テレビ

ブラックリスト #19 #20

0 0
20150216-07.jpg

第19話「パヴロヴィッチ兄弟」
中国の刑務所からCIAが極秘に女性科学者をワシントンに逃す作戦を決行。
だがまたしても、第1話で国防総省司令官の娘の誘拐を企てたパヴロヴィッチ兄弟に
彼女は奪われてしまう。レッドはリズに兄弟の情報を渡し捜査に協力したようにみせ
実は兄弟にトムを誘拐させる作戦に出た。リズに正体がバレ姿を消したトムだったが
兄弟によって家に連れ戻され、いよいよリズとの直接対決が始まる。

冒頭、1話の娘誘拐の一味のシーンとレッドを拷問した時に現れたおじさんとの会話の
シーンが入ったのでなにかと思ったら、両方とも今回の話に関連してのか~。
レッドもパヴロヴィッチ兄弟に科学者誘拐を見逃す代わりにトム誘拐を引き受けさせ、
その裏でFBIに兄弟を逮捕させるよう仕向けるとは、相変わらずの読みの深いねえ。
しかし今回はリズとトムとの直接対決が一番の見どころ。
この時を待ってたんだよ~と思ったら…
トムの依頼主を吐かせるために親指折ったのが、最大の失敗だったね。リズ。(笑)
レスラー応援隊としては、あまり出番がないのは残念だけど、
リズのことを気に掛けているシーンなどさり気なく挿入されているところがグッド。


第19話「キングメイカー」
レッドの協力者だったプラハの議員を嵌めて失墜させた犯人
キングメイカーがアメリカに潜入。レッドはリズに情報を提供して協力させる。
キングメイカーはアメリカにいる顧客の依頼で自動車事故を偽装。
一方、リズはトムが残した写真からレッドが父を殺した事実まで辿り尽き
レッドに絶縁状を叩きつける。信じていたふたりに裏切られ
行き場を失ったリズはレスラーの部屋を訪ねる。

有名人の人生を犯罪でメイクするその名もキングメイカー。
演じてるのはライナス・ローチ。ノーラン版バットマンでブルースのお父さん演じてた人
=すぐ死んじゃうからイマイチ顔が思いだせず…。
なんとなくチャーリー(ハナム)にも似ているように感じたのは私だけかな。
まあ、キングメイカーの事件よりやっぱり本筋が気になりますね。
フィッチ(拷問の時のおじさん)が所属してる組織の正体とか。
レッドと共存共栄していた理由とか。(今回解消されちゃいましたけど)
プラハの事件の依頼人ってのがトムの雇い主ってことになるのかな。
いや~しかし最後のシーンねえ。
レスラーの彼女が死んだのも全部このシーンのための布石だったってこと?
傷ついた者同士心分かち合うみたいな?
期待はしてましたけど…なにかそういう関係にはなってないような気がする。
明日のシーズン1の最終回を楽しみに待ちたいと思います。



 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.