映画

2004年間映画ベストテン

0 0
lord_of_the_rings_the_return_of_the_king_ver9.jpg

■マクノスケの2006年年間映画ベスト10

1.ロード・オブ・ザ・リング「王の帰還」
2.ヘルボーイ
3.マスター・アンド・コマンダー
4.イノセンス
5.コラテラル
6.シルミド/SILMIDO
7.隠し剣鬼の爪
8.スクール・オブ・ロック
9.ルーニー・テューンズ
10.ミスティック・リバー

今年の1位はやはりと言うべきか案の定と言うべきか、
断トツで「王の帰還」に決定です。
「ロード・オブ・ザ・リング」が終わってしまって、
しばらくは自分がノレる映画には出会えない だろうと思っていたら、
思いっきりツボに入った「ヘルボーイ」が2位。以下は
大きな画面で観る作品としては最高峰だった「マスター・アンド・コマンダー」。
2004年に観たアニメで一番ノレた「イノセンス」を4位にしてみました。
順位の後半は心が揺れ動いたものをいくつかチョイス。
「コラテラル」の全体的なトーンと主役2人ふたりの演技合戦は
おしゃれだなあと思ったし「シルミド」と「隠し剣鬼の爪」は、
キャラクターにかなり感情移入出来ました。「スクール・オブロック」と
「ルーニー」はハリウッドならではのギャグで思う存分笑わせて貰ったし
「ミスティック・リバー」ではメインの話とは別にラストのショーン・ペンの
奥さんに女の底知れぬ怖さを観た気がしました。
まあ今年一番問題だったのは選外の「ハウル」なんですが、
今度は宮崎さんには自分の作りたい作品を作って欲しいと切に願った1年でした。


■マクタロウの2006年年間映画ベスト10

1.ロード・オブ・ザ・リング「王の帰還」
2.隠し剣鬼の爪
3.マスター・アンド・コマンダー
4.ヘルボーイ
5.スチームボーイ
6.ミスティック・リバー
7.CASSHERN
8.シルミド/SILMIDO
9.ルーニー・テューンズ
10.スクール・オブ・ロック

やはり3年連続「ロード・オブ・ザ・リング」でしたね。
「二つの塔」を観てから、予想していた通り。
それにしても2004年は(私としては)豊作でした。
10本を選ぶのには苦労しなかったけど 順位をつけるのに苦労しました。
したがって、いつものように2位以下は現在の心境で選んだ作品なのであしからず。
今年の選定基準はキッパリ「DVDで購入しても良いと思える作品」。
だから、本当はすっごく質の高い「ミスティック・リバー」は、
ちょっと下の6位(重い作品なので購入してもあまり観ないだろうからなあ)、
部門別があれば監督賞なんだけどね。
「イノセンス」「ゼブラーマン」「スカイキャプテン」など、好きなんですけど、
今の気分では残念ながら選外としました。


【2004年に見た映画】

【1月】ミシェル・ヴァイヨン/ミスティック・リバー /リクルート/
            ラストサムライ/WATARIDORI
【2月】タイムライン/ロード・オブ・ザ・リング・王の帰還/ゼブラ-マン
【3月】マスター・アンド・コマンダー/ブラザー・ベア/イノセンス/
            レジェンド・オブ・メキシコ
【4月】ルーニー・テューンズ バック・イン・アクション/アップルシード/
            オーシャン・オブ・ファイヤー/
【5月】CASSHERN/スクール・オブ・ロック/トロイ/
            ビッグ・フィッシュ /クリムゾン・リバー2/レディ・キラーズ
【6月】シルミド/SILMIDO
【7月】ブラザーフッド/ハリー・ポッターとアズカバンの囚人/スチームボーイ
【8月】LOVERS
【9月】ヴァン・ヘルシング/ヴィレッジ/テイキング・ライブス/
            特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション/
            アイ,ロボット
【10月】ヘルボーイ
【11月】コラテラル/ハウルの動く城/隠し剣鬼の爪 /
              スカイキャプテン・ワールド・オブ・トゥモロー
【12月】Mr.インクレディブル/ターミナル
【1月】エイリアンVSプレデター(鑑賞順・合計39本)


この記事は201312/11に「のほほん映画鑑賞備忘録」より転載しました。
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.