漫画

漫画:サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR

2 0
20140512-03.jpg2012年からWebで開始されていた「サイボーグ009」の完結編の最終刊である5巻とその前の4巻を続けて読みました。

1~3巻にかけてそれぞれの00ナンバーのサイボークの身に起きた事件を描き、4~5巻で肝心の神との闘いの答が披露されるわけですが、ネタとしては、まあ、そういう事だったのねえ的な感じでしたかねえ。

ここからネタバレしています。注意して下さい。

太陽系そのものをパラレルワールドとして描き、善の心を持った生命体(容姿は天使のようで超能力があり移動は円盤)が、侵攻してきた悪の心を持った生命体と融合し、力を封じ1つの惑星に封じ込め、それを別次元にある惑星と交換したのが、この地球だったという設定だったみたいです。
だから人には善悪があるし、天国という観念も、死ぬと善の心の方は、善の心を持った生命体が暮らす光の国へ帰れる=天国みたいなところに帰れるって事なのかなあ。
一方、残った悪の方は闇のトンネルのような場所に閉じ込められたずっと暗闇を彷徨っている模様。でもって、この神のような存在の光の国の人達が、なぜか2012年12月23日(人類滅亡の日と言われたあの日!)を期限と決め、地球を元の光の国に戻すか悪の心が改心するかを待っていたんだけど…人類が悪の一途を辿ってしまったので、ここは消滅させちゃいましょうとなったらしく、ジョーたちはそれを阻止すべく命を賭けて戦ったんですけどね…。

まあ、地球が入れ替わっていたってのは斬新でした。
それに最後のジョーとフランスワーズのラブシーン…
「今度生まれ変わったら何になりたい?」「ジョーの…お嫁さん」
にはじわ~と来るものがっ!!
ここに至るまでに50年かあ。長かったねえ。フランソワーズ。
最後も光の国の人が、善と悪の両方を持つ人間にも価値があると思ってくれたのか…
地球が光の国の次元に戻され、そこで暮らすジョーたちの姿が…。
そこにはギルモア博士と仲良く話す石ノ森先生の姿も!あまりにも4~5巻に掛けて殺伐としちゃって、一体何のために石ノ森先生が出て来たのか?むしろ出さなくても良かったんじゃないのかと思ってたんですけど…この作品って、物語が完結して天国で009たちと仲良く暮らす石ノ森先生の姿を描くことによって、未完という呪縛から先生の魂を救ってあげたかったって言う丈くんの想いだけで出来ていたのかも!

他はねえ。とにかく、ここに至るまでの描写が残酷すぎるんですよねえ。
特にフランソワーズの残酷描写が1度ならず2度までもあるって言うのは酷すぎます。ゲストキャラが目玉飛び出しちゃう辺りは、時代かなあと思って読んでたんですけど…ヒロインやメインキャラをあ~いう形で傷つけるっていうのを果たして石ノ森先生が望んでたのかなあ。それに設定は違うとは言え、ジョーに深い関係を持った女性がいるって設定は微妙かなあとも思ったり。それを言うとハインヒリも一度恋人を失っているのにまた同じような目に逢わせるとは残酷だなあと思ったんでしたっけ。
あとは作画ですかねえ。1巻は良かったんですけど…巻を増す事に酷くなって5巻のラブシーンももうちょっと絵が上手かったらなあと思っちゃいました。いろいろと都合があったのかもしれなけど、とにかくこれが完結だと言う事を考えて最善を尽くして欲しかっただけに残念です。なにか完結させることばかりに気が行ってしまって肝心のジョーたちキャラクターが上手く描けてないような印象だったですかねえ。
何か今は未完の旧作を読み返したい気分でいます。

 今日のメモ

ブログに蛍光ペンで線を引いたような効果を追加しました。
CSSに以下を追加してstrongタグ(太文字)で囲む。

strong {
background: linear-gradient(transparent 40%, #ff9 40%);
}


 今日の更新

マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ


 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

にいな

読みましたか!
完結編だけど、なんていうか、天使編の完結であって、009達の物語は終わらないっていう感覚です、私(^_^;)
終わって欲しくないという思いもあるなーと感じた次第…。
残酷描写については、4巻の対談の中で語られていたけど、それにしたってフランソワーズは可哀想だよ…と思います。(>_<)
私も昔の話を読み返したくなりました。特に地下のヨミ編とか…。
あと読んだことない話もあるみたいだし…文庫セットが欲しいとか物欲が出て来ます(^_^;)

マク→にいなさん

にいなさんへ

はい!読みましたよ~!!
そうねえ。私たちの009とは違う009たちだからそこのところ微妙。
って言うか…この作品ではあれは石ノ森先生が電波受けて描いたもので
こっちがホントみたいな感じでしたよね。
それを思うと…自分たちファンとしては永遠に未完で良かったのかも
しれないけど、父親の闘病生活を見ていた丈くんはお父さんのためにも
終わらせてあげたかったのかな~と思いました。
みんなあまりにも壮絶だったけど…特にフランソワーズの傷つけ方は
酷すぎましたよねえ。なんかやるせなかったなあ。

で、私、中古でMFのコミックス、アマゾンに頼んじゃいました。
たぶん持ってないのは8巻分くらいだと思うけど…全部一気に
読みたくなっちゃったので…。(持ってるのも実家に置いてあるので)
中古でも良ければMFの36巻の方が判が大きくて全部読めると思いますヨ。