映画

ルーニー・テューンズ バック・イン・アクション

0 0
20040404-001.jpg

【マクノスケ】
バックスバニーのアニメキャラと実写の合成映画(マイケル・ジョーダン主演の「スペース・ジャム」の姉妹作的な作品)が あの私が崇拝する(笑)「グレムリン」のジョー・ダンテ監督によって映画化される… それも主演は「ハムナプトラ」(←これはいまひとつだけど)のブレンダンと「ダーマ&グレッグ」のダーマ役、 ジェナ・エルフマン(映画音楽家、ダニー“バットマン&スパイダーマン”エルフマンの姪ッコ)だと言うので公開を楽しみにしていたんですが、 なんと!ワーナー系の映画館でしか公開されない(しかも日本語版のみ!)…というトホホな状態に半ば諦めかけていたんですが、 ファンがそんなことでどうする~っとばかりにマクタロウと東名を使って海老名のマイカルまで見に行って参りましたぁ!! (力入ってるぞ~!!)
ひと言で言うとこれ…マニア以外の人…かなり置き去り状態なんですが、そこがまたマニアには嬉しい!! ダンテの趣味のなつかしのSF映画やサスペンス映画のパロディ満載のところへ ダフィーダックやバックスバニーのドタバタギャグがてんこ盛りでバカバカしいことこの上ない展開に大爆笑! (バックスバニーのシャワーのシーンは映画史に残るのでは?)
ダンテ映画の常連組のディック・ミラー(いつも警備員や配送人などのちょい役で登場!)や ロバート・ピカード(「インナー・スペース」ではカウボーイ!「スタトレ・ヴォイジャー」のドクター役で有名)などに加え ロン・パールマン(次回作「ヘルボーイ」も楽しみ!)も出ていて嬉しかったし、 ブレンダンの父親役で秘密諜報部勤務のティモシー“4代目ボンド!”ダルトンと 極秘秘密基地エリア52でエイリアンの研究をしているジョーン“ジョンのお姉ちゃん”キューザックも捨てがたかったかなあ~。 他にもヘザー“ジョン&パンチ”ロックリアとかピーター“スパイ大作戦”グレイブスがチョイ役で出ていてなつかしかったです!


【マクタロウ】
ジョー・ダンテ監督、趣味炸裂の一本。
アニメキャラが俳優として存在している設定は「ロジャー・ラビット」同様。しか し、馬鹿馬鹿しさはそれ以上(褒め言葉ですよ)。特に途中で出てくる「エリア5 2」(!!)。ロビーやらトリフィドやら(旧)スターログ世代には見覚えのあるヤ ツらがぞろぞろ。腹を抱えること請け合いです。
主演(?)のブレンダン・フレイザーは、この手の作品のお得意さん。元007のテ モシー・ダルトンがセルフパロディーで出演していて、驚いた。
ただ、ダンテ作品としては規模が大きすぎて(笑)、いつもの持ち味(ドラえもん的 ご近所大騒ぎ)が無かったのはちょっと残念。

バックス・バニーやトゥイーティー(ひよこじゃないよ、カナリヤだよ)はCMなど で知名度はありそうだが、映画となると稼げそうもないと思ったのか、ワーナーのブ ラザースさんは、自社直営館のみの公開(昨年末頃から清水の劇場に立て看があった のに、いつのまにか消えていたよ・・・)。しかも字幕版は無し。この扱いはちと酷 いのでは?

■魔法の宝石“ブルーダイヤ”を探せ!
世界一ワルでワイルドでキュートなヤツらが世界中をかけめぐる!
監督・ジョー・ダンテ「グレムリン」「スモール・ソルジャーズ」
製作総指揮・脚本・ラリー・ドイル「シンプソンズ」
音楽・ジェリー・ゴールドスミス(ダンテ作品のほとんどを手掛ける)
吹替え版翻訳・ジョーゲンセン由美子
出演・ブレンダン・フレイザー ジェナ・エルフマン スティーブ・マーティン ティモシー・ダルトン ヘザー・ロックリア ジョーン・キューザック
2003米/ワーナー/92分



Comments 0

There are no comments yet.