映画

映画「100歳の華麗なる冒険」

0 0
20150201-03.jpg

2/1に見た映画の感想です。

マクタロウが「これはおもしろそう!」と言うので見てきました。
スウェーデンの映画「100歳の華麗なる冒険」
100歳のおじいちゃんが可愛がっていた猫を狐にやられ報復に爆弾をつけた
餌を仕掛けて狐を爆破!そんなこんなでホームに入ったおじいちゃんは
やがて100歳を迎え、誕生日パーティーの準備が進む中、窓から脱走!
おじいちゃんの爆破に取り憑かれた過去100年とおじいちゃんの珍道中が
交互に描かれ爆笑に次ぐ爆笑の展開を繰り広げていきます。

おじいちゃんが過去を振り返るシーンでは、歴史の有名人物と次々と出会い
言ってみれば「フォレスト・ガンプ」のようなんですけど、おじいちゃんはただそこに
居るってだけでコレと言って何もしてないのに…周りが彼の登場でどんどんと
歴史を刻んでいってしまうのがミソ。「人生なるようにしかならない」と脳天気に
生きるおじいちゃん=アラン。お酒と爆破以外一切意に介せずマイペースのところ
に堪らない魅力がありました。(だから長生きなんだね!)

他にも脇のキャラが圧倒的に面白い。
それぞれが個性豊かで自分の生き方がありマイペースなのは主人公と同じかな。
だからみんな彼の周りに集まっていったのかも!
アランを演じるロバート・グスタフソンは撮影時50歳くらいなんですが、
100歳の老けメイクから25歳の若メイクまで巧みにこなしていて…
これは見事としか言いようがありません。俳優さん自体を知らないので
最初おじいちゃんの俳優さんかと思っていたら、回想シーンでいきなり若返ってて
どうみても本人だし…これは100歳を演じている時はメイクだったんだと
あとから気づいて本当に驚いちゃいました。
ギャングのボスを演じているアラン・フォードだけは唯一知ってる俳優さんで
ここでも「ロンドンゾンビ紀行」や「ロンドン・ヒート」での渋い演技健在で
登場人物のほとんどがとぼけてる中ひとりシリアスなのが余計おかしくてナイスでした。

100歳老人がギャングを木槌で殴打!破天荒スウェーデン映画の本編映像公開
【特別映像】1回70万円!? “史上最高齢”の主人公ができるまで ...

100歳の華麗なる冒険(2013)
HUNDRAARINGEN SOM KLEV UT GENOM FONSTRET OCH FORSVANN
THE 100-YEAR-OLD MAN WHO CLIMBED OUT THE WINDOW AND DISAPPEARED
メディア 映画
上映時間 115分
製作国 スウェーデン
公開情報 劇場公開(ロングライド)
初公開年月 2014/11/08
ジャンル コメディ/アドベンチャー/ドラマ
映倫 PG12
100歳になっても
未来は予測不可能。
だから人生はおもしろい!

監督:フェリックス・ハーングレン
製作:マルテ・フォルセル
フェリックス・ハーングレン
ヘンリク・ヨハンソン=シュヴァイツァー
パトリック・ネブート
原作:ヨナス・ヨナソン
『窓から逃げた100歳老人』(西村書店刊)
脚本:フェリックス・ハーングレン
ハンス・インゲマンソン
撮影:ギョーラン・ハルベリ
音楽:マッティ・バイ
出演:ロバート・グスタフソン/アラン・カールソン
イヴァル・ヴィクランデル/ユリウス・ヨンソン
ダーヴィッド・ヴィーベリ/ベニー
ミア・シャーリンゲル/グニラ
イェンス・フルテン/イェッダン
アラン・フォード/ピム




 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.