映画

映画「ターミネーター ニュー・フェイト」2DIMAX字幕版

4 0
20191109-03.jpg

お隣の市に出来た新しい映画館で…
マクタロウと映画「ターミネーター ニュー・フェイト」2DIMAX字幕版を見てきました。
とにかく混んでここ1ヶ月駐車場に入るにも1時間待ちと言う事が続いていたので、1時近くの始まりだったのに駐車場が開く9時到着の30分前に家を出て到着後、ドリンクコーナーやお昼を食べて時間を潰し、ひたすら待ってからいよいよ期待していたIMAXへ入場!

IMAXは川崎と湘南で何度か見ていますが、ここは思ったよりスクリーンが小さめでちょっとガッカリ。そんなに極端には違わないんですけど、湘南の方が圧倒される大きさなんですよね~!!画面も最新のレーザーIMAXと言う事で期待したんですが、湘南の方がメリハリがハッキリしていて良いような気がするんですけど、気のせいかなあ。

で、肝心の内容なんですけど…
まあ、もうやることがないので(笑)同じ事を繰り返してる感じなんですよねえ。まあ、最初からあの人があんな事になって「えぇぇ!この作品から抹殺かぁ?」ってビックリしちゃったんですけど、ビックリしたのはそのくらいで、あとは押せ押せのアクションの一点張り。
サラ・コナーの復活はとって効果てきめんで面白さはあったと思うんですけど、もしリンダ・ハミルトンがフォアーを断っていたらすごくつまらない映画になっていただろうなあ。

って言うか、なんかこれ3と4を足してリメイクした感がしてならないんですよねえ。展開がめまぐるしいので飽きることはないんですけど、登場人物が多いせいかどのキャラも個性が薄く、印象に残らなくて、なんか見終わったあと「2」で辞めておけば良かったのに…とかボヤいちゃいましたよ。

あぁ、でも「2」で辞めていたら「4」でハリウッドデビューしたサムのハリウッド進出はなかったわけだし、そこまで言うのは酷ですかねえ。いや、これもキャメロン先生への愛あって故の愚痴だと思って下さい。古くからのシュワさんファンとしては、今回のシュワさん、表情は素敵に撮れてましたね!これまでシュワさんをカッコ良くれるのはキャメロン監督くらいだと思ってたんですが、今回はイイ感じでした!

音楽もジャンキー・XLことトム・ホルケンボルフさんがやってて、メキシコ風にアレンジした「ターミネーターのテーマ」のアレンジがメッチャ良かったー!



グレースを演じてたマッケンジー・デイビスも頑張ってたし、展開はパッとしないけど、収穫もそれなりにありましたね。しかし、スカイネットなきあと、一体どこの誰がターミネーターを送り込んだんでしょうかねえ?アクションシーンはもうちょっと抑えめにしてそこら辺の説明も入れてくれた方が良かったかな。
続きを読むにスタッフとキャストと解説を映画ドットコムより引用しました。


20191109-04.jpg

IMAX鑑賞入場特典で貰ったミニポスター!

20191109-05.jpg 20191109-06.jpg 20191109-07.jpg

新しく出来た映画館のロビー。
クリックで拡大します。

ターミネーター ニュー・フェイト
劇場公開日 2019年11月8日

スタッフ・キャスト
監督 ティム・ミラー
製作 ジェームズ・キャメロン  デビッド・エリソン
製作総指揮 ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー エドワード・チェン ジョン・J・ケリー
ティム・ミラー ボニー・カーティス ジュリー・リン
原案ジェームズ・キャメロン チャールズ・イグリー ジョシュ・フリードマン
デビッド・ゴイヤー ジャスティン・ローズ
脚本 デビッド・ゴイヤー ジャスティン・ローズ ビリー・レイ
撮影 ケン・セング
美術 ソーニャ・クラウス
衣装 ナイラ・ディクソン
編集 ジュリアン・クラーク
音楽 トム・ホルケンボルフ
視覚効果監修 エリック・バーバ
特殊効果監修 ニール・コーボールド

リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)
アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)
マッケンジー・デイビス(グレース)
ナタリア・レイエス(ダニー)
ガブリエル・ルナ(REV-9)
ディエゴ・ボニータ(ディエゴ・ラモス)
エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)

解説
ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、キャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。「デッドプール」を大ヒットさせたティム・ミラー監督が新たにメガホンをとった。人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。一方、同じく未来からやってきたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカムバックし、シリーズの顔であるT-800を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーも出演。グレース役に「ブレードランナー 2049」のマッケンジー・デイビス、ダニー役にコロンビア出身の新鋭女優ナタリア・レイエス。

2019年製作/129分/アメリカ
原題:Terminator: Dark Fate
配給:ディズニー



 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空、旦那のお弁当、スターウォーズ日めくりの画像追加
    日刊のほほん本舗     マクノスケ、マクタロウの今日の出来事まとめブログ

 ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

onion

わたしも見てきました!

今、帰ってきたところなんですが、ほぼマクノスケさんと同意見……続きというよりセルフリメイクに近い感じでしたねえ。
つうか、展開に驚きがまったくなく、キメの「落ち」が昨今流行りのアレで、いきなり現実に立ち返っちゃった。
キャラクターにも魅力がなく、グレースはいいキャラだったのにバックボーンがネタがらみだったので、かなり後になってから動機が判明、そのころには見ていて察しがつくという……終わった時に、楽しかった〜とは思えませんでした。

マクノスケさんがサムの4に思い入れがあるように、わたしも「ジェニシス」(マット・スミス関連)に愛着があるので、キャラはジェニシスの方がよかったなあ、と長男に愚痴りながら劇場を後にしました。。。

  • 2019/11/09 (Sat) 23:49
  • REPLY
マクノスケ

マク→ onionさん

onionさんも見てきましたか!!!
そうですよねえ。
正当な続編とか今までの作品をないがしろにするからには、

どんな新しい事を思いついたんだーと思ったら、あのキャラの抹殺だけで、
他は同じ事の繰り返し。グレースもやっぱり境遇とかサラに寄せすぎで、
それが返って新鮮さを失う事になってしまったんじゃないかなあ。
それに境遇の思い違いをサラにさせる事でサラに観客が誘導される形に
なってしまったのもなんだかサラが可哀想にも思ってしまいました。

onionさんはマット・スミスに思い入れがあったんですよねー!
それぞれがキャメロン先生のひと言に傷つき、映画を見て…
やってることは3~5じゃん!!と思って
なんだかなあと思ったんじゃないかと思うと、
これ、やって良かったのかなあ~と思う気持ちの方が強くなって来ちゃいます。

カヌキっコ

お疲れ様でした
 
確かに混んでます。土日曜は近づいては行けません。平日夜がお勧めです。クリスマスライトアップなんてあるのかしら?楽しみです。
久しぶりに朝の電車に乗ったら、オッサンズ90%です。

  • 2019/11/13 (Wed) 08:55
  • REPLY
マクノスケ

マク→ カヌキっコさん

ホントに混んでるね!

ホントに混んでますよねえ。
ただ中はまあまあなので、駐車場が足りないのかと思っちゃいましたよ。
映画くらいしか行かないので夜と言う訳にもいかず、
そうなると早めに行くしかないかなあ。
スター・ウォーズをIMAXで見たいと思ってるんですけどねえ。

久々の電車、おっさんズ90%でしたか!!
電車…もう何年も乗ってないなあ。