映画

二重スパイ

0 0
20030621-001.jpg

【マクノスケ】
映画は脱北者を装い韓国の諜報機関部でスパイ活動を密かに続ける主人公と 韓国に生まれながら北朝鮮のスパイとして動く女性の愛を軸に描かれるのですが、 まず主演のハン・ソッキュが「シュリ」以上の熱演で見せてくれてこれが◎。
スパイものということで、もっとアクションシーンが多いのかと思いきや、 スパイとしての主人公の葛藤や人間性に趣が置かれており、どちらかと言うと恋愛ドラマの要素が濃かったです。
登場人物の悲哀やラストの展開など今年見たスパイ映画のどれよりもよかったのですが、 諜報機関の局長の心理が、ちょこっと不明…。敵国のスパイだった男を諜報部で働らかせるということは 「むろん泳がせてるんだろう」と思っていたら、本気で彼を信じていたんですよね。 あんなすごいリンチを命令している人が主人公の何に動かされたのか謎?

【マクタロウ】
二週続けてのスパイ映画でした。出来はと言えば、こちらの方が良かったです。
「シュリ」のような派手さは無いけど、その分ドラマをじっくりと描いていて、好感を覚えました。
それにしても、スパイってのは嫌な「仕事」ですな。信頼を得なければ仕事にならず、 更にその 信頼を裏切らなければ仕事にならない。とても私にゃ勤まりません。
(非現実的スパイ「007」だったら、一度は体験してもいいかもな)
しかし、企画(アイディア)、脚本が良ければ日本でも、 このような作品は作れるのではないかと 思うと、悔しい思いもあります。 昨年の「KT」がいい線いってましたが。
(いや、私が観たい作品が無いだけかも。「日本映画は現状でもイケてる」と言う方もいるでしょう。)

愛に死ぬか。祖国に死ぬか。
監督・キム・ヒョンジョン「火山高」 音楽・ミヒャエル・シュタウダッハー
出演・ハン・ソッキュ「シュリ」/コ・ソヨン「エンジェル・スノー」
ストーリー・亡命を装い韓国に潜入した北朝鮮のスパイとラジオのDJをしている女性スパイ。 任務遂行をしながらも惹かれあって行くふたりだったが、やがてある事件をきっかけに 物語は急展開して行く…。




 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.