05 2015

放送開始!ナイトメア血塗られた秘密

20150305-03s.jpg

昨年の5月に 米ドラマ「Penny Dreadful」が見たい!という
タイトルで記事を書いたんですが、なんと!
それがWOWOWで放送されることになりました!
邦題は「ナイトメア~血塗られた秘密~」
(原題の「大衆小説」「娯楽小説」という意味からするとだいぶベタな邦題!(笑))

気がついたのは2月だったんですが、
ちょうど「ブラックリスト」にハマり掛けた頃で書くのを忘れてまして…
初回はいつだったかな~とWOWOWを見たら
今週の土曜日の3/7深夜0:00放送でした。
ただしこれは吹き替えでして字幕の放送は3/11(水)23:00のようです。
「ドクター・フー」でローズ役を演じたビリー・パイパーも
8エピソードに出るようなので楽しみです。
スタートレックなどの評論など書いている岸川靖さんのエッセイを読むと作品のあらましが
よくわかりますのでお薦めです-。→ BSコラム米国ドラマミッドシーズンの気になる作品
続きを読むに作品の解説をWOWOWから引用して載せました。

 ねこあつめ14日目

20150305-04.jpg

猫缶、サッカーボール、高級クッションを購入。
1時間に1回くらいの割合で見ると効率が良いような気がします。
猫缶は…なにか来るかと思ったけど結局わからず仕舞い。見逃しちゃったのかも。

 今日のメモ

小説「模倣犯」を読み終わりました。
やっぱりこれは真っ当な人間が悪に翻弄され妥協しながらも
到達した苦難の道筋を描いた作品であって…
決して犯人の悪事を暴いていく…という類の作品ではなかった。
12年前の読みは甘かったな。映画もテレビで最後の方だけ見たけど
宮部さんが怒ったのもわかる気がするなあ。
こうなったら続編の「楽園」も読まなくちゃダメだなあ。

 今日の更新

マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ


「ナイトメア~血塗られた秘密~」とは?
WOWOW解説より引用
19世紀末のロンドンが舞台のゴシックホラー。ジョシュ・ハートネット、ティモシー・ダルトン、エヴァ・グリーンら豪華キャストが共演する話題のドラマ。

 ヴァンパイアと戦うヴァン・ヘルシング、人造人間を生み出したフランケンシュタイン博士、文豪オスカー・ワイルドが生んだ美青年・ドリアン・グレイなど、歴代の名作小説から生まれたキャラクターが、もしも一堂に会したら……。大胆不敵な構想のもと、19世紀末のロンドンを舞台に壮大なスケールで展開する本格ファンタスティックホラーを日本初放送。
 ハリウッドから退いていたが、本作で本格復帰し主演を務めるのは『パール・ハーバー』のJ・ハートネット、4代目ジェームズ・ボンドのT・ダルトン、『007/カジノ・ロワイヤル』『シン・シティ 復讐の女神』のE・グリーンなど映画界の豪華キャストが集結。『グラディエーター』『ラスト サムライ』『007 スカイフォール』の名脚本家ジョン・ローガンが企画・製作総指揮を担当している。また、さまざまなキャラクターを作り上げるために施された精巧な特殊メイクや衣装、英国で本格的なロケが敢行された美しい映像も必見だ。

<ストーリー>
 1891年、ヴィクトリア朝時代の英国ロンドンでは、怪現象が相次いでいた。米国から英国に渡ったガンマン・チャンドラー(J・ハートネット)は、ある日ミステリアスな美女ヴァネッサ(E・グリーン)から“夜の仕事”を依頼される。彼女と共に、マルコム卿(T・ダルトン)の失踪した娘を救うため、ヴァンパイアの巣窟に乗り込むが、謎は深まる一方だった。
 協力を求めてフランケンシュタイン博士に協力を仰ぐが、彼は人造人間を生み出すという欲望にとりつかれていた……。



関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

テレビ  海外ドラマ    

2 Comments

ゆうみ  

拡張すると

おこたまでおけるのね。
にゃんこで溢れてるの いいなぁ

2015/03/05 (Thu) 23:04 | EDIT | REPLY |   

マク→う~さん  

う~さんへ

こたつは4匹くらい来てくれるから置き甲斐があるよ-!
にゃんこなかなか可愛いよ~。

2015/03/06 (Fri) 11:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.