映画

2005年間映画ベストテン

0 0
20051009.gif■マクノスケの2005年年間映画ベスト10

1.セブンソード
2.ALWAYS 三丁目の夕日
3.サマータイムマシーン・ブルース
4.キング・コング
5.ミリオンダラー・ベイビー
6.ザ・インタープリター
7.サハラ・死の砂漠を脱出せよ
8.ロング・エンゲージメント
9. チャーリーとチョコレート工場
10.キングダム・オブ・ヘブン





「指輪」3部作も終わりついにマクタロウとベストテンの1位が分かれました。今年は全体的には粒ぞろいの秀作が多く10本選ぶのは割とすんなり行けましたが、それに順位をつけるのが 大変でした。
1~3位はほとんど差はないのですが、自分的にドニー(イェン)さまにハマった記念すべき 1作として1位を「セブンソード」にしました。2位と3位に邦画が入ったのも嬉しいですね。4位以下はほとんど順位があってないような感じなんですが、今の気持ちでなんとか選んでみました。
私が今年観た映画の傾向と言うかキーワードとして「キリスト教」と「アフリカ」があったように思うんですが「サハラ」「インタープリター」「ロード・オブ・ウォー」は「アフリカ」、10位の「キングダム・オブ・ヘブン」「奇談」はキリスト教と、それぞれが抱える問題点に、少しですが、関心が持てるようになったようになったのも良い経験でした。「ミリオンダラーベイビー」「キング・コング」「チャーリー」「ロング・エンゲージメント」は監督が自分のスタイルにこだわって目一杯本領を発揮しているところに惹かれました。


20040904-01.gif■マクタロウの2006年年間映画ベスト10

1.サマータイムマシーン・ブルース
2.ALWAYS 三丁目の夕日
3.亡国のイージス
4.ミリオンダラー・ベイビー
5. キング・コング
6.サハラ・死の砂漠を脱出せよ
7.ザ・インタープリター
8.ロング・エンゲージメント
9. ヒトラー~最後の12日間~
10.セブンソード





さて、今年のベストテンも「今の気分」で選んでます。
特に今年は粒ぞろいだけど、飛び抜けた作品が無く10本選ぶのに苦労してます。
「サマータイムマシン・ブルース」はその中でも最高に笑った作品。 2位の「ALWAYS 三丁目の夕日」も、笑って泣ける上質なエンターテインメントでした。 そして3位の「亡国のイージス」は邦画でここまでやってくれたかという感謝も込めて。
私は映画評論家でもないし「面白くて何度でも観たくなる作品」の評価が高くなるのはしかたのないところ (もし作品の出来で選べば「ミリオンダラーベイビー」が1位でしょう)。部門賞があるならクリント・イーストウッドに監督賞、10位には入ってないけど 「チャーリーとチョコレート工場」のダニー・エルフマンに音楽賞をあげたいね。


【2005年に見た映画】

【1月】エイリアンVSプレデター
【2月】入院のため映画は見ませんでした。
【3月】ローレライ/ ロング・エンゲージメント/ ナショナル・トレジャー/
    アビエイター
【4月】鉄人28号/ コンスタンティン/
【5月】キングダム・オブ・ヘブン/ ザ・インタープリター /
【6月】デンジャラス・ビューティー2/ ミリオンダラー・ベイビー/
            フォーガットン/サハラ・死の砂漠を脱出せよ /戦国自衛隊1549 /
            バットマン・ビギンズ / スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
【7月】宇宙戦争/ 姑獲鳥の夏/ アイランド/ ハービー・機械仕掛けのキューピッド/
             亡国のイージス/
【8月】ヒトラー~最後の12日間~ /
【9月】サマータイムマシン・ブルース / チャーリーとチョコレート工場 /
            銀河ヒッチハイク・ガイド/ファンタスティック・フォー(超能力ユニット)/
             ルパン /
【10月】シン・シティ / セブンソード / ティム・バートンのコープスブライド /
【11月】ブラザーズ・グリム / ALWAYS 三丁目の夕日 / 奇談 /
              ハリー・ポッターと炎のゴブレット /
【12月】ザスーラ / エンパイア・オブ・ザ・ウルフ / キング・コング /
              チキン・リトル / ロード・オブ・ウォー /
 【1月】SAYURI (鑑賞順・合計40本)

この記事は201312/11に「のほほん映画鑑賞備忘録」より転載しました。

 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.