映画「アナと雪の女王2」2D字幕版

20200120-05.jpg

昨年末に見た「アナ雪2」の感想…
書こう書こうと思っているうちに1ヶ月経ちそうになっていたので慌てて書いてます。

前作は「Let It Go」のヒットもあって空前のヒット!になったんですが私はあまのじゃくなので、そこまでノレずに普通に面白かったって感じで見てました。サントラも買おうと思っていたんですが、結局買わず仕舞い。なので今回もそこまで行かないかと思ってましたが、これが案外ノレてですね。ドールやらなんやらグッズを買ってしまいまして…。


サントラも買っちゃおうかなあとか今買いたい虫と闘っている最中です。
とにかく音楽が1作目以上に良かった。松たか子と神田沙也加を震え上がらせた(笑)あのメロディライン。担当歌手に挑戦状を送っているのかーと思いたくなるような音域!それを本家のクリステン・ベルとイディナ・メンゼルが苦もなく伸び伸びと歌っているのを聴けるだけで心ウキウキ!日本語版のふたりも負けじと頑張っているのに感動!(PVで見ました)

やっぱり曲が最高に良い!で私的にツボだったのがクリストフが歌う「恋の迷い子」!!
もうね。80年代青春時代を過した私としては映像が80年代のMTV風PVの映像になっていて大爆笑!コーラスのところなんてクイーンのパロディになっててスタッフのセンス抜群だと思いましたね。なんでもブライアン・アダムスを意識してたとか!



お話の方もエルサだけ魔法を使える理由だとか経緯とか語られていってそんな背景がぁ!って言うかアナとエルサのじいさんってそんな人だったのか!!とかダムの建設と見せかけておいてその実…とかちょっとおとぎ話の黒い部分が語られてしまって、知らない方が良かったって気持ちとそれを乗り越えて、自分の心に従う勇気を教えられてドラマチックだなあって1作目以上の手応えを感じる部分もあり、くらべると2の方が良かったって印象ですね。

またね。オラフもなんかお邪魔キャラなんだけど、今回はより泣かせるキャラになっていて、喋り方とかクセになっちゃうんですよね。(日本語版もかなり寄せてるところがグー!ピエールさんそれにしても残念!)オラフのニニさんサイズのフィギュアが欲しいと思ってるんですけど、単品だと出てないみたいで…どこかで出してくれないかなあと思っています。

アナと雪の女王2( 2019)
Frozen II
映画アニメファンタジーアドベンチャーミュージカル
アメリカ Color 103分
初公開日: 2019/11/22 公開情報:ウォルト・ディズニー・ジャパン 映倫:G
クレジット
監督 クリス・バック ジェニファー・リー
製作 ピーター・デル・ヴェッチョ
脚本 ジェニファー・リー
音楽 クリストフ・ベック
声の出演
アナ (クリステン・ベル )
エルサ(イディナ・メンゼル)
クリストフ(ジョナサン・グロフ)
オラフ(ジョシュ・ギャッド)
スターリング・K・ブラウン
エヴァン・レイチェル・ウッド
アルフレッド・モリナ
声の出演(日本語吹替版)
アナ(神田沙也加)
エルサ(松たか子)
イドゥナ(吉田羊)
解説
 主題歌「Let It Go」と共に全世界で社会現象を巻き起こし、空前の大ヒットを記録したディズニー製作の3D長編ファンタジー・アニメの第2作。前作の3年後を舞台に、不思議な歌声に導かれて旅に出たアナとエルサの姉妹が、エルサの持つ魔法の力の秘密を解き明かすため、未知の世界で驚きと感動の冒険を繰り広げる。監督は引き続きクリス・バックとジェニファー・リーが担当。前作でアカデミー賞の主題歌賞に輝いたロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペスが本作でも楽曲を手がける。
 雪と氷を操る力を持ったアレンデール王国の女王エルサは、深い絆で結ばれた妹アナと共に、王国を治めながら平穏で幸せな日々を過ごしていた。しかしある日、エルサにだけ不思議な歌声が聞こえ、王国に危機が訪れる。歌声の正体を探すため、アナとエルサは仲間のクリストフやオラフと共に旅に出るが、それは、エルサの魔法の力に隠された秘密を解き明かす、驚きの冒険の始まりに過ぎなかった。


 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空、旦那のお弁当、スターウォーズ日めくりの画像追加
    日刊のほほん本舗     マクノスケ、マクタロウの今日の出来事まとめブログ

関連記事
 ←ポチッと押してね!
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments