映画

XーMEN2

0 0
20030503-001.jpg

【マクノスケ】
「X-MEN2」というタイトルだと思ったらタイトル表示が「X2」だったのには 「へえ~」という感じだったのですが、もうウルヴァリンが出て来たら、 映ってるだけでうっとりしちゃって、冷静に見ていられない状態になってしまいました。
私としては、ウルヴァリンの過去よりも、X-MENそれぞれの活躍が見たかったので、 嬉しい出来になっていたと思うのですが、彼の過去の謎解きや活躍を望んでいる人には、 ちょっと物足りなかったかもしれませんね。
今回はとにかくウルヴァリンが映ってるだけで嬉しかったし、 密かなファンのファムケ・ヤンセン(ジーン・グレイ役)が活躍してくれて、 さらに感激でした。彼女がパワーを使うこんなシーンが見たかったんだよ~という場面も見せてもらって、 まさにファン冥利に尽きるというもの! しかし、こんなに活躍するジーン・グレイがチラシに載ってないのはどうしたわけじゃい…と 向こうのポスターを見てみたら、載ってる人物が全然違うではありませんかっ!
上の2人とイアン・マッケラン(マグニートー)とアナ・パキン(ローグ)は同じなんですけど、 他が日本のチラシだと、パトリック・スチュアート(プロフェッサーX)、ミスティーク、 サイクロップス、デスストラク(本名・ユリコ・オオヤマ)という面々になっていて、 売りのことを考えると仕方ないのかもしれませんが、せめてジーン・グレイは載せてやって欲しいっ!!!
ところで音楽のジョン・オットマンはこの作品で編集も担当していて、その才能に驚かされます。 なんと彼は「ルール2」という作品では監督もしているそうで、改めて向こうの映画人の奥深さを痛感致しました。
…が、オープニングの曲が「スペースバンパイア」(マンシーニ)に似ていてびっくり! (マクタロウも気がついたそう)1作目のケイメンのテーマ曲も捨てがたいんですがねえ…。
おまけネタ!→最初の「20世紀FOX」のタイトルロゴが消える時に「FOX」の「X」の文字が、 一瞬ピカッと光ります!
う~ん!洒落た演出っ!!


【マクタロウ】
ミュータント達の苦悩と戦いをしっかり描いた反面、ケレン味に欠けた印象のある 1作目同様、今作も今ひとつカッコイイシーンが無かったように感じました。
今回は人間(ミュータントを憎む軍部の人間と特殊部隊)が敵になり、Xメンと マグニートーが一時的に手を組むなんて展開は、かなりイイです。
そのマグニートーが脱獄するシーンのアイディアは素晴らしく、あのシーンは 本作で一番の見所でしょう。
お話自体は今回も良く書かれており、演出も奇をてらった事はせず、好印象なのです よ。
しかし「マトリックス」とまでは行かなくとも、ヒーローが「見得を切る」ような 「決め」の カットが欲しいなあと思ってしまうのです。
私としては、素直に「画的」な格好良さがあれば、もっと燃える作品になったかと思 います。
それにしても1作目、2作目と簡単に敵の侵入を許してしまう、Xメンの基地って 問題ないかい?

時が来た ミュータントたちが団結し戦うべき時が
監督・ブライアン・シンガー「ユージュアル・サスペクツ」 音楽・ジョン・オットマン「ユージュアル・サスペクツ」
出演・ヒュー・ジャックマン/パトリック・スチュアート/イアン・マッケラン/ハル・ベリー/ファムケ・ヤンセン



 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.