09 2013

チャーリー・ハナム祭八夜「コールド マウンテン」

20131009-04.jpg

「パシフィック・リム」のブルーレイが届くまで、なんとか気を紛らわそうと
始めたローリーことチャーリー・ハナム祭も今日で最後。
八夜までやって来ました!

この手のジャンル(大河的な恋愛ドラマ)はあまり見ないので
たとえジュード・ロウがどんなに素敵でもどんなに作品が賞を獲ろうと
見ることはなかったと思うのですが…ここはチャーリーが出てる
ってことでブルーレイを買って見っちゃったんですが…

いや~やはり賞を獲るだけあって作品が大きい!
155分…がそんなに長く感じなかった-!
特典に未公開シーンがかなり入ってるんですがそれを入れても耐えられたかも。
ちょっとニコール・キッドマンが境遇の割りにきれいに描かれすぎじゃあ?
と思うところや故郷のコールド・マウンテンを目指してニコール・キッドマン
恋しさに遠路を苦難の旅をするジュード・ロウがモテまくりなんじゃあ…
とか、心の隅で思いつつ、ふたりの恋の行方を堪能しました。
途中、旦那を戦争で亡くし赤ん坊と暮らす若妻の役でナタリー・ポートマン
が出ていてビックリ!知らなかった~。これにも出てたんですねえ。
エピソード2に出ていた翌年にこんな演技を要求される役をやっていたとは!

レニー・ゼルウィガーが出る事で話に幅が広がって面白くなるところがミソ。
死にそうな人が生き残って死ななそうな人が死んでしまう傾向もあるように
思いましたが、風景もきれいに撮れていたし…他の役者さんも光ってた!
冒頭の南北戦争のシーンのオークリー役のルーカス・ブラックくんは光ってたし
川渡しの船の少女を演じた子も目立つなあと思ったら「エンジェル・ウォーズ」
のロケット役のジェナ・マローンだったり、
ナタリー・ポートマンの家のシーンの北軍の兵士のひとりがキリアン・マーフィ
で、大勢の女性ばかりと暮らす怪しい農夫ジュニアがジョヴァンニ・リビシ
…と今見るとはかなり美味しいキャスティングでございました。

20131009-02.jpg

20131009-03.jpg

で~、チャーリーはですね。
エイダ(キッドマン)に土地を貸している地主ティーグ(レイ・ウィンストン)
の部下ナンバー2のボジー役。脱色ロン毛、カラーコンタクトで
これまたいつもより「ハナム的悪役度」はやや高めに設定されていて(笑)
これは許されないでしょうってくらいの悪役度!
今での悪役の中では「トゥモロー・ワールド」と競るくらい極悪なんですけど、
これが意外となんでか残らない…なんかねえ。それまでが大河過ぎちゃって…
チャーリーの悪役度の度合いを超えるボリュームがあって…
一番の見せ場も単なる1エピソードになってて主役ふたりの愛に
埋没しちゃってるって感じかなあ。

【解説】 南北戦争を背景に、一途な愛を貫く男女を壮大なスケールで描いたラブ・ストーリー。全米図書賞を受賞したチャールズ・フレイジャーの同名ベストセラー小説を「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラ監督で映画化。主演は「A.I.」のジュード・ロウと「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン。また、共演のレニー・ゼルウィガーはアカデミー助演女優賞を獲得。
 南北戦争末期の1864年。ヴァージニア州の戦場で戦っていた南軍の兵士インマンは、瀕死の重傷を負い、病院へ収容された。従軍して3年になるインマンにとって、故郷コールドマウンテンと、彼の帰りを待ち続ける恋人エイダだけが心の支えだった。そして、病院でエイダからの手紙を受け取ったインマンは、ついに死罪を覚悟で脱走を図り故郷へ向かって歩み出す。一方その頃、インマンの帰りをひたすら待ち続けていたエイダは愛する父の急死という悲劇に見舞われていた。一人では何も出来ない彼女は途方に暮れるばかりだった。しかし、やがて彼女は流れ者の女ルビーに助けられ、2人は次第に友情を育んでいった…。<allcinema>


こうやって8作見てきたんですが、お薦めは「フーリガン」と「ザ・レッジ」
の2本。「ケイティ」と「ニコラス・ニックルビー」もお話はともかく
チャーリーを楽しめる作品ではありました。出来れば未公開の2012年の
2作がソフト化されればなあと思っております!


3, 2, 1... Frankie Go Boom Official Trailer #1 (2012)
お兄さんが原因で大変な目に合う模様。ロン・パールマンの女装が笑える!



Deadfall Official Trailer HD (2012)
エリック・バナ主演の犯罪映画。
兄妹の銀行強盗犯と言った役どころ。



 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

関連記事

web拍手 by FC2 ← ポチっと押して下さると励みになります!

チャーリー・ハナム  映画  

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.