19 2017

ブラックリスト シーズン4 第13~14話

20170420-02.jpg

なんだかこのところイマイチで見る気がしなかったんですが、
さすがに4話も貯まるとヤバいなあと思い始めまして、本日13話と14話を見ました。
見たら、これが結構面白くて…続きもみたいーってなっちゃったんですけど、
さすがに夕飯の仕度しないとならないんで、残りはまた来週の月曜にでも見ます。
たぶん明日明後日は映画を観に行くと思うので…。
それでは、興味のある方は「続きを読む」をクリックして下さい~!


13話でイザベラ・ストーンを演じているメロラ・ハーディン



第13話「イザベラ・ストーン 」(2017.04.25.字幕版)
Isabella Stone (No. 34) / [ シーズン通算 #80]
レッドの仕事仲間がまたひとり、標的となった。リズたちのチームは、レッドと彼の商売に攻撃を仕掛けるすご腕の犯罪者を追う。その一方でトムにとってある衝撃的な出来事が起きる。そして、彼は自分の過去について情報を集めようと動き出す。
ゲスト:メロラ・ハーディン「ザ・オフィス」『セブンティーン・アゲイン』
脚本:テイラー・マーティン
監督:アンドリュー・マッカーシー( スーパー!ドラマTV公式サイトより引用)


レッドの地中海方面にブツを運んでいた仲間が
「とある事件で獄死した金持ちの奥さんが逆恨みから成功者に罪をなすりつけて殺す家業」を
やっているイザベラ・ストーンにハメられ、助けに向かったレッドの思いも空しく息を引き取る。一方、トムは自分の本当の父親が事故死したことを知り、自分の過去を調べるが
誘拐された犯人に殺されている事になっていた事を知り愕然となる…。
え?トムの父親の設定ってあったっけ?
これ、スピンオフ(全8話)見てないとわからない展開なのかな?
ってまた今度はトムが「その人は父親じゃなかった」とか言う展開かぁ?
それにレスラーも兄弟が心臓の手術でナーバスになっていたとは言え、
レッドとの関係に今更疑問符付けられてもなあ。
いや、まあディエゴ・クラテンホフの涙演技見られたのはおいしかったけどぉ♡
アラムのパソコンのネコの画像がらしくて良かった~。(笑)
しかし イザベラ・ストーン の女優さん、どっかで見たことあるような気がして調べたら、
名探偵モンクのトゥルーディー(モンクの死んだ奥さん)だったよぉ!

第14話「設計士」(2017.04.25.字幕版)
The Architect (No.107) / [ シーズン通算 #81]
クーパーに、自分に利益がある悪党ばかりチームに追わせていると言われたレッドは、大物犯罪者として「設計士」を差し出す。完全犯罪の請負人であるその男は、ハッカーを集めてリクルートしていると言う。アラムがネット上の情報から謎を解き集会への参加方法を突き止める。そしてハッカーを装い潜入することに。
ゲスト:ブレント・スパイナー「新スタートレック」(データ役) 、メロラ・ハーディン「ザ・オフィス」『セブンティーン・アゲイン』、
脚本:チャップ・テイラー、デイヴ・メッツガー
監督:クリスティン・ジー( スーパー!ドラマTV公式サイトより引用)


今回はアラム大活躍で…
しかもスタートレックのデータ少佐ことブレント・スパイナーが犯人の設計士役とくれば、
盛り上がって当然。でもって、アラムの元ガールフレンドも再登場。
もう出てない=アラムとナヴァービ安泰かと思っていたら、そうでもないのか?
いや、でも最後の展開はあれで決着が着いたと言う事か。
私はスタトレは吹き替えで見ていたので、どうしても声が大塚芳忠さんのイメージがあって、
頭の中で声を芳忠さんの声に脳内変換しながら見てしまいました。
「バンキシャ」見てるときもデータが喋ってるように思えちゃう!(笑)
どんだけ「スタトレ脳」なんだよ!
でもって、イザベラ・ストーンとトムを殺したと証言した殺人鬼の男のお母さんに
届いた手紙の送り主って同一人物なの?イザベラはレッドを追い詰めるためなんだろうけど、
トムを殺した事になっている男の母親に台本を送った目的は何なのかなあ。
レッドがトムに自分のことを母親に話したらダメだって言うのとつながってる話なのかしら?
いや、まあ、リズトムみちづれ親子旅シリーズが終わって、
それなりに面白くなってくれて嬉しい。これでトムの過去話はスピンオフの方で
描かれるんだとしたら(推測)スーパー!ドラマTVでも放送して欲しいなあ。
って、なかなか放送に追いつけないんですけど、こ14話の予告と公式サイトの
メーガン・ブーンのインタビューを読んで15話16話の展開がちょっとわかってしまった!
早く15話16話見ないと!
って、デンベェェーーー!!

関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

テレビ  海外ドラマ  ブラックリスト  

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.