12 2017

DVDで「エレクトリック・ドリーム」

20170212-04.jpg

マクタロウ、多少の肩の痛みはあるものの…家事を手伝ってくれたり
買い物に行ってくれたりして(徒歩)なんとか過ごしております。
午前中は入院の準備をやり、午後からマクタロウが購入したお気に入りの映画
「エレクトリック・ドリーム」のDVDを見ておりました。
この映画2008年のブログを読むと、当時マクタロウとLD(レーザーディスク)で
見たはずなんですが…(当時の感想は こちら )すっかり忘れていました!

たぶん、その時はこの映画の描写があまりにも進みすぎていて…
もしかしたらよくわかってなかったかも!
って、そのくらいPCモニター上にタッチして絵を描いたり、
家電を接続して自動でセットしたり、会社のPCと電話回線でつないで、
データをダウンロードしたりと、今見るとよくわかるという設定。
30年前(1984年公開)当時じゃ、見てもさっぱりわからなかったんだろうなあ。
主人公とヒロインと突然変異したパソコンとの三角関係がヒロインのチェロの
音楽と共に描かれるんですが、もう80年代ミュージックビデオ感バリバリで、
これがまた懐かしい上に良く出来てる-!
「愛とは奪うモノではなく与えるモノ」ってテーマも哲学的で胸キュンですよ!
主人公とヒロインを取り合ったパソコン、エドガーは
草薙素子のような存在となるのですが、これ時代を先取りしてますよねえ。
もうちょっと遅く映画化されていれば、もっとヒットしていたこと間違いなしですね。
作品データは以下に記載しました。

エレクトリック・ドリーム(1984)
ELECTRIC DREAMS
メディア 映画
上映時間 96分
製作国 イギリス/アメリカ
公開情報 劇場公開(MGM/UA=CIC)
初公開年月 1984/11/
ジャンル ファンタジー/ロマンス
監督:スティーヴ・バロン
製作:ラスティ・レモランデ ラリー・ドヴェイ
製作総指揮:リチャード・ブランソン
脚本:ラスティ・レモランデ
撮影:アレックス・トムソン
音楽:ジョルジオ・モロダー

出演:レニー・フォン・ドーレン マイルズ
ヴァージニア・マドセン マデリーン
マックスウェル・コールフィールド ビル
バッド・コート “エドガー”
メアリー・ドーラン
ミリアム・マーゴリーズ
クー・スターク
【解説】
 思考と感情を持ったパソコンが巻き起こす騒動を軸に、さえない青年と美人チェリストの恋をさわやかに描いたロマンティック・ファンタジー。ヴァージン・レコードが設立したヴァージン・ピクチャーズの第一回作品で、マイケル・ジャクソンのビデオクリップ等で知られるS・バロンが演出した。音楽と映像のコンビネーションで見せる作品だが、“恋するパソコン”を始めキャラクターの情緒面がきちんと処理されており、MTV感覚の映画としては断然、上の部に入る。
allcinema


関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

映画  

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.