映画

パシフィック・リム IMAXデジタル3D字幕 4回目

2 0
20130820-02.jpg

ブロ友onionさんのブログ記事を読んでIMAXの「パシフィック・リム」が良かったと聞き、遠征して川崎の109シネマズ川崎まで見に行って来ました。IMAXデジタル上映の3D字幕版になります。いろんなシーンで一長一短だなあと思いながら見ましたが、やっぱり通常の2Dにくらべると暗いことは暗いんですねえ。香港と海底のシーンは特に暗くて動きが把握しづらいし、人物(特にスタッカー)はコントラストが付きすぎて肌の質感とか落ちていたように思いました。

IMAXですらそうなんだからこれで普通の映画館で3Dを観たら2Dの半分も良さが伝わってないんじゃないかと思うとちょっと勿体ないと言うかデル・トロファンとしてちょっと辛いなあと思いました。ただ明るいシーンやFIXのシーンはかなり鮮やかで(中華街の風景やジプシー・デンジャーが格納庫で修理されているシーンなど)隅々まで鮮明に見られて良かったです。

画面の最前面の雨や火花や泡などもそうなんですが、テンドーやイェガーのクルーの手前のディスプレイが目立ちすぎていて役者の顔がわからない場面もあって、そうなると自分は3Dには向いてないんだなあと思わざるを得なかったんですが、音はメチャクチャ良く…それで、まあ、一長一短と書いたんですが、そうですねえ。この鮮やかな映像と迫力の音響で2D字幕で見られれば最高かも…。

で、ホビットの時もこの館で見たんですが、その時は気がつかなかったんですけど…なんだか画面の比率が違うような気がして、マクタロウにも聞いたら「なんか寄り気味だった」って言うんですね。私は縦が切れているように思ったんですが、帰って来て調べたら、普通の映画館ではシネスコで上映されているんですが、IMAXはビスタに近いサイズで上映されているらしく…となると、やはり左右が切れていたんじゃないのか?って結論に至りました。(元々上映はビスタサイズでした。勘違いしておりました。申し訳ありませんでした。)なんか、あ~だこ~だ書いてますが…きっと来年「ホビット」の続きも見に行っちゃうかも。(笑)懲りないやつなんですよねえ。(笑)


20130820-03s.jpg
クリックで拡大

もぎりを入って突き当たりにデル・トロ監督と
愛菜ちゃんと菊地凛子のサインがありました!!


20130820-04s.jpg
クリックで拡大

デル・トロ監督のサインのアップ!!



20130820-06s.jpg
クリックで拡大

売店で「スタトレ」のバスタオルを売っていたので即買い!


20130820-05s.jpg
クリックで拡大

で、もう何も買うまいと思っていたのに帰りに海老名のSAで
このTシャツをみつけて…買ってしまいました。
ホントにもう金穴なのにヤバイよぉ~。

 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

onion

責任感じちゃう〜

マクノスケさんにはイマイチでしたか……わたしがあんなに感激したのは、最初に見た2Dと3Dの映画館があまりにしょぼかったせいかも……などと思いましたよ。
なにせ画面小さい、音悪い……吹替だったんで、やっぱり音響も悪かったんでしょうねえ。

確かに音がすごくて、膝に置いている鞄がビリビリ震えて、電源切ったはずのiPhoneに着信があったのかと勘違いするくらいでした。
音楽も違うもののように聴こえて、大感激でしたよ。

画面ですごいなと思ったのは、水や煙の感覚で、シネコンの3Dの時は感じなかった質感が感じられて、同じ3Dとは思えませんでしたが……全体のピントは、どうかなあ……自分の目のピントがあってないからわかんないのかもw(ナサケナイ)

マク→onionさん

onionさんへ

いやいや、行って良かったデスよ-。
鮮明なシーンも見られたし、音響が半端なく良かったです!
好きな3D効果のシーンもあったので見に行った甲斐はありました。
ビジュアルガイドにも最初はデル・トロも3Dは考えてなかったらしいけど、
ILMの人に映像を見せられて行けると判断したと書いてあったので
デル・トロが納得した3Dっていうのも見てみたいとも思ってたんです。

ただ上映サイズが小さくなっちゃうってのがねえ。
システム上、仕方ないのかもしれなけど、2Dシネスコで見慣れていると
SWをテレビサイズで見ているような感じで、なんか広がりがないような感覚でした…。
監督がシネスコを意図して映画を撮っていたとするとIMAX3Dでは
その1部しか見れなくなっちゃうのが、ちょっとなあとも思ったりしましたが…
今回はバッチさんのタオルも買えたし、前から欲しかったSWTシャツも
買う事が出来たのでonionさんの記事には感謝しています!!