マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  「ゼロ・グラビティ」2D字幕版見てきました

「ゼロ・グラビティ」2D字幕版見てきました

20131214-02.jpg アルフォンソ・キュアロン監督、製作、脚本(息子のホナス・キュアロンスと共同執筆)、編集の「ゼロ・グラビティ」を近所のシネコンで見てきました。
スペースシャトルの船外作業中に事故に遭い宇宙へと投げ出されたふたり(サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニー)のサバイバル劇で尺は91分。ちょうどいい尺にドラマが詰まっていて、見た後前向きになれる良作でした。

キュアロン作品は「大いなる遺産 」(1998)と「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 (2004)と「トゥモロー・ワールド 」(2006)の3本しか見てないし、3本とも違うタイプの映画なので、監督のスタイルを掴みにくいのですが、この中では、やはりチャーリー・ハナムが、ちょこっとだけ出ている「トゥモロー・ワールド」が、ありがちなSF映画化と思いきや、主人公のドラマ部分が面白くて捨てがたいなあと言う印象でした。

おそらくこれも、そのタイプの映画で、ストーリーは単純なんですが、主人公のドラマ部分が実に良く描けてるんですよねえ。それとアクションとで1時間半を手に汗握って見せてくれる手腕に脱帽でした。次から次へといろんな事が起こって、それに隙も与えず、かと言って、急ぐこともなくじっくり描かれていて、気がついたらもうラスト。あの無重力状態の映像をどうやって撮っているのか?
その映像技術にも大いに魅せられました!!
圧倒的な映像と音に、初めて3Dで見てみたいと思ったりもしました。
とにかく映像がアトラクション向けと言うか…かなり3Dを意識して作られたんじゃないかと。でも従来の作品とは違って、作品を3Dにしたというより、どうしたら3Dが活かせるのか3Dの利点を考えたようにも思えたんですよね。
3Dでも見てみたいのですが「REDリターンズ」と「キャプテン・フィリップス」も見たいので、時間があったらということで。

それから、私の師匠であるしらい先生が「ルーニー・テューンズねたがある」とツイッターでつぶやいていて…いろいろ予測して行きましたが、スペースシャトル内が映った時に船内にちっちゃいフィギュアが浮かんでいるのに気づきました!どうしてそのキャラなのか閃いたのはエンドロールが始まった頃。
そうか!宇宙人だもんね!成る程!(って遅いよ!)(笑)

しかしラストを見てなぜ原題が「グラビティ」なのか。よくわかりました。
監督が描きたかったのは「無重力」(ゼロ・グラビティ)ではなくて「重力」(グラビティ)を感じ、生きる幸せだったんだなって。日本人にわかりやすくするために邦題に「ゼロ」をつけたのかもしれませんけれどね。
音楽のスティーヴン・プライスは「ロード・オブ・ザ・リング」でショア先生の元、編曲を担当した方だったみたいです。音楽も良い楽曲なんですよねえ。それから、エンドロールの Thanks にやはりと言うべきか、ギレルモ・デルトロ監督の名前がありました。(ハリウッドで活躍する3人のメキシコ人監督はスリー・アミーゴと呼ばれいて、ふたりの他にアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥがいる)

で、今回、見る前に「パシフィック・リム」のBlu-Rayの頭に付いている「ゼロ・グラビティ」のおまけ映像(予告)を見ちゃいまして、これがまた、すごく鮮明な映像だったんですけど、ウチの近所のシネコン、ピントがイマイチだったので、余計にきれいな画面で見たくなっちゃいました。出来れば、良い劇場で見直したいんですけど、遠くまで行くのはちょっと無理っぽいかなあ。

 今日のメモ 
映画のあと、富士の不二家で「チョコバナナホットケーキ」を食べた。
 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

   記事を読んで下さったみなさまへ
   コメント面倒という方は拍手ボタンを押してやって下さい。
   開いた画面はそのまま閉じて貰って構いません。


関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
[Tag] * 映画 * 映画館で観た映画

Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

シンプルだけど良かった!

私も今月始めに見たんですが、すごく好きな映画でした。
途中ちょっと泣きそうになってしまいました。
でも翌日学校で友達に話したら、「見たけど彼女の変化の理由がわからないから好きじゃない」と言われちゃって寂しかったんです〜。
私は3Dで見てよかったなと思いましたよー。
とっさに破片を避けそうになってちょっと恥ずかしかったですけどね(笑)。
マクノスケさんに是非比較してほしいです。
2013-12-14-21:13 ジャムリ
[ 返信 * 編集 ]

ジャムリさんへ

私もラジオ受信して…以降涙こぼれちゃって…
そのあとの現象とか、立ち直りとかもなんだかすんなり心に入って来て良かったなあ。
やっぱりライアンの無気力から生への喜びを感じるようになるまでが
あの状況を通して見事に描かれていたと思います。
私も3Dで見てみたいので、行けたら行ってみますね。
2013-12-15-09:23 マク→ジャムリさん
[ 返信 * 編集 ]

この映画は私も気になってて観てみたいんですよね~。
観終わったあとに前向きになれるっていいわ~e-266

アニメ【グレンダイザー】の中でも、私の大好きな甲児くんがロケットで大気圏外に出て、船外作業中に円盤獣に襲われて、命綱を切られ宇宙空間を彷徨うってシーンがあったんだけど、何だかそれとシンクロしちゃってね(^^;
2013-12-15-09:29 峰 裕二
[ 返信 * 編集 ]

峰 裕二さんへ

あれだけのストーリーにしっかりとドラマが詰まってて、それでいて
最後には、生きる希望を与えてくれる素敵な魅力満載の映画でした!!

でも、グレンダイザーの中でもそんなシーンがあったんでしたっけ!!
もう、全然覚えてない私をどうかお許しを。
東映チャンネルが映れば、再放送も見れるんですがねえ。
なんせ金穴(パシリムにお金使いすぎ)なんで…レンタルとかもやってないみたいで…。
地上波じゃ再放送は無理ですよねえ。
2013-12-16-10:25 マク→峰 裕二さん
[ 返信 * 編集 ]

遅くなりましたが……見てきました!

や〜、わたしは3Dを追い求めて広島まで行ったのに、ピントがずれてて(というか自分のピント?)、地球が二重に見えて、残念な結果でした。
そして思ったより3D効果はかんじなかったという情けなさ。
でも映画自体はすごく良かったです!
一貫した緊張感と、エンディングまでなだれ込むストーリー・ラインの確かさで、危惧していた「ただ暗いだけの映画」という印象は全くなかったです。
ハッピー・エンドじゃなくて、「ハッピーじゃなくてもいいエンド」、ってすごいことですよね!

2013-12-23-09:25 onion
[ 返信 * 編集 ]

onionさんへ

3Dでピントがずれてるってキツかったですね~。(涙)
やっぱり、そうなるとIMAXで見るのがベストですかねえ。
もっと近くにあれば行くんだけど、ちょっと遠いからなあ。

でも映画は良かったですよねえ。
いろいろな驚きも用意されていて…
サンドラ・ブロックの持っているキャラも生かされていて良かったなあ。
生と死、生きていく意義、勇気、いろいろと考えさせられるものがありました。
2013-12-23-13:56 マク→onionさん
[ 返信 * 編集 ]