マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  映画「エイリアン:コヴェナント」

映画「エイリアン:コヴェナント」

20170917-03.jpg

前作「プロメテウス」から始まったリプリーエイリアンシリーズの前日談の2作目。
新天地を求めて宇宙を旅する宇宙船コヴェナント号。未知の星から聞こえてきた地球の流行歌に興味を持った乗組員たちは、当初の予定を変更してその星を調査することにするんですが…

とここまでは、ふむふむと見ていた私も、それ以降は1作目の焼き直し感ハンパなくて、ドキドキハラハラ感が半減。まあ、確かにデビットとショウ博士の話と1作目のエイリアンの造形誕生の謎は解け、お話しはつながったと思うんですけど、第2形態であるチェストバスターではなくて白い小型エイリアンのような状態ネオモーフとして登場。

ということは1作目に登場したエイリアンはこの時点ではまだ登場してないって事になるんですね。でも、前作の黒い液体と人間で実験したあの方がいたからこそ…生まれたという、言ってみれば、ルーツが明らかになったところは、新しかったんですけど、主人公ダニエルズたちに同行した新型アンドロイドウォルターと旧型デヴッドが相まみえた辺りからラストが想像出来てしまって、あまり気持ちよく見られなかったりするのも微妙なところでした。

ストーリー的には1作目をなぞっている部分が多くてパッとしないんですが、その分デヴィッドとウォルターの二役をこなしているファスベンダーが演技で見せてくれています。主人公のキャサリン・ウォーターストンもパッとしないので、尚のこと目立ってますが、もしやスコット監督、ファスに入れ込んじゃって、わざと主役に地味な女優さん当てて来たのか?(笑)と思わせるほどです。笛のシーンとかあんなに尺が必要だったのか?とも思っちゃいましたが、ファスファンの視点に立てば、ゴージャスなディナーを用意してくれてありがとう!スコット監督ーぅと言いたくなっちゃう程。本当にごちそうさまでした。

まあねえ。ワーグナーやパーシー・シェリーなどを引用してちょっと哲学語りしちゃってるところは、脚本のジョン・ローガンの趣味なのかなあ。パーシー・シェリーは「フランケンシュタイン」の原作者のメアリー・シェリーの旦那様なんだそうで。ジョン・ローガン製作・脚本のテレビシリーズの「ナイトメア」の中にも自分の出自に苦悩するフランケンシュタインの怪物の姿を描いているんですけど、デヴィッドとウォルターのルーツはフランケンシュタインの怪物だったとも言えますかねえ。

…ってなんか、いつの間にかエイリアンがブレードランナー寄りになって来ているような気が…。(笑)リドリー監督「ブレードランナー 2049」の監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ監督に任せておいて、「エイリアン」で、しっかり「ブレードランナー」やちゃってるよ~って思ったのは私だけ?

以下はエイリアン:コヴェナントの予告なんですが、本編の前にあったら、もっとわかりやすかったのにー的な動画になってます。最初の動画はなくてもいいかとも思いますが、2番目の方は本編に入れた方がもっとキャラに感情移入出来たかもしれません。





エイリアン:コヴェナント(2017)
ALIEN: COVENANT
メディア 映画
上映時間 122分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2017/09/15
ジャンル SF/ホラー
絶望の、産声。
監督:リドリー・スコット
製作:リドリー・スコット
マーク・ハッファム
マイケル・シェイファー
デヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
キャラクター創造:ダン・オバノン ロナルド・シャセット
原案:ジャック・パグレン マイケル・グリーン
脚本:ジョン・ローガン ダンテ・ハーパー
撮影:ダリウス・ウォルスキー
プロダクションデザイン:クリス・シーガーズ
衣装デザイン:ジャンティ・イェーツ
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:ジェド・カーゼル

出演:マイケル・ファスベンダー デヴィッド/ウォルター
キャサリン・ウォーターストン ダニエルズ
ビリー・クラダップ オラム
ダニー・マクブライド テネシー
デミアン・ビチル ロープ
カーメン・イジョゴ カリン
エイミー・サイメッツ ファリス
ジャシー・スモレット リックス
キャリー・ヘルナンデス アップワース
ナサニエル・ディーン ハレット
アレクサンダー・イングランド
ベンジャミン・リグビー
ウリ・ラトゥケフ
ジェームズ・フランコ
(クレジットなし)
ガイ・ピアース
(クレジットなし)
【解説】
 リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたちを待ち受ける驚愕の運命とエイリアン誕生の秘密を描き出す。主演はキャサリン・ウォーターストンとマイケル・ファスベンダー、共演にビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル。
 人類初の大規模移住計画により、新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指して2000人の入植者とともに地球を旅立った宇宙船コヴェナント号。船の管理は最新型アンドロイドのウォルターによって行われていた。ところが突然のアクシデントで、船長を含む数十人が命を落としてしまう。そしてその直後、コヴェナント号は謎の電波を受信する。急遽、船長代理となったオラムは、亡くなった船長の妻で科学者のダニエルズの反対を押し切り、進路を変更して電波の発信元である惑星へと向かう。ダニエルズ、オラム、ウォルターらが調査隊として探索をしたところ、本来の目的地よりも遥かに地球の環境に近いことが分かってくる。ところが、そんな調査隊を、思いも寄らぬ事態が襲う。窮地に陥った一行の前に、かつてプロメテウス号に搭乗していた旧型アンドロイド、デヴィッドが姿を現わすのだったが…。
allcinema


関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

Last Modified : 2017-09-18

Comments







非公開コメント