映画

映画「ジョーカー」

0 0
20191008-04.jpg

日曜日に近所のシネコンで映画「ジョーカー」を見てきました。

話題になっている作品だし、予告でも主人公であるジョーカーことアーサーの身にどんどん酷いことが起こって追い詰められていく様が伺えてこれは心理的に来る映画だなと思っていたんです。最近の幼児虐待や香港でのデモなどを彷彿とさせるシーンもあって、リアルにジョーカーと言う壊れたキャラを描くと現実が見えてくるのだなあと思うと空恐ろしかったです。

人の心の闇を作るのは愛されないことなのか…。
誰かひとりでも彼のことをわかってあげる人がいたら…いや、その前に病状を抑える薬をやめなかったら…いや、その前に行政の支援が打ち切られなかったら…と、あれやこれや考えてしまいます。

でも人を笑わせるコメディアンの彼が肝心のところで笑ってしまうってのが一番の皮肉。
しかも一番愛していたお母さんとの事も残酷過ぎて、その皮肉な運命に、私は昔読んだ「この子の七つのお祝いに」を思い出してしまいました。マクタロウは鬱積した不満が堪っている市民の象徴として祭り上げられていくジョーカーに「タクシードライバー」を思い出したそうです。

だから人気テレビ司会者マレー・フランクリンのキャスティングがロバート・デ・ニーロだったのか!(いや「キング・オブ・コメディ」に出てたからだよね)いや~しかしねえ。ジョーカーだけにスポッとを当ててると思っていたら、ちゃんと「バットマン」のストーリーもしっかり盛り込んであるところにも感心。もしかしてあのシーンが…と思ったら、ちゃんと出てくるしねえ。

ホアキンの熱演も相まってストーリーだけはなく映像にも鬼気迫る物があって言われてるだけの凄い作品なんだと思い知らさせるのと、後半に思ってた以上のバイオレンスシーンがあるのとで圧倒されっぱなし。あとで知ったのですが、アーサーのアパートの住人の彼女(これまた切ない!)ソフィー・デュモンドを演じていたザジー・ビーツって「デップ2」のドミノだったんですね~。わからんかった~。

20191006-07.jpg

今回、近所のシネコンで導入された「臨場感体感上映」館で見てきました。
確かに今までより画面が明るくて黒みが強くIMAXには及びませんが、見やすい感じです。追加料金も発生しないので、見たい作品がなるべくこの館でやってくれればなあと思いました。
まあ、隣町にIMAXの大きな映画館が出来たので、空いた頃を見計らって見に行きたいとは思っているんですけどねえ。この日はそのIMAXがある映画館は、駐車場に入るのにも30分掛かったそうです。

ジョーカー(2019)
JOKER
メディア 映画
上映時間 122分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー・ブラザース映画)
初公開年月 2019/10/04
ジャンル サスペンス/ドラマ/犯罪
映倫 R15+
本当の悪は笑顔の中にある
【クレジット】
監督:トッド・フィリップス
製作:トッド・フィリップス ブラッドリー・クーパー  エマ・ティリンジャー・コスコフ
製作総指揮:マイケル・E・ウスラン ウォルター・ハマダ アーロン・L・ギルバート
ジョセフ・ガーナー リチャード・バラッタ ブルース・バーマン
脚本:トッド・フィリップス スコット・シルヴァー
撮影:ローレンス・シャー
プロダクションデザイン:マーク・フリードバーグ
衣装デザイン:マーク・ブリッジス
編集:ジェフ・グロス
音楽:ヒルドゥル・グーナドッティル
音楽監修: ランドール・ポスター ジョージ・ドレイコリアス
出演:ホアキン・フェニックス アーサー・フレック
ロバート・デ・ニーロ マレー・フランクリン
ザジー・ビーツ ソフィー・デュモンド
フランセス・コンロイ ペニー・フレック
マーク・マロン
ビル・キャンプ
グレン・フレシュラー
シェー・ウィガム
ブレット・カレン
ダグラス・ホッジ
ジョシュ・パイス
【解説】
 いわゆるアメコミが原作の作品としては史上初となるヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞の快挙を果たした衝撃のサスペンス・ドラマ。DCコミックスのバットマンに登場する最強最悪の悪役“ジョーカー”に焦点を当て、コメディアンを夢みる心優しい男アーサー・フレックが、いかにして社会から切り捨てられ、狂気の怪物へと変貌を遂げていったのか、その哀しくも恐ろしい心の軌跡を重厚な筆致で描き出す。主演は本作の演技が各方面から絶賛された「ザ・マスター」「her/世界でひとつの彼女」のホアキン・フェニックス。共演にロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ。監督は「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス。
 大都会の片隅で、体の弱い母と2人でつつましく暮らしている心優しいアーサー・フレック。コメディアンとしての成功を夢みながら、ピエロのメイクで大道芸人をして日銭を稼ぐ彼だったが、行政の支援を打ち切られたり、メンタルの病が原因でたびたびトラブルを招いてしまうなど、どん底の生活から抜け出せずに辛い日々を送っていた。そんな中、同じアパートに住むシングルマザーのソフィーに心惹かれていくアーサーだったが…。
<allcinema>
【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/


 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空、旦那のお弁当、スターウォーズ日めくりの画像追加
    日刊のほほん本舗     マクノスケ、マクタロウの今日の出来事まとめブログ

 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.