映画

Amazonプライムビデオで「IT イット“それ”が見えたら、終わり。」

0 0
20191101-04.jpg

Amazonプライム・ビデオで…
「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」を見ました。190円!有料です。見たのは、もう2週間前の10/20!ついつい感想を書くのが遅くなってしまいました。

原作は子供時代と大人時代が交互に描かれているので、この映画のラストの方が一番読みたかった私としては、全4巻ある最後の方まで、そのシーンが登場しないのでイライラ!(笑)子供時代と大人時代を交互に書いたキングの意図はわかるのですが、映画としては1が子供時代、2が大人時代になっていたのは正解だったと思います。

それに本ではわかりにくいペニーワイズが、ただの怖がらせのピエロじゃないって事を冒頭のジョージーが襲われるシーンでちゃんと描写しているのがもっと良かったんじゃないかと大感激!
散々引っ張っておいて、あとから、ピエロの格好をした殺人鬼じゃなくて、実は彼の正体はねえ。…とかやられたら、B級映画に成り下がっていたところですが「それ」と闘ういじめられっ子チームの壮絶な境遇が巧いこと描かれていて、映像の美しさも手伝って、上品なホラーに仕上がってます!

やっぱりこの作品の成功はピエロのおぞましさと子供たちの境遇と言うキングの描きたかったポイントをちゃんと押さえているところが良かったじゃないのかと思うんですよね。子役も頑張ってますが、なんと言っても ペニーワイズ役のビル・スカルスガルド の演技が異彩を放っていて「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムさんを凌ぐキモ悪さがグー!!

後半は蜘蛛と亀が出てくるのか…映画的にどんなアレンジがされているのか興味津々です。原作ではそれぞれ家族がいるはずなんですが、このキャストだとビルとベバリーが良い関係になりそうだし、いや、そう見せておいてエディと?とか、いろいろ妄想が膨らんでます。でもベバリー役のあの可愛いソフィア・リリスちゃんが、どう見ても、あの怖顔のジェシカ・チャステインにはならないような…。(笑)「続きを読む」に出演と解説を載せています。



左からグスタフ・スカルスガルド(次男)、中央がビル・スカルスガルド(四男)、右がアレクサンダー・スカルスガルド(長男)。やっぱり長男の「ターザン」のアレクサンダーがお父さん(ステラン・スカルスガルドさん)に似てますかねえ。

ちなみにステラン・スカルスガルドさんは、アベンジャーズのソーのセルヴィグ教授とかやっている人です。三男は医師で、ビル(四男)とヴァルター(五男)の間に元モデルの長女がいて、五男のヴァルターも俳優だそうです。ソースはウィキペディア

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 2017
原題 IT
映画ホラー青春
アメリカ Color 135分
初公開日: 2017/11/03 公開情報:ワーナー 映倫:R15+
監督 アンディ・ムスキエティ
製作ロイ・リー  ダン・リン  セス・グレアム=スミス
デヴィッド・カッツェンバーグ  バルバラ・ムスキエティ
製作総指揮 デイヴ・ノイスタッター ウォルター・ハマダ
リチャード・ブレナー  トビー・エメリッヒ  マーティ・P・ユーイング  
ダグ・デイヴィソン  ジョン・シルク  ニーヤ・クイケンドール
原作 スティーヴン・キング
脚本 チェイス・パーマー  キャリー・フクナガ ゲイリー・ドーベルマン
撮影 チョン・ジョンフン
プロダクションデザイン クロード・パレ
編集 ジェイソン・バランタイン
音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ
音楽監修 デイナ・サノ
出演 
ジェイデン・リーベラー (ビル・デンブロウ)
ビル・スカルスガルド (ペニーワイズ)
ジェレミー・レイ・テイラー (ベン)
ソフィア・リリス (ベバリー)
フィン・ウォルフハード (リッチー)
ワイアット・オレフ  (スタンリー)
チョーズン・ジェイコブズ (マイク)
ジャック・ディラン・グレイザー (エディ)
ニコラス・ハミルトン (ヘンリー)
ジャクソン・ロバート・スコット (ジョージー)
オーウェン・ティーグ  
ステファン・ボガルト (ベバリーの父)
スチュアート・ヒューズ
モリー・アトキンソン (エディの母)
スティーヴン・ウィリアムズ
メーガン・シャルパンティエ
ジョー・ボスティック
アリ・コーエン

解説
スティーブン・キングの代表作の1つで、1990年にはテレビドラマ化された「IT」を、「MAMA」で注目を集めた新鋭アンディ・ムスキエティのメガホンにより映画化。静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで起きていた。内気な少年ビルの弟が、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消した。自分を責め、悲しみにくれるビルの前に現れた「それ」を目撃して以来、ビルは「それ」の恐怖にとり憑かれてしまう。不良少年たちからイジメの標的にされている子どもたちも、自分の部屋、学校、町の中など何かに恐怖を感じるたびに「それ」に遭遇していた。「それ」の秘密を共有することとなったビルと仲間たちは、勇気を振り絞り、「それ」と立ち向かうことを決意するが……。


 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.