スター・ウォーズ

ベン・バートさん、ヘイデンくんの新たなる旅立ち

0 0
35ミリプロジェクターの音とテレビのノイズ音を合成して
ライトセーバーの音を作ったあのルーカス・フィルムの伝説の音響デザイナー
ベン・バートさん!1990年にルーカス・フィルムを独立し
「ヤング・インディ」の監督や脚本などを書いていた時期もありますが、
それ以後の仕事も殆どルーカス・フィルム関係の作品の
音響デザインを担当していました。

そのベン・バートさんが、ルーカス・フィルムに別れを告げ、
ピクサー(「トイ・ストーリー」や「ミスター・インクレディブル」で知られる
3Dアニメ制作会社)で心機一転、新しい仕事を始めるそうです。
ベン・バートさんが住んでいる場所が、ルーカス・ランチとピクサーに
近い事もあるそうですが「スターウォーズ・サーガ」が完結した今、
ルーカスの元を離れるベン・バートさんの心境やいかに…。

そしてアナキンを演じるヘイデンくんも俳優廃業を臭わせる発言をしてるのだそう。
「ハリウッドは面白くない。代わりに建築を勉強しようかと思っている」
「ひとつの映画はひとつの生産物で、役者は自分を売ることができて
初めて映画を売ることができる。始める前には、誠実さを捨てないといけないんだ」…
と、ハリウッドへの幻滅を語ったそうでして…
誠実さを捨てないといけない…とは、ヘイデンくんに何があったのか?
もし「スターウォーズ」が彼をそうさせたんだとしたら、ちょっと切ないですよねえ。

<参考記事>
Ben Burtt Joins Pixar Animation Studios
STAR WARS JPAN :データバンク|クルー|ベン・バート
『スター・ウォーズ』のヘイデン・クリステンセン、俳優辞めて建築家に!?



 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.