マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  Blu-rayで「ロング・ライダーズ」

Blu-rayで「ロング・ライダーズ」

20180927-03.jpg

おととい、25日に夕飯のあとマクタロウが買った「ロング・ライダーズ」のBlu-rayを見ました。マクタロウが大好きな映画なのでDVDでも見たりして何回か目になるんですが、やっぱり馬のシーンは迫力ありますねえ。

馬で窓を突き破るシーンは前回見た時も絶賛しましたが、最後に馬で川を渡っていくシーンもホントに大変そうで手に汗握っちゃうんです。今だったら動物愛護協会に訴えられちゃうとかなんとかでCGに置き換えられちゃうんじゃないかと思うんですが、ホントにやっているので、やっぱりリアルって凄いなあとつくづく思いました。

実際の3組の兄弟共演ってのも今は無理だろうなあ。そういう点から見ても凄い映画である事には間違いありませんが、出てる役者さんがほぼおっさんなので、女の私としては、当時キラキラしていたエド・ミラー役のデニス・クエイドにしか目が行かず(笑)かと言って、ボブ・ヤンガー役のロバート・キャラダイン じゃ若すぎると思っていたはずなのに…今回見たらコール・ヤンガー役のデヴィッド・キャラダインが味が合って良いなあ~と。また長髪、口ひげがとっても合ってるんですよねえ。年取ると見方も幅が広がって来て良いなあと思いましたよ。

強盗団の話なんだけど、そこに友情、団結、家族愛を盛り込み、迫力あるバイオレンス描写と共に滅びの美学まで描き切ると言う西部劇映画の傑作であることは間違いありません。もうワンエピソードくらいあってもおかしくない100分と言う尺にもビックリ。やたら長いばかりが良い訳ではないと改めて思いましたねえ。

Embed from Getty Images

ブログで使える「ロング・ライダーズ」の時の画像はありませんでしたが、1974年の「燃えよ!カンフー」でクワイ・チャン・ケインを演じていた時の画像がありましたぁぁーー!
うわ~!素敵な笑顔ーー!!ちょっと見てみたくなったよ。「燃えよ!カンフー」!!



燃えよ ! カンフー 2ndシーズン DVDコレクターズBOX 〈8枚組〉
Posted with Amakuri
ブルース・リー
ワーナー・ホーム・ビデオ
定価 ¥21,600(2018年9月27日15時49分時点の価格)


 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空、マクタロウのお弁当、スターウォーズ日めくりの画像追加
    日刊のほほん本舗     今朝の空のまとめブログ
    マクノスケマクタロウの日常     インスタグラムでアップした画像の一覧


記事を読んで下さったみなさまへ
コメントする時間がない!という方は
拍手ボタンを押して励ましてやって下さい。

ロング・ライダーズ(1980)
THE LONG RIDERS
メディア 映画
上映時間 100分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(UA)
初公開年月 1980/08/30
ジャンル 西部劇/ドラマ
【クレジット】
監督:ウォルター・ヒル
製作:ティム・ジンネマン
製作総指揮:ジェームズ・キーチ ステイシー・キーチ
脚本:ビル・ブライデン スティーヴン・フィリップ・スミス
ステイシー・キーチ ジェームズ・キーチ
撮影:リック・ウェイト
音楽:ライ・クーダー

出演:ジェームズ・キーチ ジェシー・ジェームズ
ステイシー・キーチ フランク・・ジェームズ
デヴィッド・キャラダイン コール・ヤンガー
キース・キャラダイン ジム・ヤンガー
ロバート・キャラダイン ボブ・ヤンガー
デニス・クエイド エド・ミラー
ランディ・クエイド クレル・ミラー
ニコラス・ゲスト ボブ・フォード
クリストファー・ゲスト チャーリー・フォード
ケヴィン・ブロフィ
サヴァンナ・スミス
シェルビー・レヴァリントン
パメラ・リード
ハリー・ケリー・Jr
クリス・マルケイ
ジェームズ・レマー
フラン・ライアン
ジェームズ・ホイットモア・Jr
フェリス・オーランディ
ウェスト・ブキャナン
エドワード・バンカー
ティム・ロソヴィッチ
リン・シェイ
ゲイリー・ワトキンス
ピーター・ジェイソン
【解説】
 南北戦争後の1860年代後半、元南軍のゲリラ、フランクとその弟ジェシーのジェームズ兄弟らで組織されたギャング団がミズーリ州の銀行を襲撃。以来、彼らは銀行と鉄道を中心に強盗を重ね、人々から喝采を受ける。これに対し、被害者の依頼を受けた探偵社による追跡が開始。それでもギャング団はその追跡をかわしながら強盗を続け、それぞれ恋人を持つなど青春を謳歌する。しかし、76年、ミネソタでの銀行強盗を失敗した際に集中砲火を浴び、かろうじてジェームズ兄弟だけが逃げ延びるのだが…。
 監督のW・ヒルとは友人でもあり、その作品にスコアを付けることで生活を支えてもらっていると本人が言う、燻銀のミュージシャンR・クーダーの音楽が、観る者を西部の砂塵の中に見事に誘い込む。淡く抑えた色調の画面がモノクロームに褪せて、ここに描かれた伝説を追うように走り去る汽車を見つめる少年たちを捉えるラストが忘れられない。役者兄弟同士の共演で、南軍ゲリラくずれの三組の兄弟の混成となる有名なジェイムズ・ギャング団の誕生から終息を、鋭いカットのアクションの積み重ねの中に、叙情もまたふんだんに香らせて、W・ヒル演出は心憎いほどの“気分”を出している。ジェイムズ兄弟に扮したキーチ兄弟が製作総指揮に脚本も兼ねている。史上初の銀行強盗を行ったという彼らが、実際はそうでもないのに義賊扱いで人々から歓迎される所に、いつの時代にも反権力のヒーローを求める民衆像が確認でき、そうした人々の薄情さも同時に描かれている。<allcinema

関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
[Tag] * 映画 * Blu-rayで観た映画 * 

Last Modified : 2018-09-27

Comments







非公開コメント