14 2015

DVDで「日本のいちばん長い日」(1967)

20150714-05.jpg

マクタロウが、8/8公開の「日本のいちばん長い日」の予習したいとのことで
レンタルした旧作の「日本のいちばん長い日」(1967)のDVDを7/12日曜日の
夜に見ました。

昭和20年(1945)の14日深夜から15日にかけて、降伏に反対する一部の陸軍将校が
皇居を一時占拠したクーデター未遂事件の顛末と終戦という戦争の幕引きに翻弄する
内閣に加え、厚木基地、横浜警備隊などのエピソードを挿入した実録戦争ドラマ。

そもそも終戦反対派の陸軍将校によるクーデター
(玉音放送を録音したレコードを奪取するため宮城(皇居)を占拠した事件)
を知らなかった時点で私、日本人失格だな…と痛感。
なんで学校はそういうこと教えてくれないのかなあ。
まあ一重に勉強不足の私が悪いわけなのですが、
それはともかく、冒頭から原爆のシーンや空襲で亡くなった方のシーンに続き
ポツダム宣言のところに辿り着くまでにちょっと掛かります。
そこまでがちょっとかったるいと言えばかったるいのですが、
それ以降の骨太でスリリングな展開はその理不尽さと相まって見応え充分。

ポツダム宣言を受託せず、散っていった人たちの為に本土決戦まで持ち込んで
更に良い条件で降伏をと主張する阿南陸軍大臣に三船敏郎。
自決する最後の最後まで男でした。
クーデターの首謀者のひとり畑中少佐(黒沢年男)と椎崎中佐(中丸忠雄)は
まさに適役。彼等の森師団長殺害シーンはこの映画のひとつのクライマックスで、
残忍で冷酷な行いに映画にもかかわらず、真の恐怖を覚えました。
このふたりは狂気にかられた軍人として映画の中では描かれるのですが、
首謀者でありながら、途中から事態の重大さを考えふたりとは異を唱えることとなった
井田中佐の心の変化を繊細な演技で魅せる高橋悦史の達者な演技に感銘しました。

真面目にやっているんだけど、どうみてもコメディにしか見えない横浜警備隊長、
佐々木大尉の天本英世さんの怒鳴り散らし演技もほどよいクッションになっていて良かった。
それを言うと最後まで血気盛んだった厚木基地司令官の小薗大佐(田崎潤)が
最後の最後にマラリアにかかって指揮できなくなってしまうのもちょっと可笑しかったかな。
リメイク版はこの映画では顔を見せることがなかった陛下の役をモッくん(本木雅弘)が
演じているのでだいぶアプローチが違っているのではと思っています。
どのように変わっているか楽しみに見に行こうと思います。

参考サイト
半藤一利さん「日本のいちばん長い日」 歴史の「ウソ」常識で判断
ウィキペディア:宮城事件
ウィキペディア:阿南 惟幾(あなみ これちか)
ウィキペディア:日本のいちばん長い日
第172回 シリーズ2『終戦と放送』【4】~【6】

以下にスタッフ、キャストの詳細を記載。


日本のいちばん長い日(1967)
メディア 映画
上映時間 157分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 1967/08/03
ジャンル 戦争/ドラマ

監督:岡本喜八
製作:藤本真澄 田中友幸
原作:大宅壮一 「日本のいちばん長い日」
(売上の都合で著名ジャーナリストの大宅壮一の名を借り出版。
 平成7年の「決定版」から、本来の著者である半藤一利さんの名で刊行された。)
脚本:橋本忍
撮影:村井博
美術:阿久根厳
編集:黒岩義民
音楽:佐藤勝
監督助手: 渡辺邦彦 山本迪夫
ナレーション:仲代達矢

出演:宮口精二 東郷外相
戸浦六宏 松本外務次官
笠智衆 鈴木総理
山村聡 米内海相
三船敏郎 阿南陸相
小杉義男 岡田厚相
志村喬 下村情報局総裁
高橋悦史 井田中佐(陸軍省軍務課員)
井上孝雄 竹下中佐(陸軍省軍務課員)
中丸忠雄 椎崎中佐(陸軍省軍事課員)
黒沢年男 畑中少佐(陸軍省軍事課員)
吉頂寺晃 梅津参謀総長
山田晴生 豊田軍令部総長
香川良介 石黒農相
明石潮 平沼枢密院議長
玉川伊佐男 荒尾大佐(陸軍省軍事課長)
二本柳寛 大西軍令部次長
武内亨 小林海軍軍医
加藤武 迫水書記官長
川辺久造 木原通雄(内閣嘱託)
江原達怡 川本秘書官(情報局総裁秘書)
三井弘次 老政治部記者
土屋嘉男 不破参謀(東部軍参謀)
島田正吾 森近衛師団長
森野五郎 大橋会長(NHK)
加東大介 矢部国内局長(NHK)
石田茂樹 荒川技術局長(NHK)
田崎潤 小薗大佐(厚木基地司令官)
平田昭彦 菅原中佐(厚木基地副司令官)
中村伸郎 木戸内大臣
竜岡晋 石渡宮内相
北竜二 蓮沼侍従武官長
野村明司 中村中将(侍従武官)
藤木悠 清家中佐(侍従武官)
北村和夫 内閣官房佐藤総務課長
村上冬樹 松阪法相
北沢彪 広瀬蔵相
岩谷壮 杉山元帥(第一総軍司令官)
今福正雄 畑元帥(第二総軍司令官)
天本英世 佐々木大尉(横浜警備隊長)
神山繁 加藤総務局長(宮内省)
浜村純 筧庶務課長(宮内省)
小瀬格 若松陸軍次官
佐藤允 古賀少佐(近衛師団参謀)
久保明 石原少佐(近衛師団参謀)
草川直也 長友技師(NHK)
石山健二郎 田中大将(東部軍司令官)
滝恵一 塚本少佐(東部軍副官)
藤田進 芳賀大佐(近衛師団歩兵第二連隊長)
田中浩 小林少佐(陸相副官)
佐田豊 佐野恵作(宮内省総務課員)
上田忠好 佐野小門太(内閣理事官)
勝部演之 白石中佐(第二総軍参謀)
伊藤雄之助 野中俊雄大佐(児玉基地飛行団長)
青野平義 藤田侍従長
児玉清 戸田侍従
浜田寅彦 三井侍従
袋正 入江侍従
小林桂樹 徳川侍従
中谷一郎 黒田大尉(航空士官学校)
若宮忠三郎 水谷大佐(近衛師団参謀長)
山本廉 伍長(宮城衛兵司令所)
森幹太 高嶋少将(東部軍参謀長)
伊吹徹 板垣中将(東部軍参謀)
久野征四郎 大隊長(叛乱軍)
小川安三 巡査(首相官邸)
田島義文 渡辺大佐(近衛師団第一連隊長)
加山雄三 館野守男(NHK)
新珠三千代 原百合子
宮部昭夫 稲留大佐(東部軍参謀)
関口銀三 岡部侍従
関田裕 神野少佐(東部軍参謀)
井川比佐志 憲兵中尉
須田準之助 高橋武治(NHK報道部長)
高田稔 海軍軍務局長
堺左千夫 厚木基地飛行整備科長
小泉博 和田信賢(NHK)
大友伸 陸軍軍務局長
松本幸四郎 今上天皇


関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

映画  

4 Comments

soy  

映画も歴史も知らないことがいっぱいのわたしですが
凄みのあるDVDのパッケージに「おぉー!」ってなりました
旦那さんが映画が好きで、こちらのブログをよく見ているそうです
ねこあつめも「こんなのあったよ」と、わたしより先に見ているようで
コメントはありませんが 二人で楽しみにしています。

2015/07/14 (Tue) 15:27 | EDIT | REPLY |   

さくら  

こんにちは♪
私もこの映画は見てみたいと思っています。
(新しい方ね!)
ただ、映画館でじーっと見ていて大丈夫か?と心配です。
DVDが出てから借りてきた方が無難かな~?なんて思っています。

日本が降伏するまで、本当に大変だったと思います。
いろいろなドラマがあったんだろうなって思います。
やはり日本人として知っていなくてはいけないことじゃないだろうか・・・と。
新作を見た感想、楽しみにしています!!

2015/07/14 (Tue) 15:58 | EDIT | REPLY |   

マク→soyさん  

soyさんへ

いや~これは思っていた以上に凄いシーン連続で…
昔の映画の方が容赦ないなって感じでした。当時を知る上でも貴重な1本でした。
…って旦那さまが、ウチのブログを見てくれているんですか!
キャー照れちゃうなあ。ろくな事書いてなくて本当にすみませんが
宜しくお願いします…とお伝え下さい。

ねこあつめもタラタラやっていて、なかなかたからものが揃わなくて…
なんだかしょげモードになってきています。
まあ、まったり行きますか。

2015/07/14 (Tue) 18:27 | EDIT | REPLY |   

マク→さくらさん  

さくらさんへ

おー!さくらさんも新しい方の映画にご興味があるんですね!
上映時間がちょっとわからないんですが、2時間くらいはありそうですよね。
音楽をマッサンの富貴晴美さんがやるのも楽しみです。
畑中少佐 を演じる松坂桃李くんの演技も楽しみですね。
あ、でもあまり無理しない方がいいかも!
体調が良かったらってことで。

私もこんなにも終戦までに大変な道のりが合ったことを知り、その背後にも
こんなドラマがあったことを思うと戦争というものについていろいろ考えさせられました。
また感想を書きますので良かったら見てやって下さいね。

2015/07/14 (Tue) 18:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.