映画

ヘルボーイ

0 0
20041002-001.jpg

【マクノスケ】
世間的には全然話題になっていませんが、 私としてはロン・パールマン主演と聞いて以来ずっと楽しみにしていた「ヘルボーイ」!
いや、もう、これは今年見たこの手の映画の最高峰と言っていいでしょう!
「ヴァンヘル」や「アイ,ロボット」の何倍も楽しんで帰って来ました。

第2次世界大戦の末期、ナチの将校と妖僧ラスプーチンによって 「冥界」から赤ん坊の姿でこの世に召還されたヘルボーイが、 超常現象学者の教授に拾われ、やがて成長して FBIの秘密組織(超常現象調査防衛局)のエージェントとして仲間と魔物退治をして行くのですが、 ひと言で言うと「メン・イン・ブラック」と「X-MEN」の設定を更に煮詰めたおもしろさがあって非常に楽しめました。

世間的には極秘になっている「ヘルボーイ」の存在をテレビのインタビュー番組でFBIのお偉いさんが否定したり、 原作コミックを本人がちゃんとチェックしていたりと「実はヘルボーイは本当にいた!」的な設定におもわずニンマリ。
(このへんが「メン・イン・ブラック」ですね。)

ヘルボーイのエージェント仲間として登場する半魚人のエイブも「で、お前、どっから来たの!」とつっこみを入れたくなる程、 出生が謎の人(?)なんですが(笑)、これがまたデザインが秀逸で、目をパチパチさせる仕草が超カワイイーッ!(←あえて使ってみました。) もうひとりの仲間、念動発火のパワーをコントロール出来ずに苦しむリズ(紅一点!)は「X-MEN」で言うと アナ・パキンちゃん演じるローグのような影のある役どころなんですが、彼女が発する美しく悲しみを帯びた炎の演出に思わずため息が出てしまいました。 またこの映画のために作れられた新キャラのマイヤーズ捜査官がまたいいんですねえ。新米さんならではのお茶目な孤軍奮闘ぶりがよく描けていました。

ブルーム教授のジョン・ハートもそうなんですが、主役級の方からFBI捜査官のみなさんを初めとする脇役の方まで、この映画キャスティングも絶妙です! 生身の人間が演じていないミイラのイワンじいちゃんの演技もすばらしかった!!(リック・ベイカー・スタジオのみなさん、ありがとう~!!)
ユーモアたっぷりの中に極力CGを押さえた切れのあるアクションで充分楽しませてもらった最後に待っていた感動のラスト!! ヘルボーイとリズが抱き合うシーンでは思わず涙がこぼれてしまいました。リズを愛することが出来るのは不死身のヘルボーイしかいないんですねえ。 それにしても「人生は何を選択するかで決まるのさ。」は名言ですねえ~。


【マクタロウ】
今年観たこの手の作品の中で、一番の収穫です。
まず感じるのは、登場人物に対する「愛」ですね。
原作には登場しないマイヤーズ捜査官とヘルボーイとのやりとり、ヘルボーイとリズの恋愛など、細かなエピソードやセリフでキャラクターの魅力を引き出していました。
この、監督の「愛」は主役級だけではなく脇役(植毛の捜査官、局長、墓場のミイラ)に至るまで注がれ、笑いも織り交ぜながらの脚本は好感を持ちました。
特にヘルボーイがマイヤーズとリズのデート(?)を嫉妬メラメラでのぞき見するシーン、少年との会話など実にほほえましく、ヘルボーイが可愛く思える良いエピソードです。悪役ではクロエネンが、デザイン、アクション共かっこよかったなあ(素顔は怖いけど)。

役者さんでは、マイヤーズ役のルパート・エバンス(この作品が映画デビュー)がいい味を出してました。リズ役のセルマ・ブレアは「キューティー・ブロンド」の時に気になっていた人。たれ目だけどちょっと怖い顔、だけどカワイイんだよね。今回の悩める超能力者は、はまってましたね。私、この人の顔好きです。
お話も、悪の親玉ラスプーチンや「ナチ(ヒトラー)のオカルト計画」「ツングースカ隕石」などおいしいネタをちりばめてあり、「好き者」には嬉しい展開。

テーマも「生まれは悪かもしれないが、自分が信じた正義の道を行く」という「アイアン・ジャイアント」を思わせるもので、素直に受け入れられた。
映像の方では、CGを極力抑えている点が良いですね。アニマトロニクスや着ぐるみは「そこにいる」存在感が違います。ラストに出てくる「神」(?)のデザインは、この作品で唯一気に入らない部分。どうしてアチラの人はイカ、タコ系が好きなんだろう?

■もはや世界は人間の手には負えない!魔界が生んだカリスマ救世主登場!!
原作・共同製作総指揮・ビジュアルコンサルタント/マイク・ミニョーラ
ストーリー・脚本・監督/ギレルモ・デル・トロ「ミミック」「ブレイド2」
音楽/マルコ・ベルトラミ「アイ,ロボット」
特殊メイク・コンサルタント/リック・ベイカー「狼男アメリカン」「ホーンテッドマンション」
出演/ロン・パールマン ジョン・ハート セルマ・ブレア ジェフリー・タンバー ルパート・エバンス 
2004米/UIP  122分





 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.