映画

「ナショナル・トレジャー」

4 0
20050321-001.jpg

【マクノスケ】
この2ヶ月、映画を見られなかった反動か(?)
ノルマ達成のためか(ジョークです)、
おとといに引き続き清水まで見に行って来ました。

私としてはズバリ!
ショーン・ビーン見たさに行ったわけなんですが(←わかりやすいね。こりゃ!)、
まあ、出来ればおもしろければ拾いもの…
と思っていたら甘かった!!(笑)
ど~も主人公が良い子ちゃん過ぎてよろしくない!

冒頭、独立宣言書を盗む盗まないのくだり…
そんなに一族生涯を掛けて探して来た手掛かりだったら、
私だったら盗むよ!ケイジくん、
トレジャー・ハンターの意地ってのがないのかなあ。
最後も政府に寄付って…。 いや、そりゃあそうするしかないのかもしれないし、
わかってますよ。 彼が手にした本当の宝は金銀、財宝じゃなくて、
そこまでのプロセスとそれを支えた仲間との愛と友情、
父ちゃんとのわだかまりも消えたことに意義があったのだってことは。

でもなあ。なんだかケイジくんを盗人にしたくない(結局盗んじゃってるけど!)、
秘密を解き明かして政府に尽くした正義の人にしたいって作為が見てとれて、
それが、いかにもディズニー的だなあと思っちゃった私は、
もうダークサイドに転落しちゃってるかしら?
それに全体的に見てもテンポが良いと言えば良いんだけど、
あまりにもなんでも上手く行き過ぎという感じだったかなあ。
それを言うと、そもそもあの船にどうやって辿り着いたのか?
あの船に辿り着けなかったから、ご先祖は宝を見つけることが出来なかったってこと?
まあ、ケイジくんのパートナー、ライリーが「ヴァン・ヘルシング」の
カールのような愛嬌たっぷりのキャラで楽しませて貰ったのと、
ショーン・ビーンの出番が思った以上に多かったからそれはそれで楽しめたかな~。
(ショーン・ビーンも、小悪党といった感じで、
いまひとつ「パトリオット・ゲーム」のような激しさがないのが残念!)

あとは…販促用のチラシだったかな。
ブラッカイマーさんが、うちの企画の方が「ダヴィンチ・コード」より
先だったって言ってましたが、それは本当なんでしょうか?
あまりにもキーワードが重なっているような気がします。
もしかして先に映画化した者勝ちってことなのかなあ?


【マクタロウ】
まあね、ファミリー・ムービーだと割り切って観れば
(ディズニーだし)良いのかもしれないけどね、
やっぱり中身が無さすぎるもんで映画館を出たら何も残らない作品でしたね。
次々に出てくる謎は天才主人公(ニコラス・ケイジ)がパッパと解いていく
(今まで何年間も、何してたの?)し、悪役(ショーン・ビーン)との追っかけも、
ハラハラしないんだよね。
そもそも、ケイジ対ビーンの図式を作るきっかけが…

ビーン「独立宣言書を盗もう」
ケイジ「それ(泥棒)はできない」

んで仲間割れってあんた、
一族の汚名返上まで考えているトレジャー・ハンターが、
その程度の意気込みかよ!!
更に「悪モンに盗られちゃまずいんで、私が盗みましょう」
って言い訳しながら、結局泥棒。
そんなことなら独立宣言書を盗み出してから
仲間割れにした方がスッキリしていると思うのだけどなあ。

ファミリー・ムービーにしたが為に、主人公はいいこちゃん、
悪役も残忍にはなれず、
毒にも薬にもならない作品になってしまった。
いっそのことコメディー仕立てにしたら良かったのに。

ナショナル・トレジャー(2004)
NATIONAL TREASURE
メディア 映画
上映時間 131分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月 2005/03/19
ジャンル アドベンチャー/アクション/ミステリー
その封印を解く最初の鍵は、
アメリカ独立宣言書にあった…

出演:ニコラス・ケイジ/ベン・ゲイツ
ダイアン・クルーガー/アビゲイル・チェイス博士
ハーヴェイ・カイテル/セダスキー
ジョン・ヴォイト/パトリック・ヘンリー・ゲイツ
ショーン・ビーン/イアン・ハウ
ジャスティン・バーサ/ライリー・プール
クリストファー・プラマー/ジョン・アダムス・ゲイツ



 ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

さまタマ

わたしも観ました!
マクノスケさんはイマイチでしたか? わたしは結構アタリだと思いました。
いや、ニコラス・ケイジが好きなだけかもw
妙に生真面目なあのキャラは、まさに彼だなあと。
ヒーローより普通の人のほうが、本領発揮できると思うので、この映画にあまり期待していなかったんですが、妙にヒーローぶってないヘタレなヒーローだったんで、嬉しかったです。しかし掃除人のパスの顔写真を見て、あまりに普通にハマっているので、噴出しそうになりました。
ショーン・ビーンが出ていると知らずに観たんですが、ぱっと気づいたとき「おお、ボロミア!」・・・役者名が浮かんでこないw

マクノスケ

さまタマさんが、ケイジくんファンだったとは露知らず失礼しました。
ケイジくんが演じた役としては、まあまあだったと思うんですが、作品的にいまひとつ乗り切れなくて…。
ケイジくんの作品では「マッチスティックメン」が好きです!!(作品も!!)
掃除人のパスの顔写真!たしかに妙に普通の人でしたよねえ。(笑)
ショーン・ビーンの役は、もっと悪いやつでもいいんじゃないかと思ったのですが、うちの旦那は思い切ってコミカルにしちゃっても良かったんじゃないかって言ってました。

さまタマ

いえいえ、ファンなんてものじゃありません。だからお勧めの「マッチスティックメン」も見てないですし。(見たいけど!)
好きな作品は「8mm」だったりして、やっぱ彼には悲劇が似合うとは思うのですが、妙にエキセントリックな割には、役者オーラが(掃除人パスの時のように)すっぱり消えてしまう辺りとか、好きです。<つまりは変なシュミw
ショーン・ビーンは開始数分で、また裏切り者かよ~~ちったあ違った役が回ってくるといいのに、とちょっと悲しくなってしまいました。だから小悪党くらいだったので、逆に嬉しくなったりして。
よく考えてみると、確かに中途半端な映画だったのに、その中途半端さにハマってしまうとは、我ながら映画の見方を間違えてますねえ。

マクノスケ

「マッチスティックメン」は、巷ではそんなに評判良くないみたいなんですが、私はケイジくんのキャラが生きていて、すごく好きな作品です。
たぶんさまタマさんのテイストにぴったりなのではないかと思います。
映画の見方は、人それぞれ、いろんな見方があるところがまた楽しいですよね。
ショーン・ビーンの役も、言われてみればさまタマさんがおっしゃる通り、小悪党なところがまた良かったのかも!(^_^)