ソロモンの偽証…なかなか進まず…

2 0
ソロモンの偽証 第I部 事件

今日は午前中、HDDからブルーレイディスクへ寺脇さんの番組などををダビングしてました。

午後から「ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション2」を読み、
更に8月の末に購入した「ソロモンの偽証 第I部 事件」を読んでました。
いや~すでに第Ⅱ部は購入済み、第Ⅲ部も11日に発売されてるんですけど
100ページくらい読んだところでつまずきまして読まないままに…
で、本の背を見るたびに読まなきゃ~って思っていたんです。

で~今日もですね。読み始めたのはいいんですが、やはり展開が遅くて
またなかなか進まず、どうーしたもんかなあ~と思ってたら
130ページ目過ぎくらいですか…
いじめで自殺した(かもしれない)中心人物のお兄さんに当たる人物が
出て来たところで俄然面白くなってきました!
これ、もしかして「模倣犯」みたいな心に闇を持った人間を描こうとしてるのかな?
週末とりあえず第Ⅲ部を購入して、とにかく1巻を読み進んでいこうと思います。


 今日の調子 
関節の痛みはあまりなし。相変わらず圧迫骨折の背中は痛く本を読むのもひと苦労。
夕飯のカレーで玉ねぎを切っていたらまた手が痒くなった!玉ねぎアレルギーかなあ?
 今日のメモ  
「大地のファンファーレ」「偽証法廷」「ターミネーター4」HDD→BDダビング
 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ  ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

Helva

a book to read

宮部みゆき作品、ちょっと入り込めないので読んでませんが、この"大作"はいじめがきっかけになるんでしたね。
この本とは違いますが、読みだしたもののなかなか読めないで毎日背表紙だけ眺めている本がわたしにも。
伊藤 計劃、 円城 塔「屍者の帝国」、例によってハードカバーなので図書館本ですが、読みだしてどうにも展開が遅いのと先が読めないので、一頓挫してしまったらもうなかなか読めません。
2週間しか借りられないのに、このままでは期限切れ、情けないことに延長申請か。。。
潔く返して、自前購入すればきっと読むでしょうね。
楽しみであるべき読書が半ば義務になってしまうと、面白くもなんともありませんね。
でもいま少し忍耐をもって読み進めればきっと目の覚めるような結果が待っていると自分に言い聞かせて読むことにしましょう。

マク→Helvaさん

Helvaさん

「屍者の帝国」ってちょっとググってみましたがSFなんですね!
それもフランケンシュタイン技術が全世界に広がった19世紀末が舞台って!
作者の方どちらも全然知らない人なのでこんな小説もあるんだなあ!
面白そう!とちょっと誘惑が…。
でもその前にいつか読もうと買ってここ何年か体調および気分で読まなかった
ほんの山をなんとかしなくっちゃ~と思っております。

で、記事の本ですが、おとといから拍車が掛かり670ページまで来ました~。
あと100ページ弱頑張ります!ってあと2巻もあるのかと思うと
あのいじめ事件が今でさえこんな風に予想外の展開をしているのに
この先2巻もどうなるんだろうかと!
やっぱり宮部さんは多々者じゃありません。
人の弱悪な心がわかりすぎて恐ろしささえ感じます。特に女子の。