映画

映画「ジュラシック・ワールド」2D字幕版

2 0
20150809-03.jpg

ねたばれ注意です。映画を見た人が読むのをお薦めします。

マクタロウと映画「ジュラシック・ワールド」2D字幕版を見て来ました。
予告くらいで全く情報を入れないで行ったので…
まずジュラシック・ワールドがある場所に驚きました!
あれから20数年!あんな事故があったのにそう~なわけ~?
…と思い始めたら、もうなんだか、ハイブリッド新種の恐竜“インドミナス・レックス”が
教えられてもいないのにあんな細工をして檻を出られたりとか、
草食とは言え恐竜のすぐ横をボートで見学したりとか…
小さい恐竜に子供が乗れちゃったりとか…
いいのか?そんな動物園みたいな描き方で?…とかなっちゃいまして、
ブライス(クレア)のつっぱしりキャラにも前半全く共感出来ず
兄弟の兄ちゃんが、恐竜に追われて、昔のパークに潜り込み、にっちもさっちもいかなくなって
当時の車を発見したら…92年製のおじいちゃんの車を治したことある!と来た日にゃ
そんな都合の良いことばかりでいいんかい!と…。
( 1作目のラストで落ちた横断幕とか、まだまだあんなに残っていたおみやげとか
 その部分はワクワクはしたんですけどねえ。)

…と言うか、私も観る前から、そんなに期待していたわけじゃないんですよ。
まあそこそこ楽しめればいいかなあって思っていたんです。
現に「ロスト・ワールド」はノレませんでしたが、「3」は結構ツボで
DVD-BOXを買った時は「3」から見ちゃった程。
まあねえ。今回は、後半も後半のブライスの驚異の活躍(!)にも
なんだかなあと思いつつも、その後のTレックスとハイブリットの対決と
それに加勢するラプトルのブルーの三つ巴って図式には…
なんだか恐竜映画ってよりは怪獣映画を見ているようなノリで楽しめはしましたけどね。
続きはウー博士が持ち出した胚(はい)で恐竜が都市で大暴れみたいな展開?
それって「ロスト・ワールド」じゃあ?
スタッフはリアル「ゴジラ」目指してるのかなあ?

主役のクリス・プラットはひょうきんキャラを封印されてちょっと本来の面白みに欠ける印象。
でもこういう2枚目役もいいんじゃないかと。やっぱインディ、やって欲しい!
ブライスはきれい過ぎてお茶目になりきれてなかったような印象。
兄弟の弟役のタイ・シンプキンスくんは「アイアンマン3」で
社長さんを励ます少年役でも出ていたのに気づきませんでした!
彼は可愛いですねえ~。
監督の前作「彼女はパートタイムトラベラー」でダメ男を演じていた
ジェイク・ジョンソンがジュラシック・パークのTシャツを着たオペレーターの役で
出てましたがこれも気がつかなかった! 他にも監督やブラッド・バード監督の
名前もありましたが、どの役だったんでしょうねえ。

ジュラシック・ワールド(2015)
JURASSIC WORLD
メディア 映画
上映時間 125分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2015/08/05
ジャンル SF/アクション/アドベンチャー
映倫 G
監督:コリン・トレヴォロウ
製作:フランク・マーシャル パトリック・クローリー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ トーマス・タル
キャラクター創造:マイケル・クライトン
原案:リック・ジャッファ アマンダ・シルヴァー
脚本:リック・ジャッファ アマンダ・シルヴァー デレク・コノリー コリン・トレヴォロウ
撮影:ジョン・シュワルツマン
プロダクションデザイン:エド・ヴァリュー
衣装デザイン:ダニエル・オーランディ
編集:ケヴィン・スティット
音楽:マイケル・ジアッキノ
テーマ曲: ジョン・ウィリアムズ

出演:
クリス・プラット ~オーウェン
ブライス・ダラス・ハワード ~クレア
ヴィンセント・ドノフリオ ~ホスキンス
タイ・シンプキンス ~グレイ
ニック・ロビンソン ~ザック
オマール・シー ~バリー
B・D・ウォン ~ウー博士
イルファン・カーン   ~マスラニ


 今日の調子

おとといくらいから朝晩やっていた座薬を朝だけにしています。
ちょっと身体が重く感じるけど痛みは出てない模様。
調子が悪い日は夕方も使おうと思っています。

 今日の更新

  のほほん本舗   今朝の空、マクタロウのお弁当、スター・ウォーズ日めくりの画像を追加
  日刊のほほん本舗   今朝の空、お弁当、スター・ウォーズ日めくりのまとめブログ

 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

ジャムリ

>そんな都合の良いことばかりでいいんかい!と…。
>なんだか恐竜映画ってよりは怪獣映画を見ているようなノリで楽しめはしましたけどね。
>クリス・プラットはひょうきんキャラを封印されてちょっと本来の面白みに欠ける印象。
いやー、もう全く同じ感想でした。
ラストでは「ほー、これはもう怪獣映画だねー。ハリウッド版ゴジラ的なー?」とかものすごく冷静に眺めてしまいました。
あと「この2人は普通の生活になったらうまくいかないんじゃないの?」とか。
そういえばクレアの「驚異の活躍」ではジェフ・ゴールドブラムを思い出しましたね〜。
でも、最終的には、『ジュラシック・パーク』をリアルタイムで見た世代としてはやっぱり見ておかなくちゃね、と別に不満も感じず映画館を後にしたのでした。

マク→ジャムリさん

ジャムリさんへ

そうなんですよねえ。恐竜ってより怪獣?みたいな…。(笑)
でもシリーズを続けて行く以上は今後もどんどんエキサイトして行って
怪獣化しちゃうのは仕方ないかもしれませんね。
ゴールドブラム=クレア!そう言えばそうですよね。
何となく映画全体が1=恐竜パーク、2=ハンティング、3=巨大恐竜と
3作のオマージュになっているような感じで見てました。
あの2人も、もう少しキャラが立てば会話も面白くなって来て、
そこも見どころに変わる可能性大ですね!
私も「ロスト・ワールド」ほどはダメダメ感はなかったかな。
( 後半のサンディエゴのシーンはさすがと言うか、
結局それがやりたかったんだよね…ってのが見え見えなのがいいんですけど)
今回は、ちょっと調子が良すぎるところもありましたが、
全体的にはまあまあって感じでしたかねえ。