テレビ

ブラックリスト シーズン4 第20~22話(終)

0 0
20170420-02.jpg

やっと最終回まで見ましたぁ~。。゚+.(・∀・)゚+.゚
いや~それにしても、あぁ、これでやっとひと息ついた…
と思ったら、なんじゃそれの最後!
まあ、あれこれ愚痴ってますので…
興味のある方は「続きを読む」をクリックして下さい~!

第20話「取り立て屋」(2017.06.13.字幕版)
The Debt Collector (No. 46) / [ シーズン通算 #87]
ヨーロッパで脱出方法を失ったレッド。その頃「取り立て屋」という復讐請負人にリズが狙われていると情報が入り、次のブラックリスターに彼を指名する。かつて取り立て屋が殺した男がミイラ状態で見つかると、レッドは遺体の専門家キャプランに見てもらうよう指示、キャプランはリズのためにと言われて引き受けるが……。

ゲスト:ウェイド・ウィリアムズ「プリズン・ブレイク」、
フィッシャー・スティーヴンス『ショート・サーキット』「LOST」
脚本:ジョン・ボーケンキャンプ(原案)、ルーカス・ライター(原案)、
キム・ニュートン(脚本)、ダニエル・セローン(脚本)
監督:ビル・ロー( スーパー!ドラマTV公式サイトより引用)


取り立て屋というサブタイトルからどんな犯罪人かと思っていたら、
サデスティックな男が復讐という名目で
仕返しを請け負っているということだったのね。
以前リズが逮捕し現在ガンのために保釈になった犯人がリズに復讐をするため
今回の犯人にリズを拉致させたって事で話が進むんだけど、
実は取り立て屋はキャプランともつながりがあり、
レッドがキャプランをおびき寄せるための作戦だったと!
って、作戦とは言え、結構リズ痛い目にあってるんですけど!
レッドも自分が勝つためだったら手段選ばない男だよねえ。
って言うか…キャプランを悪く見せようと、潜入先の網膜スキャン対策として
そこに出入りしているスタッフの目玉えぐり出させたりするんだけど、
そうかなあ?キャプランってそう言うキャラじゃなかったでしょ。
恨みで人が変わっちゃうんですって強調される程違和感ありまくりなんだけどなあ。
しかしゲイル捜査官はホントなんも知らないのかねえ。
リズのチームとレッドがつながっていて、レッド経由で事件が解決してるって
FBI内で全然噂にも昇らないわけ?結構目立つことやってると思うけどなあ。

第21話「ミスター・キャプラン(前編)」(2017.06.20.字幕版)
Mr. Kaplan (No. 4) / [ シーズン通算 #88]
エイブがキャプランと通じていたことがわかりレッドはエイブから「マリオ・ディクソン」という名前を聞き出し、チームにマリオを調べるよう告げる。マリオたちはキャプランの依頼で男を誘拐すると、男の職場である、政府の書類保管庫へ侵入し、レッドが司法省と結んだ免責契約書を盗みだすが……。

ゲスト:ブライアン・デネヒー『ランボー』、
オルディス・ホッジ「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」
脚本:ルーカス・ライター(原案)、J・R・オーチー(原案)、
ジョン・アイゼンドレイス(脚本)
監督:ドナルド・E・ソーリン・Jr( スーパー!ドラマTV公式サイトより引用)


次から次へと口座が閉鎖され、お金がなくなっていくレッド!
すっごく抜かりがないように見えて…
実は会計のエイブが裏切ってましたの展開!(笑)
って言うか…あんなところに政府の書類保管庫があるってマジ?
いくら網膜スキャンで入所するシステムでも警備温すぎなんじゃあ?
もうレッドの信頼出来る人ってデンベとバズしかいないんじゃあって程
裏切られまくりなんですけど。まあね。最終的には
レッドが司法省と結んだ免責契約書奪われなくて良かったけど。
ってドムって誰だったけ?ライアン・デネヒーがやってたのね!(知らなかった!)
調べたらシーズン3-20話にリズのおじいちゃん役で出てたよー。
前回からなんだけど、今まで出て来たゲストキャラがこういう風に
こうつながってました的な展開にうわ~それ誰だっけってなっちゃって…。
いい加減に見ている自分を呪うわー。

第22話「ミスター・キャプラン(後編)」(2017.06.27.字幕版)
Mr. Kaplan (No. 4): Conclusion / [ シーズン通算 #89]

キャプランはゲールに接触、大陪審に免責特権を約束させ自分が証人になると申し出た後、タンジ農場でKの文字が彫られた木の近くから、スーツケースを掘り出した。クーパーは昔の事件の証拠からレッドの血がついた布を採取し自分でDNA分析に出す。

ゲスト:クリスティーン・ラーチ「シカゴ・ホープ」、ディアドレ・ラヴジョイ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」、ジェームズ・カルピネロ「パーソン・オブ・インタレスト」
脚本:ルーカス・ライター(原案)、J・R・オーチー(原案)、ジョン・アイゼンドレイス(脚本)、ジョン・ボーケンキャンプ(脚本)、ダニエル・ナウフ(脚本)
監督:マイケル・W・ワトキンス( スーパー!ドラマTV公式サイトより引用)


そうか~!キャプランは自分が捕まって自白って手段に出た訳か!
まあレッドを貶めるためには自分を犠牲にしてもそういうやり方を選ぶよね。
私もキャプランが言うようにレッドがリズを危険しているように見えるけど、
クーパー局長が言っていたそれ以前のヒミツ(理由)があるわけね。
しかしキャプランが掘り出したスーツケースに入っていた人骨って
タグにリズの名前が書いてあったけど…
もしかしてカークとカタリーナの娘とレッドとカタリーナの娘がいて…
カーク&カタリーナ娘があのスーツケースの人骨で、
レッド&カタリーナ娘がリズとか?

あー-!
そうそう。88話にして、とうとうDNA検査の結果、
リズとレッドが親子と判明!
でもなあ。あの骨があるからなあ。
キャプランもねえ。橋の上から川へダイブして自殺…となったわけですが、
ぷかぷか浮いているシーンはあったけど、死にましたーって言うのはなかったから、
まだわかりませんよ-。まあ生きていてもまた敵として出てくると、それこそ
ウザいので、残念だけど、死んでることにしておいた方が彼女も幸せだと思うなあ。
でもって、キャプランに撃たれたバズ!
貴重な脇役だっただけに死なないで欲しい。
そしてキャプランからスーツケースをコインロッカーから出すよう依頼されたトム!
いよいよ本編復帰ですな!

…ってレスラー!!!
ヒッチン殺しちゃうかぁ~。

(ギャグかと思ったヨ!)
あのなんでも解決屋の人に頼んでなかった事になったかもだけど…
別の誰かが殺したって偽装してくれるのかしら?
レスラー、元々、精神的に弱いんだから
(恋人も殺され家族の手術に立ち会えず苦悩!)
もっと深い闇に堕ちそうで怖いーー!!
唯一、アラムとナヴァービがくっついて良かったけど、最後に正体をみせた
ジャネットがホントに悪女感たっぷりで演技上手いなあと感心してしまいました。



とりあずミスター・キャプラン役のスーザン・ブロンマートさんお疲れさまでした。

 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.