彼女の為の幸福論

4 0
20130121-02.jpg


昨年末、友人のみ~めさんが本を出版しまして送ってくれまして~

彼女の為の幸福論
彼女の為の幸福論

屈強な中年警備員と超リッチお嬢様兼売れっ子若手ゲームデザイナーの恋愛模様を描いた、読後感爽快なラブコメ。主人公は警備員の槇嶋直義。かねてより交際していた西園寺グループの令嬢にあたるゲームデザイナー光河と結婚する。光河はまだ女子大生で、二人の年齢は一回り違い。光河を守ろうとする直義の入れ込みようはすごく、周囲から絶えず笑いと驚きが巻き起こる。アマゾンより引用


…いや、もう~直義と光河の熱々振りが私には眩しすぎちゃって…
終始読んでいて照れまくりでしたー。
「純と愛」の恋愛にも照れている私ですから…
終始、お姫様抱っこには当てられっぱなしで~。
ラブコメってこういう感じなんですねえ。
読んだことがなかったのでちょっと戸惑ってますが…
私も美貌と知性を兼ね備えたリッチな女性に生まれていれば
こんな恋愛出来たかも!(…なわけないか!(笑))

いや、しかし、み~めさん本を出版されるなんて凄いなあ~と感心しました。
やはり目標に向かって続けていればいつかは叶うものなんですねー!
本当に凄いですよ~!み~めさん!!

 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ


 ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

み~め

駄文でスミマセン

駄文を読んでいただきありがとうございました。
もともとは、こんな甘甘なラブコメを書くつもりでなく、この話に至る最初の話を本に出来たら…と、思っていたのですが。光河は、もっとネガティブな性格だったし。
まあ、直義は、最初の話から、とんでもないことばかりしでかしていますが…おバカはうつるのかな(笑)
残りの話が陽の目をみることがあってもなくても、この2人に関わる系列の話は、完結させておきたいな、と、未完の帝王は思っています(笑)自分でも、まさか、ラブコメを書くとは思っていませんでした。
しかも、この年で(笑)
でも、推理小説を書くには、発想力が乏しすぎるし、書いても書いても終わりそうにないし…。
好きなだけじゃダメなことってありますよね。
ひっそり棲息しながら、精進します。
が、今回、悟ったことがひとつ。
現実世界で幸せじゃない方が、妄想できる(笑)
お目汚しで、ごめんなさい、な、気持ちです。

  • 2013/01/21 (Mon) 21:30
  • REPLY

マク→み~めさん

み~めさんへ

いや~なんだか読み慣れてなくて~
ろくな感想を書けず本当に申し訳ありませんでした。
残りの話と言う事はそれまでの話も書いていたのですね。
それはラブコメではなかった?

いや~でも仕事や家事の傍らそれだけ書いてるって言うのは凄い!
やっぱりみ~めさんはエネルギー溢れていますね-!
書きたいジャンルが本になるといいですね~。
お身体に気をつけて頑張って下さいね。

ゆうみ

良いわね

しっかりした文体で きちっと書いていけるって
羨ましいです。
いつか 私も形になりますように

マク→う~さん

う~さんへ

プロはやっぱり違うよねえ~。
だから本が出版出来るのんだと思うけど。
文芸社から出るってすごいよねえ。

ところで、う~さんも出版を考えているの?
すごい!!形になったら教えてね。