映画

映画「SHADOW/影武者」

0 0
20190916-04.jpg

マクタロウと近所のシネコンで映画「SHADOW/影武者」を見てきました。
予告を見たときにはチャン・イーモウ監督の前作「HERO」みたいな傘軍団によるカンフーアクション映画かと思っていたんですが、王と武将(都督ととく)と武将の影武者の皮肉な巡り合わせと過酷な運命、腹の探り合いと…人の内面に焦点を当てた作品でした。
そこに武将の妻と彼の影武者との三角関係が描かれていて妖艶なシーンもチャン・イーモウ監督らしくて良かったなあ!

勿論、後半は傘軍団のアクションシーンが壮麗な琴の合奏に合わせて繰り広げられるんですが、あいだに都督と敵国武将との一騎打ちも挟まったりしてるもんですから、もうドキドキハラハラ気が抜けません!武将とと王、影武者の3人の関係性も、都督の影武者である主人公がメインに描かれてはいるんですが、他のふたりのしたたかな水面下での工作も狡猾で二転三転するので、キャラの立ち具合が半端なく濃いです!

しかし今回のテーマが影なので陰と陽から色が一気に抑えられていて墨絵のような映像がこれまた渋い!!雨や風を使った演出、王の間の墨字ののぼりや馬や松を配した構図にも美意識を感じ、感心しました。

武将と影武者を演じたダン・チャオは、勿論二役。
あとでパンフレットで武将の妻を演じたスン・リーは、実生活でもダン・チャオ本当の奥さんだと知って驚きました!チャン・イーモウ監督には、この感じでこれからも映画を撮って行って欲しいなあと思います。
以下にオールシネマからクレジットと解説を引用しました。

 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空、スターウォーズ日めくりの画像追加
    日刊のほほん本舗     マクノスケ、マクタロウの今日の出来事まとめブログ

SHADOW/影武者(2018)

SHADOW
メディア 映画
上映時間 116分
製作国 中国
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2019/09/06
ジャンル アクション/歴史劇
映倫 PG12
影で終わるのか?
【クレジット】
監督:チャン・イーモウ
脚本:チャン・イーモウ
撮影:チャオ・シャオティン
プロダクションデザイン:ホレイス・マー
衣装デザイン:チェン・ミンツェン
音楽:ラオ・ツァイ
出演:ダン・チャオ 都督(トトク)/影武者
スン・リー 小艾(シャオアイ)
チェン・カイ 沛国の王
ワン・チエンユエン 田戦(ティエン・チャン)
【解説】
 「HERO」「LOVERS」のチャン・イーモウ監督が、影武者を主人公に描く武侠アクション。強国に領土を奪われ、屈辱に甘んじる小国を舞台に、気弱な王とその意向に反して敵国最強の戦士に決闘を申し出た武将とその影武者、それぞれの思惑が複雑に交錯する中で迎える戦いの行方を、華麗なアクションと映像美で描き出す。主演は一人二役に挑んだ「戦場のレクイエム」のダン・チャオ。共演にスン・リー、チェン・カイ。
 時は戦国時代。強大な軍事力を誇る炎国に領土を奪われ20年が経つ沛(ペイ)国。若くして玉座を継いだ王は炎国との休戦同盟によるかりそめの平和を維持することに汲々とし、人々は屈辱的な日々に甘んじていた。そんな中、領土奪還を目指す頭脳明晰で武芸の達人でもある重臣・都督(トトク)が王の命にそむいて炎国最強の戦士・楊蒼(ヤン・ツァン)に対決を申し込む。しかし実際に戦いに臨もうとしていたのは、都督の影武者だった。本物の都督が刀傷がもとで病になったことを隠すため1年前から表に出ていたのだった。決戦に向け、都督とともに傘を武器にした技を磨く影武者。そして、そんな2人を複雑な思いで見つめる都督の妻・小艾(シャオアイ)だったが…。
<allcinema>
【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://shadow-movie.jp/


Comments 0

There are no comments yet.