マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  アイアンマン3(2D・字幕版)

アイアンマン3(2D・字幕版)

20130428-03.jpg

近所のシネコンに見に行って来ました!
私としては「1」は上々、「2」はイマイチ…
でも予告で「3」は意外とイケるかも…的な気持ちで見に行ったんですが
これが結構好印象!!ノリノリで見てきました。シリーズでは1番好きかも。

以下ねたバレあり注意!

・冒頭から社長さんの語りで始まった本作…観客に語っているとばかり…。
.精神的に疲れている社長さん、時にキレ、時にパニくる!演じるロバート・
 ダウニー・Jrも上手い。
.クリスマスシーズン、ポッツさんへのプレゼントもビック!って胸の辺りが…。
.やっぱり住所バラすのはマズイでしょう。(笑)
.最初、ガイ・ピアースってわからなかったよ。
.マンダリンのベン・キングズレーも思い切った役をやったなあと思っていたら…
 後半のキングズレーの肩の力が抜けた演技がなんとも楽しい。
.いつの間に…42?
.副大統領役にミゲル・フェラー(「ロボコップ-!」)
.帰宅して調べたら…大統領やってた人「崖っぷちの男」で重要な役をやってた
 ウイリアム・サドラーだった!!
.しかし「アベンジャーズ」でスーパーパワー持った異星人相手に闘った
 もんだから、今度の敵もそれ以上ってことでかなり苦労したと思われる
 上に適応しないと爆発って設定がスゴイ。
.身体的にハンデを負った人が悪魔に魂を売るっていうのが正直ちょっと辛かった。
.↑…なんとなく「アバター」を思い出したり…。
.助けて貰った少年ハーレーくん、憎たらしいところもまたキュート!
.やっぱり約束を守らないと手痛いしっぺ返しが来ると。
.スタン・リー先生、10点を出す!
.ジョン・ファヴロー監督が(ハッピー)出ていたの忘れてる程度の
 温いファンだったんだな~。私。
・トニーファンが入れていたスコット・バイオ似の刺青(最近の写真確かに似てる
.遠隔操作ねた、大統領やポッツさん収納ネタなど、いろいろ考えるなあと感心。
.キリアンと副大統領がそう繫がっていたとは!
.結構「アイアン・パトリオット」のデザイン好きだったり。
.ドン・チードルも活躍できて良かった。
.ポッツさんが最強人間に!
.ハーレーくん、将来有望!あの部屋いいよねえ。
.ラスト、その割りにふたりともあっさり解決。でもそのあっさりも悪くない感じ。
.「アベンジャーズ2」ではまた「アイアンマン」になるってことでOK?
.クレジットのあとのシーン良かった。私も「忍耐」が足りない方だからなあ。
.「マイティ・ソー2」の予告やっぱりエクスルトンは一瞬でよくわからない…。
.社長さんの映画でバナー博士、ソー、ロキさんと1粒で3度美味しかった!
.そしてなによりもジャービスのポール・ベタニーくんの声に癒されるねえ。

20130428-04.jpg
こちらのポスターも素敵!

 鋼鉄のヒーロー“アイアンマン”の活躍をロバート・ダウニー・Jr主演で描くSFアクション超大作のシリーズ第3弾。“アベンジャーズ”での戦いを経て、ヒーローとしての活動に迷いが生じていく天才発明家トニー・スターク=アイアンマンの葛藤と新たな戦いの行方をシリーズ初の3Dで描き出す。前作までの監督ジョン・ファヴローは製作総指揮のみに回り、「キスキス,バンバン」のシェーン・ブラックが新たに監督を務める。
 “アベンジャーズ”としてソー、キャプテン・アメリカ、ハルクらヒーローたちと手を組み、人類滅亡の危機を回避することには成功したものの、この戦いはトニー・スタークの心に大きな影を落としてしまう。彼は何かに取り憑かれたように新型アイアンマン・スーツの開発に没頭していく。一方、合衆国政府も圧倒的な力を持つ個人に頼ることに危機感を強めていく。次第に心身共に追い詰められていくトニーだったが、そんな時、最愛のパートナー、ペッパーと暮らす自宅が凶悪テロリスト“マンダリン”によって襲撃されてしまう。もはやヒーローとしての意味を見失っていたトニーだったが、大切な人たちを守りたいという気持ちは、彼をアイアンマンの最後の戦いへと突き動かすのだった。
<allcinema>



 今日のメモ  
「スクリーン」6月号買えました-!
カンバーバッチさんのクリアフォルダー手に入ったよ~。
 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

Last Modified : 2015-07-06

Comments







非公開コメント

わたしも観ました!

いやあ、ホント小ネタに一喜一憂って感じの映画でしたねえ。項目一つごとにうんうん! って感じ。
あまりに詰め込みすぎてたので、最後の頃はもうお腹いっぱいだったのに、ボーナスでバナー博士、ソー、ロキさまだったので、印象がそれ一色になってしまいましたよ、わたし。
読んでいてそうそう、と思ったのは、ハンディキャップのある人が「健康体」を手に入れるためならなんでも差し出す……って、じつは重いストーリーでしたよね。
トニーの依存症といい、重すぎるものと軽いアクションが噛み合なくて、観ているとき笑っていいんだか悲しんでいいんだかどっち付かずでした。

きっと何度も見返したら印象が変わってくる映画だったと思います。
2013-04-29-08:24 onion
[ 返信 * 編集 ]

onionさんへ

今回はゲストキャラも全員漏らすことなくキャラが立っていて…
とっても充実していたかな~と思います。
私はチャラい社長さんが成長していく姿を見るのが好きなので…
「1」の中盤までと今回の展開が良かった方でして…。
ただ、最後の方はいろんなアイアンマンが登場してあれよあれよという間に
ストーリーが流れていくので「あ!」「へ?」「ほ?」って感じで
追いつくので精一杯だったんですが、しかしまさかのエンドロール後の
バナー博士登場で私も本編以上に盛り上がっちゃいました。
あれ見ないで帰っちゃった人は勿体なかったですよねえ。

それに「ソー」の予告も!字幕なしで予告はみていたんですが
字幕付きでみて最後のロキさんのセリフにニヤリ。
また裏切っちゃうのかしら…。でも「アベンジャーズ2」では
ソーと一緒に闘って欲しいけどなあ。「ソー2」はとりあえず
いっしょにには闘うけど、また最後なにかありそう…。

で話はまた「アイアンマン」に戻りますが…
やっぱり自分がいろいろと苦労しているのであ~いう作品には
ちょっと切なくなるものがありますねえ。「アバター」のジェイクも
車椅子の生活から自由に歩ける身体を手に入れて良かったねえ~って
展開には…ちょっと抵抗が…。
ネイティリといっしょになるために人間を捨てるのに「足が不自由」と言う
設定は反って余計だったのではと思ってしまうんですよねえ。
そんなんで、今回も実験で彼女の手が生えてくるシーンがなんとなく
気まずく写ってしまいました。
とは言え、全体的には、濃い内容だったので満足しています。
見に行って良かった~!
2013-04-29-22:46 マク→onionさん
[ 返信 * 編集 ]