20 2016

映画「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」

20160220-04.jpg

見に行く前に一応ビクトリア時代が舞台だと知っておりましたので…
単独の特別版かなあと思っていたら…大間違いでした。
とりあえずシーズン4の導入かつこれまでのシリーズのオマージュなので、
これまで放送された9話見てないと、ちょっと話がわからないですよね。
でも、自殺した花嫁が甦って復讐を繰り返していくという事件を軸に
あれやこれやそれを合わせ技でまとめていて、相変わらず脚本が上手い。

モリアーティーもねえ。
シーズン3のラストで、もしかして生きてるのか?って形で終わってましたけど、
なるほど、そう来たかってなもんで、今後も、もしかしたら、
ホームズの迷宮のトラウマとして登場するのもありか~とも思ってみたり。
今回の原作ねたは、すっかり忘れていた「オレンジの種5つ」で…
調べてみたらKKK絡みの話だったんですねえ。(な・る・ほ・ど!)
この話全体が、シャーロックの女嫌いのねたでもあり、シャーロックとジョン、
シャーロックとモリアーティーとの会話に多少の萌えを醸し出しているところも、
腐女子心がそそられてグーなんだなあ。(笑)
ってモリーがおいしい役で出ていたのも嬉しかったですねえ。
あとは気のせいかもしれないんですけど…
オープニング曲が終わってすぐにベイカーストリートが映るシーンって
アングルや心なしか曲もジェレミー・ブレッドの「シャーロック・ホームズ」
オマージュじゃありませんでした?(勘違いかなあ?)
いろいろ書きたいこともあるんですが、ねたばれになってしまうので
これ以上は控えますが…

あとは上映形態ですかね。
これ、イギリスでは元日の夜にテレビ放映されたものを、
海外では映画館で上映しているわけなんですけど…
映画館では最初にプロデューサーであるモファットさんが
ホームズの部屋や本作のヒントとなるドアのステンドグラスを紹介し本編を上映。
終わるとメイキングとしてキャストインタビュー(たぶんBBCの番組)が流れると言う
異例の上映形態。ハドソン夫人役のユーナ・スタッブスがバッチさんのことを
ベンジーって呼んでたのが良かったー♡
1週目の入場特典のポストカードも貰ってホクホクしながら帰ってきました。
4週目のミニカレンダーも欲しいけどねえ。(笑)
あ!あとパンフレットは作ってないそうです!!
なんで作ってくれないかなあぁーー!


20160220-06.jpg

入場特典1週目のポストカード、貰いました-!!


SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2015)
SHERLOCK: THE ABOMINABLE BRIDE
メディア 映画
上映時間 90分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2016/02/19
ジャンル ミステリー/ドラマ
映倫 G
監督:ダグラス・マッキノン
製作:スー・ヴァーチュー
製作総指揮:スティーヴン・モファット マーク・ゲイティス
ベリル・ヴァーチュー ベサン・ジョーンズ レベッカ・イートン
脚本:マーク・ゲイティス スティーヴン・モファット
撮影:スージー・ラヴェル
プロダクションデザイン:アルウェル・ウィン・ジョーンズ
衣装デザイン: セーラ・アーサー
編集:アンドリュー・マクレランド
音楽:デヴィッド・アーノルド
マイケル・プライス

出演:ベネディクト・カンバーバッチ シャーロック・ホームズ
マーティン・フリーマン ジョン・ワトソン
ユーナ・スタッブス ハドソン夫人
ルパート・グレイヴス レストレード警部
マーク・ゲイティス マイクロフト・ホームズ
ルイーズ・ブレーリー モリー・フーバー
アマンダ・アビントン メアリー・ワトソン
ジョナサン・アリス
デヴィッド・ネリスト
キャサリン・マコーマック
ティム・マキナニー
ナターシャ・オキーフ
ティム・バーロウ
ジェラルド・カイド
アンドリュー・スコット


関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

映画  SHERLOCK/シャーロック  ベネディクト・カンバーバッチ  映画館で観た映画  

6 Comments

ジャムリ  

メイキングみたかったなー

本編はインターネットで放送日に観たので、ぜんぜん映画館に行く気にもなってなかったんですが、
そんなサービス部分があったんですねえ。
それならやっぱりファンはテレビと映画館と両方押さえたくなりますよね!
そのうちどこかでメイキングを観られることに期待します(笑)。

2016/02/20 (Sat) 22:47 | EDIT | REPLY |   

マク→ジャムリさん  

ジャムリさんへ

おー!!やはり早いですねえ~!!
私は字幕でさえも見るのがやっとだったので英語で見れたとしても
全然わからなかっただろうなあと思います。

今回、最後のインタビューも良かったんですが、
冒頭のモファットさんの解説がかなり参考になって、
鹿の剥製やらなんやらセットが映るたびに、ニヤリとさせて貰えて良かったです。
出ないと、気にすることなく通り過ぎちゃうところでした。
たぶんソフト化される時には入るんでしょうけど、
その前に動画サイトに上がるかもしれませんね!

2016/02/21 (Sun) 19:42 | EDIT | REPLY |   

onion  

わたしも見ました!

いや〜本国版のDVDを買ってみていたんですが、なにせ英語に不自由なもので、ちょっと遠征してきました。
やっぱセリフの機微はほとんどわかってなくて、しかも字幕に集中していたせいか、細かい部分(冒頭のモファットさん解説の鹿とか)やキャラクターの微妙な表情はほとんど初見で、全く別物に見えました。

あと大画面はやっぱいいですね〜ドラマのクオリティじゃないくらい、緻密でした。
見に行って良かった……でも毎週だなんて、無理〜〜!
あとはソフトで反芻することにします。

2016/02/22 (Mon) 21:43 | EDIT | REPLY |   

マク→onionさん  

onionさんへ

onionさん、DVDで見たりサイトでだいたいのあらすじわかってるから
今回字幕で見たら完璧だったでしょうね~!!
もう、セルフが早いから字幕がコロコロ切り替わって用語も多いし…
ついていくのが精一杯でした。
多少前の作品も忘れているところもあったのもいけなかったかなあ。

大画面良かったですよねえ。
ただ私が見た近所のシネコン、画面が暗くて…
指先の血痕とかなんとかわかる程度で…もっと明るい映画館で見たかった!
…って、私も毎週は無理なので、特典は諦めてソフトを待ちたいと思います。

2016/02/23 (Tue) 10:06 | EDIT | REPLY |   

にいな  

超遅れたコメントですみません!私もやっと見ました!

モリーがおいしい役でしたね。カッコ良かったです。
安置所の例の奴はもしかして、と思ったらアンダーソンだったし。
あと最近、マクノスケさんとヤングシャーロックの話題をしたばかりだったので、廃教会でアヤシイ儀式が始まる?というところでは、ヤングシャーロックが過ぎりました(笑)
シーズンを繋ぐお話で、本当に脚本が上手く出来てるなあと感心しました。
早くソフトが出るといいですよね!

2016/03/16 (Wed) 22:10 | EDIT | REPLY |   

マク→にいなさん  

にいなさんへ

にいなさん、見て来たんですね~!
見れて本当に良かったです!!
こちらこそコメントありがとうございます。
どの記事でもコメントは嬉しいのでお気軽にコメント下さいね。

モリーもアンダーソンくんも配置が素晴らしかったですよね。
ヤングシャーロック…おおまかな事しか憶えてなくて、あらすじのサイトを
読んで改めて、宗教絡みの儀式とかあったんだなあと!
当時は原作との関連はあまり気にしてなかったんですけど、宗教や毒矢
かつて4人の仲間がいたなどヤング・ジャーロックって
「四つの署名」を下敷きにしてたんですね。

しかしシャローロックの幻覚でシリーズをまたぐとは本当に良く出来たお話で
やっぱりスタッフの脚本に掛ける情熱は半端ないと思いました。
ソフトが出たら即予約ですね!(笑)

2016/03/17 (Thu) 11:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.