マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  CASSHERN

CASSHERN

20040501-001.jpg

【マクノスケ】
納谷さんのナレーション、フレンダー、スワン、城…とそれなりに原作に
オマージュを捧げているものの全くの別物と考えた方が良さそうです。
(ちょっと違うかもしれませんが、「カリブの海賊」のような感じかなあ。
キーワードはそれなりに繁栄されていると言うか…。)
アニメの「人間対ロボット」のような単純な図式かと思っていたら
宇宙の真理にまで迫っているところに思った以上に奥行きを感じました。

ささいな憎しみや欲がやがて戦争にまで発展してしまうという
人の世の悲しさと愚かさ…そしてこの世界に存在する無情な神の存在が、
世紀末を予感させますが、それでもまだ希望はあるという
監督のメッセージが熱かったですね。
演出では、もう少し見せて欲しい部分もあり、わかっていはいるものの
原作にもう少し近い部分があってもいいのでは…と思う部分あり…
ちょっと複雑な思いの1本でした。
出演陣では、敵役の新造人間の宮迫さんと要潤がかなりイケていたと思います!


【マクタロウ】
「人間とは?」
この問いについて答えを探る映画は、今年3本目である。
しかも全て邦画。3本とも 違った描き方、答えの提示があり、面白い。

突如天空より飛来した巨大な稲妻状の物体が、
なかなか実験が成功しない「新造細胞」を活性化し、
次々に「新造人間」を作り出す。
しかし彼らは「人間」ではないため、生まれた途端に排除される運命を
たどる ( 「新造人間」についてはどんでん返し有り )。
そこから始まる「憎しみの連鎖」。そして 殺戮の後で気づく「人間の業」。
人は殺し合いを止めることができないのか?
その希望は新たな稲妻がたどり着いた遙か彼方の惑星に託される。
そうなのだ。稲妻は監督の平和への希望。届いた先は観客の心。
それを生かすも殺すも、その人の心の有り様。
本来、希望だったはずのものも、憎しみや欲望がそれを歪 めてしまうこともあるのだ。

紀里谷監督の想いが叩き付けられた力作だと思います。
それは映像面についても然 り。
ほとんどのシーンをブルーバックで撮影し、
デジタルによる合成で仕上げられていると思うのだけれど、
世界観( 変に「リアルさ」を追求せず「作り物」であることを強調している)
が徹底しているので、私としては面白く観られました。
アクションシーンの演出には、ちょっともどかしさも感じましたが、
しっかりアニメ 版を彷彿させる動き、映像もあり、
ツボは押さえてあったのではと思う(もう少し キャシャーンの活躍を観たかったが)。
中だるみもありましたが、なかなかどうして立派なデビュー作だと思います。
とりあ えず紀里谷監督の次回作に期待。

■この世に生まれた、愛する人々に捧ぐ。
監督・脚本・撮影・編集・紀里谷和明
脚本・菅正太郎 佐藤大
バトルシーンコンテ・樋口真嗣「ガメラ1~3特技監督」
音楽・鷺巣詩郎「新世紀エヴァンゲリオン」「アベノ橋魔法☆商店街」
出演・伊勢谷友介 麻生久美子 唐沢寿明 寺尾聰 樋口可南子 
小日向文世 宮迫博之 佐田真由美 要潤 西島秀俊 及川光博 寺島進
2004松竹/141分



関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
[Tag] * 映画 * 映画館で観た映画

Last Modified : 2016-05-10

Comments







非公開コメント