映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

20180401-03.jpg

小田原に映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を見に行って来ました。
ベトナム戦争に勝てないことをわかりながら、戦争を推し進めた事実が書かれた
極秘文書を入手したワシントン・ポスト紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)と
女性発行人のキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は、ニクソン政権に
記事の差し止めを命じられるんですが、言論の自由を主張し記事の公開を望むベン、
家族や会社の保身との間で揺れるキャサリンの葛藤をサスペンスタッチで描き出す
スピルバーグ監督の演出冴えまくりと言うか、いつもの臭いほどのコテコテ、
ごり押しの演出で迫って来て(←褒めてます)本気モード全開で嬉しくなっちゃいました。

文書の出所やワシントン・ポスト紙の記者が文書を入手するところなどはドキドキハラハラ、
記事を公開するかを巡って葛藤するキャサリンの女性としての立場や
父や夫から受け継いだ会社の誇りを守り通したいと言う気持ちが
メリル・ストリープの達者な演技と相まって、痛いほど伝わって思わず涙が出ちゃいました。

また音楽のジョン・ウィリアムズの曲が80年代辺りの絶頂期のメロディを
彷彿とさせるものがあって、これはサントラ買いだなあーと!!
いや、ジョン先生のサントラは集めているので、普通でも買ってるんですけどね。(笑)
役者さんは、この手のスピルバーグ映画だと、大抵あまり知らない役者さんを
使う事によってあえて臨場感を出してると思うんですが、今回もメインのふたり以外は、
70年代の当時感を醸し出している俳優さんをキャスティング!
ただロバート・マクナマラ役を演じていたのが、ブルース・グリーンウッドさんで、
ちょいファンの私は、思っていた以上に割と出番が多くて嬉しかったりしました。

映画の最後も…あの事件で終わるってのが、コテコテで、
これまたスピちゃんらしくて「にくいなあ~」って思っちゃいましたよ。


 今日のお買い物

映画館で「リメンバー・ミー」のPOPをみつけ、へクターとデラクルスのPOPを購入。
ミゲルは売り切れていたため、帰宅後、楽天でポイントを使って注文しちゃいました-!

 今日の更新

今日は4/1エイプリルフールなので、ブログのテンプレとタイトルをちょっと弄らせて貰いました。(笑)

20180401-04.jpg

    のほほん本舗     今朝の空の画像追加
    日刊のほほん本舗     今朝の空のまとめブログ
    マクノスケマクタロウの日常     インスタグラムでアップした画像の一覧



ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017)
THE POST
メディア 映画
上映時間 116分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2018/03/30
ジャンル ドラマ/サスペンス/伝記
映倫 G
「今」を弾丸のように撃ち抜く、
真実の物語――
【クレジット】
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル
スティーヴン・スピルバーグ
クリスティ・マコスコ・クリーガー
製作総指揮:ティム・ホワイト トレヴァー・ホワイト
アダム・ソムナー トム・カーノウスキー ジョシュ・シンガー
脚本:リズ・ハンナ ジョシュ・シンガー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演:メリル・ストリープ キャサリン・グラハム
トム・ハンクス ベン・ブラッドリー
サラ・ポールソン トニー・ブラッドリー
ボブ・オデンカーク ベン・バグディキアン
トレイシー・レッツ フリッツ・ビーブ
ブラッドリー・ウィットフォード アーサー・パーソンズ
アリソン・ブリー ラリー・グラハム・ウェイマウス
ブルース・グリーンウッド ロバート・マクナマラ
マシュー・リス ダニエル・エルズバーグ
【解説】
 スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎え、時の政権に屈することなく言論の自由を守るために戦ったジャーナリストたちの矜持と覚悟を描いた社会派実録ドラマ。ニクソン政権下で機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”を公開し、ベトナム戦争の欺瞞を暴き出したワシントン・ポスト紙に焦点を当て、就任したばかりの女性発行人キャサリン・グラハムが、政府を敵に回し、経営危機を招く危険を冒してでも記事にすべきかという重い決断を下すまでの葛藤の行方を描き出す。
 ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に不都合な事実が記載された最高機密文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ記事を発表する。アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に記事の差し止め命令を要求する。タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙のワシントン・ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが文書の入手に奔走する。やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、それを公表すれば裁判となって会社の将来を危うくしかねず、経営と報道のはざまで社内の意見は大きく二分する。そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形でいきなりアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたのだったが…。
<allcinema>
【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://pentagonpapers-movie.jp/

関連記事
 ←ポチッと押してね!
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments