映画

ミシェル・ヴァイヨン

0 0
20040101-001.jpg

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
午前中はおせちなどを突きながらゴロゴロし、午後になって清水へと「ミシェル・ヴァイヨン」を観に行って来ました。

【マクノスケ】
事前情報としてはリュック・ベッソン脚本のレース映画とだけで、あとは何も知らずに観たのですが、 マジな映画と思いきや、なにやら途中から悪役の人物描写が漫画チックな展開に…。 あとで知ったんですが、これってフランスのコミック(漫画)の映画化だったんですってね。 知ってれば、もっとノレたんじゃないかと思うと残念なことをしました。
観てる時は、まあまあな感じだったんですが、時間がたつにつれて、意外とおもしろかったんじゃないの~という気にもなって来ました。 もしかしたらお正月映画の「大穴」だったのかもしれません。
主人公を演じたサガモール・ステブナン(大の日本贔屓で胸に「忍」の入れ墨をしている!)もモロ私のタイプだし(笑)、 敵味方のレーシングチームのそれぞれのキャラもそこそこ立っていておもしろかったです。
その昔のアニメ「グランプリの鷹」や「マシンハヤブサ」を実写化したらあんな感じなんだろうなあ。 こんなのを映画化しちゃうリュック・ベッソンって、やっぱりフランスのおたくなのかなあ…なんて思いつつ、レースシーンの爽快感に酔って来ました。 パート2が出来たら、絶対観に行っちゃうよ!(^▽^)=b

【マクタロウ】
とにかく映画館の大画面と音響で、レース映画を観たかったのよ。
もうそれだけで観に行ったようなモンです(画的にはCMやTVでの紹介を観た時、 ハリウッド的な「CGバリバリ画面」になっていなかったのもこの作品を観ようと 思った理由ではありますがね)。
さて、私の欲求は満足させられたのかと申しますと、手放しで「良かった」とは言え ないんですよ。
ライバルチーム「リーダー」の妨害工作はエスカレートしすぎで、いくらコミックス の映画化とは言え、
ちょっと興ざめギリギリ。ここが一番不満な点。
「レース映画を観たい」と言うのは「レースカーが写っていれば良い」ってわけでは ないですからね。お話も楽しめるものでないと、辛いです。
映像は美しくて、さすがはフランス映画。特に前半のラリーシーンは素晴らしかった です。続編を作るなら、ぜひラリーを舞台にして欲しいなあ。
と、ここまで書いてきたのは鑑賞直後の素直な感想。ところが時間がたってくると、 興ざめギリギリのお話も「あれはあれで面白い」と思えるようになってきまして、こ りゃDVD買いだなあ。

輝け、愛と激突の頂点で
原作・ジャン・グラトン(コミック)
監督・ルイ・パスカル・クヴレア
製作・脚本・リュック・ベッソン
出演/サガモール・ステヴナン ディアーヌ・クルージェ



Comments 0

There are no comments yet.