マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」2D字幕版

映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」2D字幕版

20171103-07.jpg

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017)
THOR: RAGNAROK
メディア 映画
上映時間 131分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2017/11/03
ジャンル アクション/アドベンチャー/ヒーロー
死の女神の復讐がはじまる

マクタロウと小田原に映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」2D字幕版を見に行って来ました。
ラグナログ(神々の世界の終日)と言う原題を バトルロイヤルと言う邦題に変える程でもなかったかなーというのが率直な感想です。確かにバトルロイヤルは繰り広げられるわけなんですけど、そこは肝じゃないと思うんですよ。

まあねえ。今回かなりコメディタッチになってるし、話の方もバシバシ飛ばして行くから、ここのシーンが…とかあそこのセリフがなんて言ってる暇がなくてクスクス笑えて楽しいものの、1作目を見た時の「ときめき」のようなものもなく、馴染みのキャラの扱いも一瞬だったのが残念。
アスガルドの設定もいろいろと変わってしまってちょっと複雑だったかなあ。

まあ、こんな設定にしたから、ソーとロキの関係とでバランスを取ったんでしょうかねえ。
その部分はその部分で面白かったので大歓迎なんですけど、展開もソーが危機迫るアスガルドにいないってのが反って緊迫感がなかったような気がするなあ。
ヘラ役のケイト・ブランシェットやヴァルキリー役のテッサ・トンプソンが頑張っていた分勿体なかったように思います。ハルクさんと言うかバナー博士の時系列を忘れてまして(笑)、そうだったっけ?と思ったりした困ったファンの私でしたが、まあ程ほどにバナー博士も頑張ってました。

それを言うとドクター・ストレンジのシーンは、映画(ドクター・ストレンジ)を見てない人にはちんぷんかんぷんだったと思うので、最低でもマイティ・ソーの2作とドクター・ストレンジは予習してから見に行った方がわかりやすいと思います。

で、ここからは余談ですが…
今回劇中劇があるんですけど、その配役にとんでもない人がキャスティングされてるんです。
ソー役にルーク・ヘムスワース(クリスの実兄)オーディーン役にサム・ニール、そしてロキ役にマット・デイモンマット・デイモンには気がついたんですけど、あとのふたりは帰宅してIMDBを見て知りました。どういう経緯があったのか知りたいですね。

あとは、愛しのエオメルことカール・アーバンが頑張っていたのは「ロード・オブ・ザ・リング」から応援している私としては嬉しかったです。それから今回音楽がニューウェーブと言うかテクノと言うか懐かしサウンドみたいになってるんですが、最後の方でちゃんと1作目の「ソー」のテーマ曲(パトリック・ドイルのクレジットもありました!)を使ってくれていて喜んじゃいました。

…ってロキさん、宝物庫のあれ、どうしましたかね?(笑)


20171103-03.jpg

パンフレットの特別版とバンダナ、ミニクリアファイルセットを買いました。
「続きを読む」のあとにクレジットとキャストを載せてあります。

 今日のリウマチ

今日はプレドニン10mg飲む日なので朝6mg飲んで映画に行ったので体調バッチリでした。
夜4mg飲みました。

 今日の更新

 のほほん本舗  今朝の空、レミンちゃん、「ソー」ポスターの画像追加
 日刊のほほん本舗  今朝の空のまとめブログ
 マクノスケマクタロウの日常  インスタグラムでアップした画像の一覧

記事を読んで下さったみなさまへ
コメント面倒という方は拍手ボタンを押してやって下さい。


監督:タイカ・ワイティティ
製作: ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
ブラッド・ヴィンダーバウム
トーマス・M・ハメル
スタン・リー
原案: クレイグ・カイル
クリストファー・ヨスト
エリック・ピアソン
脚本: エリック・ピアソン
撮影: ハビエル・アギーレサロベ
視覚効果監修:ジェイク・モリソン
プロダクションデザイン:ダン・ヘナ
ラ・ヴィンセント
衣装デザイン:マイェス・C・ルベオ
編集: ジョエル・ネグロン
ゼン・ベイカー
音楽: マーク・マザースボウ
音楽監修:デイヴ・ジョーダン

出演: クリス・ヘムズワース ソー
トム・ヒドルストン ロキ
ケイト・ブランシェット ヘラ
イドリス・エルバ ヘイムダル
ジェフ・ゴールドブラム グランドマスター
テッサ・トンプソン ヴァルキリー
カール・アーバン スカージ
浅野忠信 ホーガン
タイカ・ワイティティ コーグ
ベネディクト・カンバーバッチ ドクター・ストレンジ
マーク・ラファロ ハルク/ブルース・バナー
アンソニー・ホプキンス オーディン
【解説】
 クリス・ヘムズワース演じるマーベルの人気キャラクター“ソー”が主役の「マイティ・ソー」シリーズ第3弾にして「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと繋がるアクション・アドベンチャー大作。復讐に燃える最強の敵を前に、盟友ハルクや宿敵ロキと手を組み、迫り来る世界の終わり(ラグナロク)を食い止めるべく極限のバトルを繰り広げるソーの活躍を圧倒的スケールで描き出す。共演はマーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、イドリス・エルバ、アンソニー・ホプキンスのほか、最強の敵ヘラ役でケイト・ブランシェット。監督は「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」のタイカ・ワイティティ。
 アスガルドの王子でありながらアベンジャーズの一員となり、地球を守る戦いに身を投じてきたソーはある日、再会した父オーディンから世界の終わり(ラグナロク)が迫っていると告げられる。そこに現れたのは、ある理由からアスガルドに対し強烈な恨みを抱く死の女神ヘラ。ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊する圧倒的なパワーを持つ彼女は、アスガルドの文明を崩壊させるという恐るべき復讐を計画していた。そんな中、ヘラによって宇宙の辺境サカール星に飛ばされてしまうソーだっただが…。
allcinema


関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

Last Modified : 2017-11-11

Comments







非公開コメント