13 2016

「ローグ・ワン」追加撮影は規定路線 米誌がネガティブな噂を一蹴



「ローグ・ワン」追加撮影は規定路線 米誌がネガティブな噂を一蹴

[映画.com ニュース] http://eiga.com/news/20160613/6/
2016年6月13日 12:00
「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の追加撮影が行われることが発表されて以降、作品の仕上がりが芳しくないのではないか、ウォルト・ディズニーが内容を強引に変えようとしているのではないかといったネガティブな噂が広がっているが、エンターテインメント・ウィークリー誌がこれらすべてを否定的に報じている。

同誌がルーカスフィルムに確認を取ったところ、追加撮影自体はクランクイン前から予定に組み込まれていたという。近年の大作映画では珍しいことではなく、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」も、昨夏に追加で撮影を敢行していた。

ただし「ローグ・ワン」は、春に追加撮影を予定していたものの、ギャレス・エドワーズ監督やクリエイティブチームが修正すべき箇所を見極めるために時間がかかったため、夏にずれ込んだ模様。修正箇所は、「ストーリーをより分かりやすくしたり、キャラクターの成長を描くためのもので、すでに撮影したシーンのなかにインサートされることになる」。

なお、追加撮影分の脚本は「フィクサー」のトニー・ギルロイ監督が執筆。ギルロイ監督は、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長の夫フランク・マーシャルがプロデュースする「ボーン・レガシー」を手掛けたほか、エドワーズ監督の「GODZILLA」の追加撮影でもノークレジットで同様の手助けをした経験があるという。ギルロイは、脚本執筆だけでなく第2班監督も手掛けることになる。

また、ディズニーの幹部たちが「ローグ・ワン」の内容に口出しをしているという噂も根拠はないようだ。ルーカスフィルムによれば、同社関係者以外で「ローグ・ワン」の試写を見たのはウォルト・ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者、ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長の2人だけ。ともに、製作サイドには自由を与えているという。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、12月16日に公開。
(映画.com速報)


先週の金曜日(6/10)脚本の見直しや映画の実に半分のパートを再撮影、
はたまた新しい監督や脚本の書き直しも進行中など、グダグダ状態だ
と言うニュースが伝えられた「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」。
今度はそれを否定するニュースが報じられました。

なんだ~踊らされていただけなのか。
いったいどういう経緯でそんな噂が立ったんだ~と謎は残りますが、
まあ、トニー・ギレロイ監督が参加することで作品の質が上がってくれるのは
大いに賛成ですので、その分、面白い作品になってくれることを願っています。


関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

スター・ウォーズ  映画  

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.