マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  プレミアムシネマ「ワーロック」にドクター・マッコイが!

プレミアムシネマ「ワーロック」にドクター・マッコイが!

ワーロック [DVD]

午後NHKBSでやっていた西部劇「ワーロック」を鑑賞。

---------------------------
無法のカウボーイたちに悩まされていたある町に、西部を渡り歩く凄腕のシェリフ、クレイが招聘された。かつてカウボーイ仲間だったジョニーは、クレイに一目置きつつも、自分の手でトラブルを処理しようとするが……。三大スター共演によるひねりを効かせた娯楽ウェスタン。1959年製作。
リチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・クイン
--------------------------<allcinema引用>

タイトルを知っていたくらいでアクションものだと思っていたら、
これが結構テーマ性がある西部劇でビックリ。
主人公のリチャード・ウィドマークは冒頭こそ無法者のカウボーイとして
登場するものの、最初からボスのやり方に疑問を抱いていて、
途中仲間を抜けてなりゆきから保安官補になっちゃうんです。
これに対し、その無法者をやっつける為に町が雇った流れ者保安官が
ヘンリー・フォンダでこれが思いの外お洒落で衣装持ち。(笑)
その流れ者保安官とつるんでいるのが賭博師のアンソニー・クイン。
事実上はクインの用心棒としてクインに雇われてるという設定。
町民もそんなのとつるんでる流れ者の保安官に不信感が
あったりするのも頷けます。

物語は中盤を少し行ったところで無法者カウボーイのボスと
悪から保安官補に転身した主人公の一騎打ちで終わったかのように
見えるのですが…物語はその後ヘンリー・フォンダと
アンソニー・クインの関係に及びこの作品の核心に迫ります。
好きな人が出来て町に残ると言い出したヘンリー・フォンダに
保安官補のリチャード・ウィドマークを殺して
ふたりで町を牛耳ろうと言い出すアンソニー・クイン。
断わるヘンリー・フォンダを尻目にその夜、アンソニー・クイン
は、酒をあおって銃を乱射。ついにふたりは決闘することに!

小心な主人公が立ち直っていく様や暴力に怯え、
立ち上がる事が出来ない町民の他力本願的な振る舞いなど
かなりテーマ性が強いところもこんな西部劇見たことない!
って印象だったのですが、先程も書いたヘンリー・フォンダと
アンソニー・クインの関係。明らかにクインはフォンダに
惹かれている様子。フォンダは自分にとってクインの事は
大事な相棒のように考えていますが、決闘に及んで初めて
自分の気持ちに気づいたのではないかと思われます。
好きだった彼女に一緒に町を出ようと言うとクインのように
銃を持ってあなたを補佐することは出来ないと。
男と女の別れの言葉ですが…ここでもフォンダは自分にとって
クインとはどういう存在だったのかと思いを巡らしたのでは?
と思い、ちょっと切なくなってしまいました。

ちょっとひとりよがりの見方だったかもしれませんが…
こういう昔の作品でも、ひとりひとりの感情が良く描けて
いたんだなあ~と感心しました。
むしろ、最近の作品はアクションを重視しすぎて物語が
おろそかになっているのかもしれません。
やっぱり映画は脚本が第一じゃないでしょうか。


From Sawdust to Stardust: The Biography of DeForest Kelley, Star Trek's Dr. McCoy

で、こちら…。
「スタートレック」のドクター・マッコイことデフォレスト・ケリー。
無法者カウボーイの一味のひとりカーリー役で出ていました!
全然知らなくて、いや、この作品自体実は見る気もなかったんですが
タイトルでドクターの名前を見て「お!」と思って見始めちゃった!
…と言うのが真相。で、ドクター。結構出番があるんです!
ちょっとニヒルでキザなところを良い感じで演じてました。
ケリーの名前に気づいて見始めて本当にラッキーでした。

 今日のメモ  
午前中いつもと違う方向に散歩に行きました。
今まで気がつかなかった公園などもみつけて収穫大!
 
さくらんぼとてんとう虫みつけました。
 今日の更新 
「ヘルボーイの部屋」「パシフィック・リム」インタビュー映像更新
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

Comments







非公開コメント