映画

映画「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」

2 0
20141102-02.jpg

ステイサム、シュワさん目当てに近所のシネコンに「エクスペンダブルズ3」
を見に行って来ました。今回は味方にバンちゃんことアントニオ・バンデラスと
実生活でも脱税で3年間塀の向こう側にいたウェズリー・スナイプス、それに加え
おやぢ(ハリソン・フォード)まで出ちゃう上、悪役にメル兄ぃ(メル・ギブソン)と
出演者が増えてどうなのぉ~って思ってたら…
なんと!ロス(スタさんことシルヴェスター・スタローン)が仲間のことを思うあまりに
クリスマス(ステイサム)以下全員に解散を宣言して新人4人をスカウトして
新生チームを結成して、打倒!メル兄ぃ!とばかりに戦いを挑んじゃうんですよぉ!
…って人数増えすぎじゃない?

で、まあね。新人さんもキャラはまずまず立っていて悪くないし
お決まり通り…解散を宣告されたメンバーも黙ってるわけもなく~みたいな展開。
因ってシリーズのパターンである「冒頭の怒濤の戦闘シーン」が
あっちこっちのシーンで咲き乱れ2時間ずっとぶっ通しでアクションシーンの連続。
人出過ぎな割りに、それぞれのキャラもそれなりに時間を割いて
見せ場を作ってて、よくこれだけ詰め込めたなあ~って作りなんですけどねえ。
全体的に見るとシリーズ3作中では一番そつがなくてまとまっていたとは思うんですけど
ステイサムファンの私としては、ストーリーが出鱈目の「2」の方が好きだったかなあ。

いや、それってもうちょっと
ステイサムのアクションシーンを見たかった
って言うファンの欲目かしらねえ?


それにしてもバンちゃんお茶目だったし、シュワさんとジェット・リーの
ツーショットもファン冥利に尽きるのひと言だったわー。
そしてブレイド=スナイプス!初めてときめいたわ。
おやぢ(ハリソン!)のモノホンのヘリ操縦テクも楽しめた点は収穫でした。

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014)
THE EXPENDABLES 3
メディア 映画
上映時間 126分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ポニーキャニオン=松竹)
初公開年月 2014/11/01
ジャンル アクション
映倫 G
準備はいいか?
頂上決戦(ワールドシリーズ)。
CIAから下されたミッション:地球規模の捕獲作戦、始動!

監督:パトリック・ヒューズ
音楽:ブライアン・タイラー
出演:シルヴェスター・スタローン/バーニー・ロス
ジェイソン・ステイサム/リー・クリスマス
アントニオ・バンデラス/ガルゴ
ジェット・リー/イン・ヤン
ウェズリー・スナイプス/ドク
ドルフ・ラングレン/ガンナー・ヤンセン
ケルシー・グラマー/ボナパルト
テリー・クルーズ/ヘイル・シーザー
ランディ・クートゥア/トール・ロード
ケラン・ラッツ
ロンダ・ラウジー/ルナ
グレン・パウエル
ヴィクター・オルティス
ロバート・ダヴィ
メル・ギブソン/ストーンバンクス
ハリソン・フォード/ドラマー
アーノルド・シュワルツェネッガー/トレンチ



 今日の調子

首と背中にちょっこし揉み返しがありますが全体的にはまずまずです。

 今日の更新

マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

onion

遅ればせ、観てきました〜

確かに、この中の誰かのファンだったら、出演シーンの少なさに不満が出ると思いました。
全体から見るとお腹いっぱいになる程知った顔ばかりなんですけどねえ。
ジェリーは、
「あいつはあのドライバーのやつが一番だよな!」
と言ってました。
あいつ=ステイサム
あのドライバーのやつ=トランスポーター・シリーズ
ですw
そろそろ単体でキレのあるアクション映画をみたいものですね!

マク→onionさん

onionさんへ

ステイサムのナイフを交えたアクションとジェット・リーのカンフーアクションを
楽しみにしていたんですが…2のようなしびれるアクションがなくてちょっと物足りず…。

アクション以外のステイサムのキャラも
ナイフ投げ→スナイプス、弄られ役→バンデラスに振り分けられてしまい残念。
チャーチはいいとしてミッキー・ロークはどうした?
ステイサムの彼女はどうなった?…とステイサム絡みのあれこれで気になる部分
続出でその分評価が低くなってしまった感じです。

旦那さん、トランスポーターが好みなんですね!!
私も「1」は好きかな!
全部見ているわけではないけど「PARKER/パーカー」が結構面白かった!
テンドーさんことクリフトン・コリンズ・Jrも出てますのでまだ見てなければ
お薦めです~。暗いけれど「ハミングバード」も良い映画でした。