17 2013

映画秘宝EX 金田一耕助映像読本とパシフィック・リム オーディオコメンタリー

20131217-03.jpg

外泊、入院時用にパソコンのネット接続が出来るように
おととしのお正月に、SoftBank の Wi-Fiルーター007Z を契約したんですが、
iPhone5Sにしてデザリング(外付けモデムのよう他のコンピューター等を
インターネットに接続すること)が出来るようになったので、本体の月賦が
終了する今月で解約することにしました。
午前中SoftBankへ行って手続き終了。
iPad2の月賦も終わるので、これで少し金銭的に余裕が出来るかなあ。
で、本屋に行って今月の「SCREEN (スクリーン) 2014年 01月号」を買うつもりが
同じコーナーにあった「映画秘宝EX 金田一耕助映像読本」を買っちまいました。
全然節約になっとらーん!!(笑)
まだちらっとしか見てませんが、角川文庫の表紙絵を描いた杉本一文さんの
インタビューなどもあって興味深かったです。


20131217-02.jpg

午後から「パシフィック・リム」のデルトロ監督のオーディオコメンタリーを鑑賞。
いや~デルトロ監督2時間ずっと喋りっぱなし。
すごいなあ。これだけ映画愛を語って貰って涙出るほど嬉しかったです。
人間関係の部分がスポーツ映画の流れだったんですね。
なんか新鮮だったわ-。監督のコメンタリー聴きながら、ローリーが
オールドルーキー的な存在だったと知って成る程~と感心してしまいました。
それにしても「ゴジラ」と「ウルトラセブン」のコメントの長さが半端なかった!
ゴジラのデザインをした人がが渡辺明さんという方だと初めて知りました。
あとはゴジラの中に着ぐるみに入っていた中島春雄さんやデザイナーの成田亨さん
など名前を具体的に挙げて話すなど怪獣愛語りを展開!!
ピグモン好きなのは、体型が似てるからと勘ぐってみる-。(笑)
しかも「怪獣」だけじゃなくて「特撮」も「とくさつ」って言っていて驚きました。

それにやっぱり色とかにこだわっていたんですねえ。
「ミミック」の時もかなり「赤」にこだわってるなあとは思っていたんですけど、
これだけ深く作品全体を通して、それも照明にまでも具体的に指示しているとは
恐れ入れいました。ローリーの事務所(笑)で寄りかかっていた半円の壁にも
そんな意味があったとは!!デルトロ監督、どこまでもスゴ過ぎる!
3Dに関しても妥協を許さず週に7回も打ち合わせをしたという逸話を披露。
効果のなかった3D映画とかって…タイタンのなんとかって作品ですよね。(笑)
いや、私、作品は好きですけど、3Dは酷かったですよ。ホントに。
45分過ぎくらいには「マジンガーZ」と永井豪にも触れ敬意を表しておりました。
監督が何度も言っていたように、11歳くらいの子供が10年後にも
「面白かった」と言われるような作品に充分なっていたと思いますヨ!
監督も最後に言っていたので宣伝しちゃいますが…
面白いです!まだ見てない方、是非見てみて下さい!

 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

   記事を読んで下さったみなさまへ
   コメント面倒という方は拍手ボタンを押してやって下さい。
   開いた画面はそのまま閉じて貰って構いません。


関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

  パシフィック・リム  ギレルモ・デル・トロ  映画  携帯・PHS  

4 Comments

onion  

愛がたっぷり!

……でしたよねえ!
本当に子どもの頃の「楽しさ」を覚えてて、しかもそれを作品に昇華できるってすごいなあと本当に感心。

色の件も感心しましたが、最後に「軍事力ですべて解決、って話にはしたくなかった」とおっしゃってて、そうか、だからこんなにしっくり来るんだな、と思いました。
この手のはどうかすると軍事力讃歌みたいになっちゃうんですよね、「バトルシップ」みたいに。
そうならなくて済んだのは、やはり監督がしっかりした土台を築いていたから……「ちっぽけな人間がなにごとかをやり遂げる」ことをわかっていたからなんでしょう。
最後は聞きながら涙でてしまいました!

2013/12/21 (Sat) 23:10 | EDIT | REPLY |   

マク→onionさん  

onionさんへ

本当に映画愛がいっぱいで私も見ていてなんだか泣けて来ました。
日本でもそういうスタッフさんも多いとは思うんですが、それがマニアックな方向に
向かってて作品として自己満足に終わってる作品が多いようなきがするんですが、
デルトロ監督の場合、それを1つの作品として、第三者として見る目を持っていて、
なおかつ、おたくが納得する作品に仕上げているところに感服しています。

「ちっぽけな人間がなにごとかをやり遂げる」はデルトロ作品の根底に流れているテーマ
ですよねえ。「ヘルボーイ」にしてもアクションヒーローものだけど、最終的には
どんな生まれや育ちでも自分が何を選択するかで人生は決まる!とか…
「2」では姿形は人とは違っていても、その中にある相手の事を思う真実の心が美しいのだ
とかスーパーヒーローが危機を救うのではなく、そんな志しの隠れた存在の人の影の
活躍に焦点を当ててるところが、ツボでして…
「パシフィック・リム」も監督のそんな思いが繁栄されていてドツボにハマってしまいました。

2013/12/22 (Sun) 10:05 | EDIT | REPLY |   

uk  

感動ー☆

金田一読本、思わず今、注文しちゃいました。
断捨離するって言ってるのに。。。(汗)
でも、永久保存版になりそうなので、買う価値有、としますw

2013/12/23 (Mon) 14:31 | EDIT | REPLY |   

マク→UKさん  

UKさんへ

もうちょっと原作の本にも言及して欲しい部分もありましたが、
映像関係のことは網羅されているので、その点は買いだったですよ~。
断捨離…とっくに諦めました。(涙)
あこがれだけで終わってしまったかなあ。(遠い目)(笑)

2013/12/23 (Mon) 20:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.