルロイ・リンドーの渋い演技も堪能させて貰いました。ペネロペのキャラも出過ぎることなく適度なお色気(ラストはやっぱりサービス?)で好印象でした!

音楽もトランペットが「007」を思わせるような使われ方をしていて、クリント・マンセル(「サスペクト・ゼロ」や「完全犯罪クラブ」の人。私は初めて聴きました!)に、ちょっと興味が沸いて来ましたが、それよりなによりビックリだったのは…

監督のブッレック・アイズナーってあのディズニーの会長だったマイケル・アイズナーの息子さんだったんですね~。
もしかしてお父さんより良心的な人なのかも?(笑)

【マクタロウ】
いやいや、久し振りに観ましたよ、軽くてノリの良いアクション映画。
ストーリーは主人公ダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)のお宝探しアクション作品かと思いきや、WHOの職員エヴァ(ペネロペ・クルス)とのからみから、独裁国家の内戦、廃棄物処理工場のずさんな管理による海洋汚染を阻止する展開にまで及び、なかなか楽しめる。
マシュー・マコノヒーって人は、今ひとつパッとしない印象なんだけど、今回はそれがかえって成功しているように思う。ヒーローらしくないというか、あまり強くないところが良いのである。

そんな主役よりも良かったのが、ダーク・ピットと腐れ縁の相棒、アル役のスティーブ・ザーン。ユーモアのあるセリフで笑わせながらも、やる時はやる彼の存在は大きいです。
ペニロペも可愛く、ただの添え物にならず好印象。
ラストシーンまで主人公とはラブラブにならないのが、これまた良し。
アクションシーンは、かなり迫力がありGOOD!!
物語冒頭、南北戦争末期、北軍の包囲を脱出する装甲艦テキサスには感動。
映画館でこんなシーンを拝めるとは・・・。
「CGで作りました」っていう、これ見よがしなアングルを見せつける最近の映画の中で、本作は実にまじめに、出来る限り本物にこだわって撮影をしているようで嬉しくなった。アクション映画はこうでなくてはイカンのだ。

リアリティが無いとか、ご都合主義だとか言う人が出てきそうな本作なれど、この作品にそんなものを求めるのは野暮と言うもの。今年は、重いテーマの作品や、締まりのないアクション映画が多かったので、この1本は貴重でした。

サハラ 死の砂漠を脱出せよ(2005)
SAHARA
メディア 映画
上映時間 124分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2005/06/11
ジャンル アクション/アドベンチャー
幻の財宝。手掛かりは一枚の金貨。
監督:ブレック・アイズナー
出演:マシュー・マコノヒー/ダーク・ピット
ペネロペ・クルス/エヴァ・ロハス
スティーヴ・ザーン/アル・ジョルディーノ
ウィリアム・H・メイシー/サンデッカー提督
ランベール・ウィルソン/イヴ・マサード
デルロイ・リンドー /カール
レイン・ウィルソン/ルディ・ガン
グリン・ターマン/フランク・ホッパー




 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.