映画

映画「アス」

0 0
20191124-03.jpg

なんだか暑かったり寒かったりで…
気温に左右され眠気もあったりしたんですが、これは公開されたら絶対見たかったので外すわけにもいかず、頑張って近所のシネコンに見に行ってきました!作品は「アス」。

あの紅茶カチャカチャの「ゲット・アウト」のジョーダン・ピール監督の2作目で、4人家族の前に自分たちと同じ顔の家族が現れて襲ってきたら…?と言う不条理設定の展開。襲われる過程の描写たるや心理的に怖くて背筋が凍る一歩手前!それもじわじわと来るもんだからもっと怖い!いや~ヒッチコック型と言いましょうか、この手の怖さを久々に見て、やっぱりこういうタイプの怖い映画も、もっと増えて欲しいと思っちゃいましたよ。

まあ待っていたオチは、そう言うことか…って極端にビックリするようなものでもないんですけど、最後の最後にオチのオチがあって、なんちゅーこった!!ってなっちゃうんですよ。あとでマクタロウに聞いたら、途中からそう言うオチもあるんじゃないかって予想してたそうな。きっとふたりともある意味ショックが大きくて次第に過去のこと忘れちゃったんでしょうね。

しかしなあ。あの後、あの手をつないでいた人たち、どうなっちゃうんでしょうね。そう言う点では結末が見えない映画ではありましたね。主演のルピタ・ニョンゴさんの迫真の演技にも唸りました。娘役の女の子の演技も不気味だったんですけど、ニョンゴさんの人間じゃない演技感(あの声!)が怖すぎてーーぇ!いや~ピール監督ヤバ過ぎるぅ!次回作も期待しちゃいます!!

アス 2019
US
映画ホラーサスペンス
アメリカ Color 116分
初公開日: 2019/09/06 公開情報:東宝東和 映倫:R15+
キャッチコピー “わたしたち”がやってくる
監督 ジョーダン・ピール
製作 ジョーダン・ピール ショーン・マッキトリック ジェイソン・ブラム イアン・クーパー
製作総指揮 ダニエル・ルピ ベアトリス・セケイラ
脚本 ジョーダン・ピール
撮影マイケル・ジオラキス
視覚効果監修 グレイディ・コファー
プロダクションデザイン ルース・デ・ヨンク 
衣装デザイン キム・バレット
編集 ニコラス・モンスール
音楽 マイケル・エイブルズ
出演
ルピタ・ニョンゴ(アデレード・“アディ”・ウィルソン/レッド)
ウィンストン・デューク(ゲイブ・ウィルソン/アブラハム)
エリザベス・モス(キティ・タイラー)
ティム・ハイデッカー(ジョシュ・タイラー)
シャハディ・ライト・ジョセフ(ゾーラ・ウィルソン/アンブラ)
エヴァン・アレックス(ジェイソン・ウィルソン/プルートー)
カリ・シェルドン(ベッカ・タイラー)
ノエル・シェルドン(リンジー・タイラー)
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(アデレードの父)
アナ・ディオプ(アデレードの母)
マディソン・カリー(アデレード(少女時代))
解説
 監督デビュー作となる前作「ゲット・アウト」でセンセーションを巻き起こしたジョーダン・ピール監督が贈る衝撃のサスペンス・スリラー。ごく普通の幸せな4人家族の前に、まったく同じ顔をした不気味な4人組が現われ、自分たちの命を狙って襲いかかってくる不条理な恐怖とその驚愕の顛末をスリリングに描く。主演は「それでも夜は明ける」「ブラックパンサー」のルピタ・ニョンゴ、共演にウィンストン・デューク、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー。
 幼い頃にふと迷い込んだ遊園地のミラーハウスで、自分とそっくりな少女に遭遇した、という恐怖体験がトラウマとして残るアデレード。今は夫と2人の子どもたちと幸せな家庭を築いていた。夏休みに家族と共に幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れた彼女は、ある出来事をきっかけにかつての恐怖が甦り、説明のつかない不安に襲われる。その夜、家の前に自分たちとそっくりな4人家族が現われたかと思うと、突如アデレードたちに襲いかかってくるのだったが…。<allcinema>



 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空、旦那のお弁当、スターウォーズ日めくりの画像追加
    日刊のほほん本舗     マクノスケ、マクタロウの今日の出来事まとめブログ

 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.