09 2017

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」2D字幕版

20170409-02.jpg

今回のこのハリウッド実写化は1995年に公開された押井守監督の
アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」が元になっているんですけど、
私、アニメは好きなんですが、押井作品は、
食わず嫌いで観てなかったりしていて、
2004年に「イノセンス」(GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の続編)
を見てそのテーマ性に感銘を受け、手を返したように押井好きになりまして。

その後テレビで「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」も見たんですが、
適度に忘れてたりして(これがファンと断言できないところ)
今回はそれが幸いしたのか、 設定はだいたいわかってるけど、
細かいところは忘れてて、まあ緩~くは楽しめたって感じです。
きっと細かいところまで覚えていたら、ここはこうじゃないとか
うるさいこと言っちゃったかもしれません。
そういう意味では、ブレードランナー の舞台に
攻殻、ぶっ込む事には成功していたように思います。

ストーリーのアレンジも少佐の過去とか結構気に入りました。
今回は少佐メインに描かれているので、攻殻機動隊って言うよりは、
GHOST IN THE SHELLな内容になっているので、
興味があった少佐とバトーとの展開もかなり薄め。
荒巻さん(たけし)もカッコ良く描かれてるし、
出番も役の割りに出ているなあという印象なんですけど、
いかんせん公安9課の面々がちょっとしか出てないので
チームワーク云々でもないんですよねえ。

絵的には押井映像コピペ満載な割りになんとなくアクションに
キレがないというか、決まりきれない状態がずっと続くと言う感じで…
もっとアクションを撮るのが上手い人が撮っていれば、
もっとグッとくる映画になったと思うんですけど、なぜ「スノーホワイト」の
ルパート・サンダーズ監督が抜擢されたんでしょうかねえ。
「スノーホワイト」もそんなにイケてるとも思わなかったけどなあ。

少佐こと草薙素子役を白人のスカーレット・ヨハンセンが演じたことには、
あの展開(たぶん オウレイ博士は自分の娘を作りたかった と妄想!)だったら
OKだと思うんですけど、私のイメージとしては、少佐はもっとスレンダーな人に
演じて貰いたかったなあ。(スカヨハはブラック・ウィドウの時の方が魅力的!)
バトーさんはあまりにも出番が少ないので、なんとも言えず。
音楽も最初と最後に川井さんのテーマ曲を聴けたのは良かったかな。
クリント・マンセルの音楽もなんだか「ブレードランナー」を意識した
ヴァンゲリス風な曲=80年代風になっていて、その線狙ったのかって印象でした。
まあ全体的には悪くはないし、さらっとは見られるんですけど、
もうちょっとアクションにキレがあれば、もっと楽しめたのになあってことで
★★★☆☆ってところかなあ。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017)
GHOST IN THE SHELL
メディア 映画
上映時間 120分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東和ピクチャーズ)
初公開年月 2017/04/07
ジャンル SF/アクション
体は義体  脳だけが自分  世界最強の捜査官。
私を作った奴らに
私を止めることはできない

監督:ルパート・サンダーズ
製作:アヴィ・アラッド アリ・アラッド スティーヴン・ポール
マイケル・コスティガン
製作総指揮:ジェフリー・シルヴァー  藤村哲哉 野間省伸 石川光久
原作:士郎正宗
脚本:ジェイミー・モス ウィリアム・ウィーラー アーレン・クルーガー
撮影:ジェス・ホール
プロダクションデザイン:ヤン・ロールフス
衣装デザイン:カート・アンド・バート
編集:ニール・スミス ビリー・リッチ
音楽:クリント・マンセル  ローン・バルフェ

出演:スカーレット・ヨハンソン  少佐
ビートたけし 荒巻大輔
マイケル・カルメン・ピット クゼ
ピルー・アスベック バトー
チン・ハン トグサ
ジュリエット・ビノシュ オウレイ博士
ラザラス・ラトゥーリー
ダヌーシャ・サマル
泉原豊
タワンダ・マニーモ
ピーター・フェルディナンド
ピート・テオ
福島リラ
桃井かおり


関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

映画  映画館で観た映画  

2 Comments

onion  

吹替版で観ました

何で夜の回に吹替なんだ……とブツブツ言いながら観たんですが、声がオリジナルの声優さんだったんですね〜つまり大きいお友達向けということで……。
ただわたしには、マクノスケさんが感じた違和感が増幅されてしまったかもしれません。
少佐ってこんなにウェットだったかと……まあ、基本映画版しか見てないので押井版の少佐しか知らないだけかもしれませんが。
そしてアクションについても全面同意です!
なんか繋がりもタメもない、かっこよささえない……わたし「スノーホワイト」ダメだったよなあ、と改めて実感しちゃいました。

つか、根本的にテーマ違っちゃってませんか?(桃井かおりのあたりで冷めまくってしまいました)

2017/04/09 (Sun) 19:46 | EDIT | REPLY |   

マク→onionさん  

onionさんへ

いつものように大きな映画館に出張しようと思ったら字幕が夜しか
やってなくて字幕と吹き替えを交互にやっている地元で見ました。
あのキャストにアニメの吹き替えっていうのもどうかなあとは思うのですが、
明夫さんファンなので少し興味が…。いつかWOWOWでやったら見ようかな。

で、ウェットになってしまった理由をマクタロウとも考えたんですが、
やはりこれだけの会社が絡んでいると冒険出来ず(哲学的なことにふれずに)
わかりやすい復讐劇と自分探しにした方が入ると思ったんじゃないかなーと。
(そうしたにも関わらず入ってないのが悲しいけど…)
でもかと言って、押井風にしても余計入らないのではないかと思ってみたり。
そこが面白のになあとは思うんですけどねえ。

2017/04/09 (Sun) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.