映画

映画「チャイルド・プレイ」

0 0
20190721-03.jpg

お昼をウチで食べ選挙の投票に行ったあと…
近所のシネコンで映画「チャイルド・プレイ」を見てきました。

殺人鬼人形チャッキーが…
次々と殺戮を来る返していく様を描いたホラー映画「チャイルド・プレイ」!
全7作は昔テレビで1作目を見たくらいで、殆ど見た事がなかったのですが、この度、チャッキーの声を私がずっと昔から応援していた「スター・ウォーズ」のルーク役のマーク・ハミルが担当することになり、こりゃあ、マークファンとして見に行かんとぉーと鼻息荒く見に行ったわけですが…

これがお話的には定番中の定番!
90分でやれる事は全部やった感半端ないくらい、これでもかって酷いことを繰り返すチャッキーに「よくやるわ」とつぶやきながら、ソレを嬉々として演じるマークに拍手喝采。他の映画でもこんなにマークの声が聴ける映画ってなかったんじゃないかって程、しゃべり続けるマークの声に惚れ惚れしながら、90分大満足で鑑賞。

いや~なんかもう冒頭からスター・ウォーズオマージュなんですよ~!!映画ドットコムの解説では「人形をチャッキーと名づけて一緒に暮らし始めたアンディだったが」になってますが、これはそうじゃなくてホントはある名前をアンディが付けるんですけど、いきなりバディ(この人形の名前)に却下されて、チャッキーにされてしまうんです。

でもね。スター・ウォーズファン的には、その名前を付けようとしたのが不味かったんじゃないか?と思わざるを得ない名前!それに映画の最後の方ではダース・ベイダーのセリフをチャッキーに喋らせちゃってます!!

まあPG-15なくらいですから、血しぶきやら包丁滅多差しやら残酷描写もホラーファンも満足の出来だと思うんですが、アンディの親子関係や友人関係など、時代をきちんと反映していて、チャッキーのひとつの企業があらゆる商品をつくって相互リンクで操作出来るって設定で、テクノロジーの怖さなども描かれていて結構、中身がある内容に感心しました!

いやーそれにしてもこの映画、1にマーク、2にマーク。3、4がなくて5にマークって言っても良いほど、マークが堪能できて、本当に幸せでしたー!エンドロールの最後の最後までマークにしびれまくった私。これはサントラをダウンロードしてマークの歌声を聴くっきゃないかなあ。下記にスタッフ&作品解説を映画ドットコムより引用しました。

…って、映画会社!パンフレットくらい作れー!!
もうパンフレット製作してないなんて信じられない!!
当然グッズもなし!なんて事なんだい!!



チャイルド・プレイ
劇場公開日 2019年7月19日
解説
かわいらしい見た目とは裏腹に残忍な殺人を繰り返す恐怖の人形チャッキーを描き、1988年の第1作以降、計7作品が製作されてきた人気ホラーシリーズ「チャイルド・プレイ」をリブート。引越し先で友達のいない少年アンディは、誕生日に母親から人形をプレゼントされる。その人形には、音声認識センサーや高解像度画像認識機能などが備えられ、スマートフォンアプリと連携して操作も可能という、最先端の技術が盛り込まれていた。人形をチャッキーと名づけて一緒に暮らし始めたアンディだったが、次第に周辺で異変が起こり始めて……。チャッキーの声を、「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが担当した。大ヒットホラー「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」を手がけたプロデューサーのセス・グラハム=スミスとデビッド・カッツェンバーグが製作。

スタッフ
監督ラース・クレブバーグ 製作セス・グラハム=スミス
デビッド・カッツェンバーグ
製作総指揮アーロン・シュミット
クリス・ファーガソン
キャスト
オーブリー・プラザカレン
ガブリエル・ベイトマンアンディ
ブライアン・タイリー・ヘンリーマイク・ノリス刑事
マーク・ハミルチャッキー(声)
ビクトリス・キットソスファリン

作品データ
原題 Child's Play
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 東和ピクチャーズ
上映時間 90分
映倫区分 R15+



 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空の画像追加
    日刊のほほん本舗     今朝の空のまとめブログ
    マクノスケマクタロウの日常     インスタグラムでアップした画像の一覧
 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.