「999 ULTIMATE JOURNEY」 上巻読了

2 0
20131010-02.jpg

「GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY」 上巻読み終わりました。
最初は、とにかく全部が全部リンクしてるって展開が
嫌で仕方なかったんですが、だんだんとそれも慣れちゃって、
逆にそう来るのか…って、結構、その点は楽しく読んでます。

ただねえ。ど~も「スター・ウォーズ」や「ソー」を思わせるくだりがねえ。
あまりにも匂わせすぎなんじゃあ…って思うんですよ。
いや、まあ、「ニーベルングの指輪」を題材にしてるんだから
「ソー」のキャラ=北欧神話の登場人物が出てくるのはわかりますが…
自分が「ソー」が好きだからなのか「ニーベルングの指輪」ってよりは
「ソー」のイメージで読んじゃうんですよねえ。
で「アスガルド」だの「ミッドガルド」だの出てくるんで、
オールスターどころか北欧神話もオマージュしてるのか?
…と思ったら、こんな漫画(↑)も描いていたんですねえ。知りませんでした。
松本零士のニーベルングの指輪ウィキペディア→こちら
アニメもあって山ちゃんがハーロックとトチローの二役をやってるようです。
こちらのブログに詳しい感想を書かれている方がいらっしゃるのですが、
その頃(1990年~)からこの天の川銀河が神と人間界に別れていて…
別の銀河の金属生命体メタノイドと闘うって設定があったんですねえ。

やっぱり濃い松本ファンじゃないとGヤマトと大ヤマトの違いもわからんし
(下巻の最初を読んでGヤマトが大ヤマトじゃないって事に気がついた!)
Gヤマトの古代くんたちが千年前のヤマトの直系の子孫で当時の使命を
親から子へ代々受け継いでるって設定にもビックリだったんですが…
まあ、そのあとのトレーダー分岐点の酒場での秘密会議の参加者がねえ。
古代くんたちヤマトの面々と、デスラー、ラフレシア、ザルファス、
ハーロックってのが、なんか、もう濃すぎるだろってねえ。(笑)
下巻ではデスラーと真田澪が通信し合ったりして…
サーシャって生きてるってことで読んで下さいってことなのかな?
それとも正史では死んでないのかな?…とか、いろいろわからない部分も
あるんですけどね。でもこれまでの松本キャラが敵も味方も一致団結して
強大な敵相手に戦いを挑むって図式は、胸躍る物があるのは確かなんで…
頑張って下巻も読もうと思っています。
しかしやっぱりスタジンの面々が機械化人を殺しちゃうって設定だけは
ファンとしてはど~もなあ~って思ってしまってます。

 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

Comments 2

There are no comments yet.

かぴらら

No title

上巻を読まれたのですね!!お疲れさまでした。

やはりとっても複雑なストーリーですね。
ヤマトの区別、つきません・・・。
それらを理解しているマクノスケさんは凄いですv-354
ニーベルングの指輪、ってワーグナーが原作ですよね。宇宙バージョンなんだ・・・v-356

  • 2013/10/11 (Fri) 12:03
  • REPLY

マク→かぴららさん

かぴららさんへ

いや~、何回か挫折しかけましたが、やっと上巻を読み終えました。
世界観を受け入れるのに時間が掛かったって感じですかねえ。
それに松本作品をよく知っているわけでもないので…
キャラ解説を読みながら、わからないところは、とりあえず
そうなんだと思いながら読みました。

私もヤマトが2種類あるとは思わず、上巻を読んでいたんですが
下巻になったら、違うヤマトが出て来てGと大が違うんっだってことに
気づいて、え?そうだったのか…って感じで…
まったくお恥ずかしい限りです。
ニーベルングの指輪は、ワーグナーが原作のやつです。
それを松本先生が大好きで、自分の作品に取り入れたらしいです。
今回のメーテルたちの旅も指輪を受け取りにいくという展開に
なっているようですよ~。