映画

ジャスティス

0 0
20020929-001.jpg

清水ドリームプラザの「MOVIX」へ「ジャスティス」を見に行って来ました。
やっぱりアクションものは音のいい映画館で見るとひと味違いますね。
これぞ映画館で見る醍醐味です。

この映画、原題を「Hart's war」といいドイツの捕虜収容所で起きた
殺人事件をめぐって、黒人士官である犯人の弁護をしなければならなくなった
主人公ハート中尉の心の葛藤が描かれています。
それを邦題で「ジャスティス」としてしまうのは、
あまりにも「それだけ」という感じがして工夫がないような気もします。

トリート・ウィリアムズと「プライベート・ライアン」のアパムを足して
2で割ったようなコリン・ファレルは、役に合い過ぎていたのか、
素直に演じ過ぎたのか、もう少しアクがあってもよかったのではと思ったのですが、
その分、ブルース・ウィリスが押さえた演技でやってくれていたので、
充分に堪能できました。男ってのは、こうですよ!って感じです!!

ところで戦争映画オンチの私が、この映画の時代設定である
1944年12月16日が、ノルマンディ上陸から半年後の話なんだ…
と思いながら見れるようになったのも、教育熱心なマクタロウのおかげかしらん?(笑)


ジャスティス(2002)
HART'S WAR
メディア 映画
上映時間 125分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月 2002/09/28
ジャンル ドラマ/戦争/サスペンス
200人の命か、ただ1つの正義か。
前線は、それぞれの心の中にあった。

監督:グレゴリー・ホブリット
製作:デヴィッド・フォスター グレゴリー・ホブリット デヴィッド・ラッド
アーノルド・リフキン
製作総指揮:ウォルフガング・グラッテス
原作:ジョン・カッツェンバック
脚本:ビリー・レイ  テリー・ジョージ
撮影:アラー・キヴィロ
音楽:レイチェル・ポートマン

出演:ブルース・ウィリス マクナマラ大佐
コリン・ファレル 中尉トミー・ハート
マーセル・ユーレス
テレンス・ハワード
コール・ハウザー
ライナス・ローチ
ヴィセラス・シャノン
エイドリアン・グレニアー
セバスチャン・ティリンガー
マイケル・ウェストン
ブラッド・ハント
サム・ワーシントン



 決定日本のベスト100「愛と感動のアニメ名場面100」

またまた、やって来ました!今度は何が入るのか注目!

1、フランダースの犬(ネロとパトラッシュ、天国への旅立ち)
2、ルパン三世・カリオストロの城(ラストの銭形、感動の名セリフ)
3、アルプスの少女ハイジ(立った!立った!クララが立った!)
4、タッチ(和っちゃんの死)
5、ドラゴンボールZ(スーパーサイヤ人に変身した悟空)
6、みなしごハッチ(ママとの感動の再会!)
7、機動戦士ガンダム(最終回、アムロ涙の脱出!)
8、めぞん一刻(伍代くんのプロポーズ)
9、魔女の宅急便(キキがトンボを助けるシーン)
10、銀河鉄道999劇場第1作(鉄郎とメーテルの別れ)

今回は、なるほど!納得ですね。ちなみに「ドラえもん」は11位でした。(笑)
でも、わたしが1番泣けるのは、やっぱり「ハクション大魔王」の最終回!
今回も16位にランクインされていたんですが、紹介の映像を見て、
またまた泣いてしまいした。うっ…うっ。


    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.