04 2016

ブラックリストS3 #2

blacklist-s3.jpg


第2話「マーヴィン・ジェラード」
Marvin Gerard (No. 80) / [ シーズン通算 #46]

ロシア大使館に逃げ込んだリズは、ロシアのスパイを束ねるラスコヴィチに、ロシアと自分にテロの罪がかけられようとしていることを説明する。ラスコヴィチはリズの話を信じなかったが、ロシアの暗殺者「カラクルト」の話でやっと信用する。リズはラスコヴィチの上司から詳しい話を聞きたいと、モスクワへ移送すると言われてしまい……。

ゲスト:フィッシャー・スティーヴンス『ショート・サーキット』「LOST」、
エディ・ガテギ『トワイライト』『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』
脚本:ダニエル・ナウフ、ブランドン・ソニア、ブランドン・マーゴリス
監督:アンドリュー・マッカーシー『プリティ・イン・ピンク』
スーパードラマTV より引用)


2/2 24時スーパードラマTVで放映の字幕版を録画して昨日見ました。
ロシア大使館に逃げ込んだリズがどうやってこの危機を
乗り越えるのかが見物だったと思うんですが、
ロシアの大使館にも結社につながっている人がいて、
モスクワ移送させられそうになっちゃって、それは亡命と見なされるから
本意じゃないというのを無理矢理車で連れ出されて、どうなちゃうんだ~と
思ったら、リズを追っていたレスラーにレッドから電話が入り「助けてやって」って!
で、もって、車でアタックして自分も撃たれそうになるんだけど、
逆にリズに助けて貰って、全て終わって車に駆け寄ったらリズ一目散に逃げてたよ-。(笑)
…って、ここで追いかけないところが実はリズ大好きのレスラーだったりする~?
たぶん、あれは追いつけた距離だったと思うし-。

それにしても、なんだかんだでリズと落ち合ったレッドが、
最初からなにかと事情ありの弁護士マーヴィン・ジェラードを
あとになって必要になるからと刑務所から、人質籠城作戦で、
脱出させたのには、どんだけ余裕があるんだーって思いましたヨ!
だって自分たちも追われているわけだしねえ。
その間もいつもの昔語りしてるのがレッドらしくて良かった。
( 好きだよねえ。昔語り )

しかし、クーパー局長は降格させられて、情報センターへ移動してましたけど…
あ~いう事件で降格した人が情報を扱う部署に異動ってありなんか??(笑)
そしてデンベ!前回打たれた注射が…
なんか人格変えちゃうくらいすんごい注射か?と思ったら、
そうでもなかったみたいで…
でも今回はビリヤードの玉(?)入り靴下でガンガン殴られた日にゃ、
普通だったら死んでもおかしくないけど、デンベだったら、たぶん生きてるネ!!
最後、デンベ廊下からレスラー廊下へ巧みにシーンが切り替わり…
レスラーを呼び止める声の主…
トム、キタ ―――――――― っ!
いや~、トムが出ると俄然面白くなってきますなあ~。
次回の展開が楽しみです。
デンベもどうか助かっていて欲しい!!



若かりし頃の レッド …スペイダー!



関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

テレビ  海外ドラマ  ブラックリスト  

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.