映画

映画「ロンドンゾンビ紀行」

2 0
20140421-05.jpg

ロンドンゾンビ紀行 (2012) COCKNEYS VS ZOMBIES
上映時間 88分 製作国 イギリス(彩プロ)
初公開年月 2013/01/12 ジャンル コメディ/ホラー 映倫 R15+
女王陛下のゾンビ退治大作戦 イギリスで脅威の大ヒット!!

【解説】ボンクラ兄弟とその祖父が入居する老人ホームの元気なおじいちゃん、おばあちゃんたちが襲いかかるゾンビの大群に立ち向かっていくイギリス発の痛快ホラー・コメディ。ロンドンに暮らすお気楽な兄弟テリーとアンディは、大好きな祖父が入居する老人ホームが閉鎖されるというニュースを聞き大あわて。祖父とその友人たちを救いたい一心で、仲間と共に銀行強盗を企む。ところが、いつの間にか街はゾンビで溢れかえっていた。祖父の安否を気遣う兄弟だったが、その頃老人ホームではおじいちゃん、おばあちゃんが迫り来るゾンビたちを相手に大奮闘していた。<allcinemaより引用>

WOWOWで録画した「ロンドンゾンビ紀行」を見ました。
「ショーン・オブ・ザ・デッド」と同じノリのゾンビ・コメディ。
あちらにくらべるとキャストに知ってる人はいないな~と思っていたら
主人公のおじいちゃんの彼女(おばあちゃん)を演じるのが、
「007・ゴールド・フィンガー」のボンドガール、
オナー・ブラックマン
で、マシンガンをぶっ放してゾンビをぶっ飛ばしちゃってます。
主人公たちの従姉妹で鍵開けが特技のケィティを「ドクター・フー」シーズン4と
5の間に放映されたスペシャルの2本目の「死の惑星」
(2009年4月11日放映)で
テナントドクターの相棒、クリスティーナ役を演じていたミッシェル・ライアンという
女優さんとのこと。(シーズン4以降見てないのでわからないのですけどね。)
そして主人公たちのじいちゃんは先日観た「ロンドン・ヒート」で情報屋ハリーを
演じていたアラン・フォードというベテラン俳優さんだったらしいです。
見ていても全然気がつかなかった~。

主人公兄弟たちと仲間の銀行強盗とおじいちゃんたち老人ホームがゾンビに襲われてる
シチュエーションが交互に描かれるんですが、おじいちゃんたちが思いの外健闘!
逃げ遅れた足が悪いおじいちゃんが歩行器を使いながらゾンビから逃げるシーンは
おじいちゃんに追いつけないゾンビの遅さに大爆笑!
笑わせるばかりではなくて、おじいちゃんと孫、おじいちゃんと育った街というテーマ
でじわ~っと感動も用意してあって、かなりノリノリで楽しめました。
ゾンビ映画としてはR15+だけあって、かなり直接的な表現もあり。
内臓喰っちゃったり銃で頭が吹き飛ぶシーンもなど結構エグイです。
総じて笑って感動してゾンビ映画としても楽しめる美味しい作品でした。
原題のCOCKNEYと言うのはイーストエンドの労働者階級の人々の意。
それからすると邦題は、ちょっとキレイ過ぎるような感じかなあ。



 今日のメモ

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」でキャップが乗っていた
バイクがハーレーダビッドソン、STREET750に外見が似てることがわかり
1/6サイズを探すもみつからず、しょぼ~ん。似てるのどこかにないかなあ~。

 今日の更新

マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

あたる

うーん、うちの旦那が好きそうな…(^^;)
ゾンビ物、端から見てます。私は苦手なので、見て見ぬふり~(笑)

遅ればせながら、マクタロウさんお誕生日おめでとうございますo(^▽^)o
これからもお二人仲良く、趣味の道を極められますように。

マク→あたるさん

あたるさんへ

おはよう!あたるさん!!

これ、そんなに怖いって感じでないので
内臓ドバーが大丈夫ならあたるさんも見れるかも。
結構穴場的な作品だったけど、掘り出し物で面白かったですよ。

マクタロウにお祝いのメッセージありがとうございました。
マクタロウにコメント見せたら喜んでましたよ~。
これからもふたりでおたく街道まっしぐらで頑張りますね~!