映画

Amazonプライム・ビデオで「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」

0 0
20180202-03.jpg

これまでの2作とは別方向の「ワイルドスピード」の3作目!
だいぶ前にTVで放送した時、チラ見して
「なんじゃこれ?」と思ったものでしたが、
今回ちゃんと見てみたら、覚悟して見たせいか…
思いの外、日本の表現もしっかりしていて(いや、それでも変なところはあるけど)
ドラマも2よりはあって、車に興味がない私でも、それなりに面白かったです。

主人公のショーン(ルーカス・ブラック)が、なんでアメリカから日本に来る事になるのか…
と思ったら、車好きが災いして、喧嘩レースで、物や人を巻き込んで、少年院行きになるのを
逃れるために、日本の米軍基地に赴任している"お母さんの元旦那"のもとへやって来たと!

そこで"叔父さんがヤクザのボス・カマタ(千葉真一)"のタカシ(通称DK=ドリフト・キング)
と出会い、アンダーグランドのドリフトレースに参加。
タカシのパートナーのハン( サン・カン )に気に入られて、ドリフト走行を教えて貰うことに…。
ハリウッド作品だから仕方ないんでしょうが、
せめてタカシは、日本人の俳優さんにやって欲しかったなあ。
( タカシを演じているのは日系アメリカ人の父と韓国人の母のハーフのブライアン・ティーさん )

まあ、あとはホント結構頑張ってたと思いますよ。
お父さんが下町の築うん十年の一戸建てに住んでいたのは微妙でしたが、
玄関とか部屋の中とか結構、生活感漂っていて、良い感じだったと思います。

ショーンが学ラン着て高校に通ったり、同級生が北川景子(レイコ役)だったり、
先生が柴田理恵で、ショーンが土足のまま、教室に来たのを注意するシーンで
「うわばき」を連呼して笑いを取ったりして、柴田さんハリウッドデビューしてたんだーと感激!
お目当ての浪岡一喜さんは、どこに出ているか確認出来ず、
ググったら、DKの子分1号で1カット映ってるだけだったようで…。
(ショーンのお父さんの日本の愛人役は真木よう子だったみたい! )

でも、ショーンにドリフトを教える ハンが結構良いキャラ で、
応援しながら見てたら、車ドッカーーン!ボォーーーォォ!で死亡!
このシーンはスリリングでちょい萌え!
しかし、勿体ないなあと思ったら、この記事を書くために、
名前などコピペしようと思って、ウィキペディア見てる時に、
6作目と7作目の事が書いてあって、にゃんとぉ!!となりましたよ!!
知らない方が良かったんだろうけど、この先見続ける楽しみ が出来たんで、
それも良しにしようかなあと思っています。

車のことはよくわかりませんが、今回は、タカシの子分モリモトの
Z33 フェアレディZ(2002年式)がカッコ良かったかなあ。(← ウィキペディアで調べました。)
って、最後の最後に思いっきりのボーナスシーンが!!
もうこれだけで、完全に2を超えたと思いましたヨ。
もしかして一番イケでないのって2だったんじゃ?

 今日の更新

    のほほん本舗     今朝の空、マクタロウのお弁当、スターウォーズ日めくりの画像追加
    日刊のほほん本舗     今朝の空のまとめブログ
    マクノスケマクタロウの日常     インスタグラムでアップした画像の一覧
  サム・ワーシントンブログ     2/1のサム!(ララさんのインスタより)


記事を読んで下さったみなさまへ
コメント面倒という方は拍手ボタンを押して
励ましてやって下さい。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006)
THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT
メディア 映画
上映時間 104分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(UIP)
初公開年月 2006/09/16
ジャンル アクション/犯罪/青春
TOKYOは今、
サーキットと化した!
【クレジット】
監督:ジャスティン・リン
製作:ニール・H・モリッツ
製作総指揮:クレイトン・タウンゼント
脚本:クリス・モーガン
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン
プロダクションデ
ザイン: アイダ・ランダム
衣装デザイン: サーニャ・ミルコヴィッチ・ヘイズ
編集:フレッド・ラスキン ケリー・マツモト
音楽:ブライアン・タイラー

出演:ルーカス・ブラック ショーン・ボズウェル
バウ・ワウ トゥインキー(トゥインク)
JJ. Sonny Chiba カマタ
サン・カン ハン
ナタリー・ケリー ニーラ
ブライアン・ティー D.K.(タカシ)
北川景子 レイコ
妻夫木聡
柴田理恵
KONISHIKI
中川翔子
ザカリー・ブライアン
ニッキー・グリフィン
虎牙光揮
波岡一喜
リンダ・ボイド ショーンの母
ブライアン・グッドマン ショーンの父
矢野未希子
土屋圭市
真木よう子
デヴィッド・V・トーマス
アンバー・スティーヴンス
ヴィンセント・ラレスカ
レオナルド・ナム モリモト
ジェイソン・トビン
オールデン・レイ
ヴィン・ディーゼル ドミニク・トレット
(クレジットなし)
【解説】
 チューンナップした車でスピードの限界に挑む若者たちの姿を描いた大ヒット・カー・アクション・シリーズの第3弾。舞台を東京に移し、公道を使った極限のドリフトレース・バトルが展開する。主演は「プライド 栄光への絆」のルーカス・ブラック、共演にバウ・ワウ。敵役のボスには千葉真一が登場。また、モデル出身の北川景子がハリウッド・デビューを果たした他、妻夫木聡はじめ日本人キャストの豪華カメオ出演も話題に。
 カリフォルニアの高校生ショーンは車好きが高じてたびたび警察の厄介になっている問題児。ある日、ついに大きな事故を起こしてしまい、少年院行きが確実となる。それを逃れるため、ショーンは軍人の父を頼って日本へとやって来る。日本での高校生活に馴染めずにいたショーンは、留学生のトウィンキーに声をかけられ、深夜の立体パーキングで行なわれるアンダーグランドのカー・レースに誘われる。そこでショーンは、“ドリフト・キング”のD.K.にいきなり勝負を挑まれ、完敗してしまう。しかしこれをきっかけに、ドリフト・レースという未体験の世界にハマっていくショーンだったが…。<allcinema
【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.wx3.jp/top.html


Comments 0

There are no comments yet.